QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第99話「これぞまさしく因果応報!?赤ちゃんジュルルがドロシーの本質を見抜く!」

pripara99_01.jpg
プリパラ #99「青春ジャンピンスナッピン!」

笑いあり騒動ありの最高に楽しいネタ満載のドレパ合宿子育て回。
まさかの展開で神チャレンジライブの間ずっと笑ってました。
pripara99_02.jpg
pripara99_03.jpg
pripara99_04.jpg
pripara99_05.jpg

久しぶりのドレパメイン回。最近だとウェスト姉弟に焦点を当てた回とかはありましたけど、ドレパ三人が揃ってメインを務める回は長らくなかったので本当に久しぶり。それでも個性派揃いのプリパラのキャラの中でも一際癖の強い彼女らが織りなす独特の空気は健在で、それは強化合宿という特殊な空間でも変わることなく、あっという間にドレパの魅力に引き込まれてしまう。

そんなドレパの魅力満載の楽しい合宿風景なんだけど、その中でもメンバーそれぞれの味が出ていて、何を目的に合宿に来たのかが、各メンバーの行動にも表れていて目を引く。そもそも今回はジュルルをお世話することがメインの合宿ではない。あくまで新曲を手に入れたドレパが、新メイキングドラマを作り出すための合宿で、ジュルルを連れてきたのはドロシーの独断専行です。

そしてドロシーはスーパーサイリウムコーデを手に入れる近道としてジュルルに取り入ろうと動いている。遊び相手をしていたと言えなくもないけど、それ以上にドロシー自身が遊ぶのを楽しみ特訓には身が入っていない状態。特訓に精を出し頑張っているシオンやレオナがいる一方で、いち早く休憩と称し特訓を止め、金に物を言わせた接待を行うドロシーがいる。それをジュルルはしっかり見ている。

また自主的に朝練の走り込みに行くシオンや、円滑に合宿が進行するように炊事やジュルルの世話を積極的に行うレオナが居る一方で、ジュルルから目を離してゲームに没頭してしまうドロシーがいる。新メイキングドラマを作るための合宿。つまりはアイドルとしての更なるレベルアップを期した合宿で、前の二人がしっかりと取り組んでいるのに対し、ドロシーは何もかもが中途半端に終わってしまっている。

ライブに向けて万全を期す心構え。アイドルとして更なる高みへ至るためにやるべきことをやる姿勢。ジュルルに取り入れたか否かではなく、高みへ至るための準備を怠らなかったか否か。それが最後の神チャレンジライブの結果となって表れたのではないかと思います。いや、それでも神チャレンジライブが発動した途端にドロシーだけハブられたのは予想外すぎて面白かったですけど(笑)

あと今回は合宿中にドレパメンバーが疑似家族的な空間を形成していたのも面白いと思いました。育児や調理に手慣れているレオンママのママ力は半端ないし、赤ちゃんを抱くのにアタフタしながらも抱いて感動してるシオンはパパさながらの立ち位置。朝練帰りのシオンに対するレオナの返しとかまんま夫婦のそれですしね。そしてドロシーは下の子に悪いこと吹き込む長男さながらのポジションです。

家族を意識させられることで何が言いたいかというと、赤ちゃんは何も考えていないようでしっかりと考えているし、親や兄妹の行動もよく見ているということです。純粋無垢な存在故に赤ちゃんは人の本質を見抜く。頑張っていたシオンとレオナと、アイドルとしての特訓を疎かにしたドロシー。ジュルルが正否を分けているとするならば、両者の間に生じた差異のポイントはそこだったのではないかと。

これぞまさしく因果応報なのです。思えばドロシーと同じようにジュルルに取り入ればと目論んだ、あろま率いるガァルマゲドンも神チャレンジライブへの扉は開かずじまいでした。ジュルルのご機嫌取りではなく他でもないアイドルとしての自分自身が成長するんだという気概。そのために努力して頑張ることが出来るかどうか。当前のことかもしれないけど、やっぱりそれが大切なんだと思えました。

ネタ満載でしたし色々と振り回されるドロシーが面白すぎたし言うことないです。最後の展開は正直予想外すぎて笑ってしまいましたし。でもスーパーサイリウムコーデを入手する機会と引き替えに、通算100話目となる次回の主役の座をゲットするドロシーさんマジ制作側に愛されてる。色々あったプリパラも放送開始から約2年。節目の100話がどうなるのか。一人やさぐれるドロシーの活躍に期待しましょう。


pripara99_06.jpg
pripara99_07.jpg
pripara99_08.jpg
pripara99_09.jpg

新曲『ラン♪ for ジャンピン!』と新メイキングドラマだけでも見応えありすぎるのに、その後の神チャレンジライブでまさかの展開を持ってくるのがズルすぎる。女神ジュリィが降臨した途端にドロシーの姿だけ見事に消えるんだもの。明らかに一人分空いたスペースが哀愁を漂わせるのと同時に笑いを誘う。不覚にも今回神チャレンジライブの間ずっと笑ってしまっていた。

でもこれドロシーだから良かったというか、これに悲壮感を感じさせないのがドロシーというキャラの魅力でもあるのかなと思います。良い意味でへこたれない。仮にソラミスマイルで同じようなことしたらかなりマズい状況になってしまいかねないので。神チャレンジライブが定型化してきていたタイミングで、ドロシーのキャラを最大限に活かした変化球でもあったのかなと思いました。


pripara99_10.jpg
pripara99_11.jpg
pripara99_12.jpg

シオレオの夫婦感が半端じゃない。ハート型エプロンを装着したレオナママのママ力が穏やかじゃなさ過ぎるし作中のどの主要キャラよりもお母さんしてる感じがヒシヒシと伝わってくる。シオンはシオンで何かと言い逃れしようとしつつ、結局お世話して感極まってしまっているし。育児に不慣れな感じとかママ役のレオナとの会話や距離感が本当に夫婦のそれでしかない。


pripara99_13.jpg

でもシオンとレオナに限らずドロシーも加えて、やっぱりドレパはそれぞれが役割分担してて良い感じで噛み合っているユニットなんだと改めて思えました。今回ドロシーさんだけ置いてけぼりにされはしたけど、ジュルルを見つけた後の楽しげな時間は実に微笑ましい光景でもありました。ドレパも好きすぎてもう堪らんですね。完全に殺しにかかってきてる感じだ。充足感しかないぞい。


pripara99_14.jpg
pripara99_15.jpg

女児向けアニメの特訓や合宿回で斧を振るうのは世界の真理。何もおかしなことはない!いやね、見た瞬間に使うと思ったんですよ。筋トレやっているシオンたちの傍らにヒッソリと置かれている斧に気づいたときにね。ヒッソリと置かれてるけど存在感が半端じゃないんだもの(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第99話感想
 「プリパラ」第99話「青春ジャンピンスナッピン!」の感想です。
[2016/06/09 21:12] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・薄桜鬼・うさかめ・セラムンCrystal)
プリパラ 第99話 目指せ神コーデ、ドレパフェ強化合宿! ジュルルを連れて来ちゃったドロシー。 手懐ければコーデが手に入りやすく(越後屋全開 ドロシーそれダメダメフラグヽ(;´ω`)ノ おむつにごはん、一番よくお世話したのはレオナきゅん。 最初はこわごわだったけど、寄り添う努力を惜しまなかったシオン。 常によこしま&いいかげんな気持ちで接していたドロシー。 結果は歴然で、ドロ...
[2016/06/08 15:23] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m