QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第100話「己の在り方を曲げずに突き進むドロシーらしさ全開のテンション100MAX回!」

pripara100_01.jpg
プリパラ #100「テンション100MAXだよ!」

良くも悪くもドロシーがいつも通り過ぎて安心してしまう。
何はともあれプリパラ通算100話到達おめでとうございます!
pripara100_02.jpg
pripara100_03.jpg
pripara100_04.jpg
pripara100_05.jpg

同じユニットメンバーのレオナとシオンがスーパーサイリウムコーデをゲット出来たのに、唯一神チャレンジライブへの扉が開かなかったドロシーのメイン回。この節目の回にメインポジションを与えられるところに制作側のドロシーに対する愛が感じられますし、一人取り残されても下手に落ち込まず、我が道を行くドロシーの行動故に、記念回ならではの小ネタを挟んでも違和感なく進行していたと思う。

前回悲しくもドロシーだけ後れを取ったわけだけど、普通同じユニットで自分一人だけがコーデを得られなかったら、他の二人と何が違っていたのかとか、自分に足りない物は何だったのかと模索するのが常道です。でもドロシーはそうじゃない。自分の行動を顧みるどころか、自分は何一つ悪くないと高らかに主張し、ジュルルに恩着せがましくコーデをねだる始末です。

更に不慮の事故でパクトの中に引きずり込まれても、コーデがここにあるならここでゲットすれば良いと言いだし、ジュルルが遊んでいるのを横目に、それを奪い取るかのような勢いで動き回り、ジュルル以上に自分本位で勝手気ままな行動を取る。しまいにはジュルルにすら呆れられウンザリしたような目で見られてしまうわけです。でもそれが良くも悪くもドロシーの自然体の姿なんですよね。

ここに来てもドロシーは自己研鑽を積むとかではなく、ジュルルのご機嫌取りに終始する。見捨てられたかと思いきや助けを呼んできたジュルルに手の平を返したような言動などは、その典型ではないかと思います。これによってドロシーはジュルルに対し一方的な好意をぶつけるんだけど、結局ジュルルには嫌がられ最後まで割と拒絶されたまんまです。

それでも神チャレンジライブへの扉が開き、スーパーサイリウムコーデをゲット出来たのは、ジュルルに自分本位な面もあるけど決してブレることなく目的の為に貪欲になれる。それこそがドロシー・ウェストというアイドルと認めさせることが出来たからではないかと。ジュルルがドロシーの名前を呼んだのは、ドロシーの懸命な一面を認めた証。冒頭のレオナの言葉を借りるならドロシーのいいところをちゃんとジュルルに分かってもらえた表れではないかと思いました。

何にしても今回は一人取り残されようといつも通りだったドロシーに逆に救われたような気もします。毒舌自信満々たまに空回り。でもやっぱり愛すべきキャラクター。それがドロシーなんだと改めて思える回でもあった。各シーンの台詞や背景や衣服に散りばめられた100話記念の100要素にしても、本筋から逸れないようにやろうとしたらこういう風にしないと難しいだろうし。

その意味でもドロシーのキャラが活きた回になっていたのかなと思いました。何だかんだで節目だった今回のお話。色々なところからプリパラらしさを感じさせてくれて良かったです。


pripara100_06.jpg
pripara100_07.jpg

ドロシー無事に神チャレンジライブが発動して本当良かったなぁ!ライブ前のジュルルの反応見たら今回も通常ライブの後に何も起こらないかドロシーだけハブられるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしながら見てたので。それはそれで面白そうだし見てみたい気持ちも少なからずあるけど、ともあれ無事にコーデをゲット出来て何より。ジュルルの反応があんななのに何だかんだで目的を遂げてしまうドロシーさんってやっぱ凄い。


pripara100_08.jpg
pripara100_09.jpg

ある意味ドロシーがいつも通り過ぎて安定の酷さ(褒め言葉)なんだけど、そんな中でもレオナに対する思いもブレることはなくて良いなと思うところです。どんなときでもレオナに対する思いはあるし、唯一足りない物はレオナと断言してしまえる。言動がいつも通りならレオナに対する思いもいつも通り。この揺らぎのなさこそがドロシーの強みで最大の武器と言えるのかもしれない。


pripara100_10.jpg
pripara100_11.jpg
pripara100_12.jpg

ジュルルに初めてちゃんと名前を呼ばれて思わず素で照れてしまうドロシー可愛い。自分で色気がどうこうアピールしてたときとかは全然クルものがなかったけど、こういう時のドロシーは本当に可愛いと思える。こうして振り返ってみると今回は本当にドロシー尽くしで彼女の魅力が存分に凝縮されている回ですなぁ。


pripara100_13.jpg
pripara100_14.jpg

最後のオチが唐突すぎて面白かった。記念回なのにめが兄ぃにしては大人しめで珍しく何もしないまま終わるかと思ってたら、最後に強引にねじ込んでくるんだもんなぁ(笑)でも通算100話到達は第1話から感想を書き続けてきただけあって感慨深くもあります。前シリーズのプリリズシリーズは一年ごとにシリーズが更新されていっただけにね。当初はプリパラもここまで長期の作品になるとは思ってなかったので。

神アイドル編の後にプリパラに新展開があるのかは分からない。そもそもそこまでこのブログが続いているかも分からない。でもこれまで以上に熱く盛り上がって更に長寿シリーズになってくれたら言うことない!放送開始からおよそ二年。大台に乗ってますます加速していくプリパラを、今後も面白おかしく見ていけたら良いなと思います。いや、しかし本当に時間が経つのは早いものだ…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第99話「青春ジャンピンスナッピン!」&第100話「テンション100MAXだよ!」 感想
第99話「青春ジャンピンスナッピン!」&第100話「テンション100MAXだよ!」 の感想をまとめて書きまーす。
[2016/06/25 23:16] くろくろDictionary
プリパラ 第100話感想
 「プリパラ」第100話「テンション100MAXだよ!」の感想です。
[2016/06/16 20:45] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・薄桜鬼・セラムンCrystal)
プリパラ 第100話 ついにプリパラも100の大台に。おめ! お話は前回の続きで、ドロシーが改心するか。 相変わらずこりゃコーデ貰えそうもないムード^^; でも結構痛い目にあって、ジュルルにごめんなさいもできました。 勘弁してもらえようで、神チャレンジライブ行けたよドロシーちゃん。 やっとこさ神コーデゲット、さすがにもらえないまま展開はなかったか。 これで神コーデゲットが3チー...
[2016/06/15 16:32] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m