QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「みんなを笑顔にするのがスクールアイドルだもん」

lovelivesunshine02_01.jpg
ラブライブ!サンシャイン!! #02「転校生をつかまえろ!」

繋がることで開いた夢へと至る扉から踏み出す第一歩。
本当に好きなことだからこそ簡単には諦められない。

lovelivesunshine02_02.jpg
lovelivesunshine02_03.jpg
lovelivesunshine02_04.jpg

部としての体裁を整えるための人数集めもさることながら、作詞・作曲・衣装その他諸々。スクールアイドルとしてデビューするまでの道のりは遠く、やることも山積みの状態。作曲が出来る梨子への熱烈な勧誘を速効で断られてしまった千歌だけど、だからといって簡単には諦めない。それは千歌の前向きで明るい性格もあるだろうし、加えて大好きで夢中になれることに取り組んでる実感があるからだと思います。

μ'sを見て自分の中に芽生えた抑えきれない衝動。その衝動に従い自分の夢へ向かって実際に突き進んでいる感覚。今回の作中でも出てきたけど、まさに千歌は自分のユメノトビラを開いて動き始めたわけです。だから断られたからといってめげないし、それすらも楽しいと思えてしまう。それくらい好きという気持ちは強いもので、だから夢中になれてしまう。好きなことだから楽しいのです。

今回は千歌の他にも、それが好きだから夢中になり自身の抑えきれない衝動に動かされていると思しきキャラの姿が、各シーンで散見される。例えばスクールアイドルを否定しながらもそれに詳しく、μ'sに関しては千歌以上の思い入れと敬意を持っていることを隠す気もなく披露するダイヤは言うに及ばず。飴に釣られてフラフラーッと釣られたルビィも欲求に動かされてしまった一人かもしれない。

入学時の自己紹介で持ち前の堕天使ヨハネ様っぷりを披露した善子にしても、それが彼女にとってとても大切で、夢中になれるものだからこそではないかと映ります。ただ三人共に何らかの事情を抱えていたり、受け入れられなかったりで、自然と好きなこと、やりたいことにセーブを掛けてしまっている様子も見て取れる。衝動の制御や制限。それが今の千歌と彼女らの最大の違いのようにも感じます。

そしてそれは今回の主役である梨子にしても同じではないかと思います。暗中模索。ずっと続けてきたピアノの上達を最近では実感出来ず、楽しい気持ちも忘れて久しい。それでも梨子が転校して環境を変えてまでしがみつこうとするのは、やっぱりピアノが大好きだで諦められないからに他ならない。大好きな気持ち、夢中になれること。楽しいって思える気持ちは、簡単には諦められないし譲れない。

自分たちの曲作りで千歌が引き合いに出していたスノハレ。あれも最初は恋愛をテーマにした曲を作らないかという提案が発端。でも途中で頓挫しそうになりながらも、それでも諦めずに皆の思いを一つにして完成させたのがあの曲。大好き、予感、気持ち。そういったメンバー全員の思いの集大成。それがあの名曲が完成するまでの経緯でした。

憧れやその憧れの人に向けるドキドキワクワクといった恋にも似た気持ち。それもまた抑えきれない衝動に繋がる一つの感情。そしてそれを見ている人に与えることこそが、スクールアイドルの、もっといえばアイドルの本懐。だから自分にまっすぐに突き進み、迷える梨子に影響を与えて笑顔にしてしまった千歌は、本質的にスクールアイドルなんだなと思えました。

ダイビング前の果南の台詞じゃないけど、水中で見える普段とは異なる景色。そこから得られる新たなイメージ。水中から地上の光を見て確かに何かを感じ取った三人が居たように、スクールアイドルをやることで今まで見たことのない景色を見て、それが梨子の新たな可能性を切り開いてくれたらと思わずにはいられない。

千歌と繋がることで開いた、ずっと探し続けてきた梨子の夢の扉。梨子がそこから第一歩を踏み出せたように、今は好きな気持ちを持ちながらも、それぞれの事情で踏みとどまっている他のメンバーの扉も開いたなら。きっとそれはとても素敵なこと。ユメノトビラとスノハレにμ'sが込めた気持ちが、今次世代を担おうとするスクールアイドル達に確かな影響を与えているのも感じられる素敵な回だったのではないかな。


lovelivesunshine02_05.jpg
lovelivesunshine02_06.jpg

前回颯爽と登場して強烈なインパクトを残したかと思いきや、地味に不登校になっていたらしいヨハネ様の現状を知って、笑ってしまったのと同時に何とも言えない気持ちになる。果南も家庭の事情で休学中だし、今作は学校行けてない子が多いですな。スクールアイドル部への勧誘以前に学校に連れてくるところから始めなければならない現状は意外と厳しく大変。

