QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

うらら迷路帖 第10話「四人一緒だから見つけられたんだよ」

urara10_01.jpg
うらら迷路帖 #10「四人と昇格試験、時々試練」

虎穴に入らずんば虎児を得ず。
urara10_02.jpg
urara10_03.jpg

遂に始まったチーム対抗の九番占昇格試験。試験前に時江が説明してくれていたように、番位は違えどうららは常に互いに良き仲まであり宿敵であるべしとされている。仲間との協力が必須ながらも限られた鍵矢を他のチームと奪い合う性質を兼ね備えた若きうらら達にとっての初めての昇格試験は、今後うららとしてやっていく為に必要となる心構えを、その身で学ぶための場でもあるように思えます。

どこかアトラクションめいた装いの地下迷路の仕掛けと、戸惑いながらもそれを楽しむ千矢達の姿も相まって、早い者勝ちの性質を持つ試験の緊張感はあまり感じずに、あくまでいつもの延長線上のノリや雰囲気が漂っていた気がする。でもだからこそ四人が力を合わせることが必要な試験で、本来の持てる力を自然に発揮することが出来たのかもしれませんね。

その中で他の三人と異なり得意と言える占いを持たない千矢は、鍵矢を見つけたときも自分があまり役に立てなかったことを気にしていましたが、彼女の考え方というか発想があったから最後の一本に間に合ったのだと思います。あえて危険に飛び込むことで掴めるものもある。罠の多い方に向かって進もうと思えたのは、千矢の発想あってのもの。

その千矢の発想を具体的に分かりやすく解釈してくれたのはノノでしたし、ノノがいなければ途中で鬼に捕まって彼女たちの試験はそこで終わっていた。千矢の考えを元に皆が迷わず進めたのは、小梅の導きがあったからですし、紺のパワーアップした狐憑きがなければ、鍵矢の詳細な位置を特定することは難しかっただろう。

誰か一人でも欠けていたら、他のチームより先に最後の一本を手にすることは叶わなかったかもしれない。何より試験中にそれぞれが見せていた成長の証は、仲間達との日々の研鑽と交流の中から芽生えた思いがあってこそ。紺の台詞が象徴的でしたが、教科書通りのやり方でなくてもいい。占いは自由。そういう考え方を紺が出来るようになったのも、千矢の存在が大きいのではないかと思えます。

昇格試験の性質と試験中に棗屋の面々が見せてくれた成長の証。一人前になるための始まりの一歩でもある試験で、千矢たちに求められるうららとして身につけなければいけない大事な心構え。仲間でライバルのうららと協力し競い合うことの意義。それらが垣間見える回だったのではないかと思いました。一番占へと続く道のり。そこに立ち塞がる門を皆の力でこじ開けて前に進め!うららファイオー!

最後に千矢を襲った不測の事態は原作通りなのかアニメ独自の展開なのかは自分には分からないのだが、終盤に差し掛かっているだけにアニメでどういう区切りを付けるのか。今後はそこにも注目して見ていけたらいいかなと思いまする。


urara10_04.jpg
urara10_05.jpg

何でもかんでもいやらしく見える佐久隊長の心がハレンチなのではないか。ニナ先生の指摘は真理なのかもしれません。某作品の風紀委員にも聞かせてあげたいこの台詞。でもニナ先生のその格好はピッタリ具合が凄いし体のラインも出ているので、とてもハレンチだと思います。うーむ、実にけしからん!そう感じる私の心も汚れていてハレンチなのだと痛感する今日この頃。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんばんは。

9番占の選抜試験はじまりましたね。
あの迷宮結構危険な気がしますが。
千矢も自分の得意な占いが早くみつかるといいですね。

最後に謎の生命体に千矢がさらわれてしまいましたが、
千矢の運命やいかに。
[ 2017/03/14 18:41 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
他の三人が得意な占いを既に持っていて成長の兆しもしっかり見せてくれましたもんね。
得意なこともそれぞれなら成長の速度も歩む速度も人それぞれ。
それでも千矢が自信を持って得意と胸を張れる占いが見つかる日が来るといいですよね。

謎の生命体に捕らわれた千矢と九番占試験の行方。
どちらも気に掛けながら次回を楽しみに待ちたいと思います!
[ 2017/03/15 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

うらら迷路帖 第10話 「四人と昇格試験、時々試練」 感想
9番占の試験開始!
うらら迷路帖 十占 四人と昇格試験、時々試練
九番占昇格本試験がついに始まった!
[2017/03/12 14:25] ゴマーズ GOMARZ
うらら迷路帖 #10 「四人と昇格試験、時々試練」
ケモノはいるけど、のけ者は・・・いた。 「うらら迷路帖」の第10話。 昇進試験の本戦、見送るニナ先生もストレスがMAX。 会場入りすると同じように昇進試験へと集まった女の子達。 そして試験官は時江さん。予め自分の教え子や娘にも容赦はしないと宣言。 試験はチームで「呪われた大蛇の胃袋」と言われる巨大地下空間での宝探し。 しかも他の茶屋の先生達が時江さん同様に(心を)鬼として追...
[2017/03/11 21:38] ゆる本 blog
千矢が持ってて/うらら迷路帖10話感想
ニナ先生「そんなに破廉恥じゃないわよねえ」  その服の胸のあたりをつまんで離す動作、アウトだね!(白鳥哲の声で)
[2017/03/11 16:36] Wisp-Blog
【うらら迷路帖】 第10話『四人と昇格試験、時々試練』 キャプ感想
うらら迷路帖 第10話『四人と昇格試験、時々試練』 感想(画像付) 迷宮に行く試験っていきなりRPGぽい展開ですねw 九番でこれだとこの先の試験は難しそうだ…。 千矢ちゃんが連れていかれる展開!! これって試験に失格なんてなってしまうの。 急なシリアス展開になってきたね。
[2017/03/11 11:26] 空 と 夏 の 間 ...
うらら迷路帖 第10話 「四人と昇格試験、時々試練」
「私たち、4人でチームなんだから!」 紺ちゃん!!以前は千矢が紺を励ましたけど今回はそれを返すように紺側から千矢に励ましがおくられたところが友情の深まりと紺ちゃんの成長を感じさせて良かった。
[2017/03/10 21:34] ムメイサの隠れ家
うらら迷路帖 TBS(3/09)#10
第十占 四人と昇進試験、時々試練 今日は九番占への昇進試験の日。ニナ先生も緊張していた。佐久隊長は会場の警備担当、四人には期待している。 試験の監督は各占い塾の主人が持ち回り。今年は巽屋の主、時江が担当する。九番占の受験生は多いので各占い塾が組でチーム戦。10チームで鍵矢を探してもらう。会場は迷路町の地下迷路、普段は封印している通称、呪われた大蛇の胃袋。占い塾の9人の主人が鬼となって捕まえる...
[2017/03/10 19:06] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m