ただそんな彼女たちが本当に好きなこと、やりたいと思えることに全力で取り組める日が来るといいな。それを周りが受け入れてくれたらもっと幸せ。早く救いの手を差し伸べてあげてくれ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ラブライブ!サンシャイン!! 第2話 「転校生をつかまえろ!」
餌付けされるルビィちゃんが可愛いw ルビィちゃんを飴でおびき寄せてつかまえたい。
[2016/07/16 17:20] ムメイサの隠れ家
ラブライブ!サンシャイン!! #02 「転校生をつかまえろ!」
新たなラブライブ!の息吹は秋葉原から静岡県の沼津へ。 「ラブライブ!サンシャイン!!」の第2話。 前回、まだちょっと冷たい海に飛び込もうとしていた「桜内 梨子」。 体を張って止めた「高海 千歌」がラブライブにμ'sのように輝きたいと親友の 「渡辺 曜」と共にアイドル部を設立しようとしたときの壁となっている生徒会長 「黒澤ダイヤ」が言っていた「オリジナル曲の作曲」ができることから...
[2016/07/14 01:07] ゆる本 blog
ラブライブ!サンシャイン!! ♯2「転校生をつかまえろ!」
評価 ★★★ 海未の音……        
ラブライブ!サンシャイン!! #2 転校生をつかまえろ!
μ'sは一般教養
[2016/07/12 06:52] ゴマーズ GOMARZ
ラブライブ! サンシャイン!! 第2話 「転校生をつかまえろ!」 感想
朱に交われば赤くなる―
[2016/07/11 21:16] wendyの旅路
ラブライブ! サンシャイン! 第2話 「転校生をつかまえろ」 感想
梨子の過去にあったこととは?
ラブライブ!サンシャイン!! 第2話
  ラブライブ!サンシャイン!!第2話です。 スクールアイドル部の準備を進めています。 第2話「転校生をつかまえろ!」 どうしても曲を書ける子が欲しくて梨子ちゃんを勧誘しています。 さっぱり進展なし。 少しずつ進んでいるのもあるっぽい。 デデン。 曜ちゃんはデザインが得意っぽい。 千歌ちゃんはアイドルっぽい衣装がいいっぽい。 こちらも進展なしw 千歌「最初は3人しかいなくて大変だっ...
[2016/07/11 07:52] アニメグラフィティ
ラブライブ!サンシャイン!! 第02話 感想
 ラブライブ!サンシャイン!!  第02話 『転校生をつかまえろ!』 感想  次のページへ
[2016/07/11 04:25] 荒野の出来事
アニメ感想 16/07/09(土) #ラブライブ! サンシャイン!! 第2話、#Rewrite 第2話
ラブライブ! サンシャイン!! 第2話『転校生をつかまえろ!』今回は・・・今回もメンバー集めですね。果たして何話で全員揃うのでしょうか?下手したら、メンバー集めだけで1ク ...
[2016/07/11 02:52] ニコパクブログ7号館
【ラブライブ! サンシャイン!!】第2話『転校生をつかまえろ!』キャプ付感想
ラブライブ! サンシャイン! 第2話『転校生をつかまえろ』 感想(画像付) 会長がガチの「μ’s」ファンでしたw 梨子ちゃんの勧誘も何とか出来て、メンバーも集まって来たね♪ 厨二な自己紹介自爆で登校拒否になってたヨハネちゃん。 ルビィちゃんたちと一緒に加入に持って行くんですかね? 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
[2016/07/11 01:37] 空 と 夏 の 間 ...
ラブライブ!サンシャイン!!  第2話 転校生をつかまえろ!
音ノ木坂学院時代、ピアノコンクールに出場する梨子ですが、不安げな表情。 そして、手は震え、引き出す事も出来なかった苦い記憶。 梨子は何かを抱えているようですが、 ...
[2016/07/11 00:36] ゲーム漬け
ラブライブ!サンシャイン!! BS11(7/09)#02
第2話 転校生をつかまえろ! 音ノ木坂学院から転校してきた桜内梨子。スクールアイドルには参加しない。千歌は作曲が唯一可能な彼女は諦められないと追いかけ回す。猛アタックであと一歩だから。実はピアノコンクールで突然怖くなって演奏を取りやめたのだった。その時の曲が海の音を聞ければ再び演奏できるのではと考えた。環境を変える意味でも転校してきたのだった。 そして千歌は生徒会長のダイアにも再びアタックし...
[2016/07/11 00:29] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m