QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第105話「気持ちが通じ合うことで起こる奇跡!ガァルマゲドンのチーム結成の儀式!」

pripara105_01.jpg
プリパラ #105「ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!」

お互いを思う気持ちが相手の心を動かし奇跡を呼び起こす。
普通の子になったガァルルの切なる願いが素敵。
pripara105_02.jpg
pripara105_03.jpg
pripara105_04.jpg
pripara105_05.jpg

心情的にはともかくシステム上ではまだ正式なチームとは認められていなかったガァルマゲドンのチーム結成回。ボーカルドールであるガァルルをユニットメンバーに加えることで、ガァルルの身に起こり得る危険性を承知しながら、それでもユニットを結成したいと強く願うあろまやみかん、ガァルルの思いが、次第に周りの心をも動かし障害を乗り越える力として働く流れが素敵。

今回はユニット結成の儀式を行うにあたり、それぞれの立場からそれぞれの気持ちが見えてくるのが良いなと思うところです。ファルルがプリチケをパキって倒れた一件から、それを目の前で見ていたソラミスマイルやドレッシングパフェ、ユニコンが断固反対の立場で儀式を阻止しようと動く気持ちも分かるのです。ファルルが助かったのは奇跡中の奇跡の出来事で、あわやの状況を彼女らは体験しているから無理もない。

あろまとみかんもそのことは聞き及んでいて最初は躊躇していたし、三人をずっと見守ってきたネコ姐さんにしても、最初は断固反対側の姿勢を示していた。でもそんな状況を動かしたのはガァルルのチームを組めなければプリパラでの活動を辞めるという本気の願いと覚悟。そしてあろまとみかんが真に願っていた思いが合致したからに他ならないと思います。本気の思いが人の心を動かし奇跡を起こす。

これは何もガァルマゲドンに限ったことではなく、ソラミスマイルの結成やドレパの再結成時、ファルルを助けた時も同じだった。ガァルルの本気の思いがあろまとみかんとの結びつきを強固なものとし、彼女らのひたむきな姿勢を見たネコ姐さんにも認めさせる。そしてマネージャーを含めて一丸となったガァルマゲドンが、遂にらぁら達の気持ちを揺さぶり協力したい気持ちにさせてしまうわけです。

今回の一連の流れ。その全ての始まりはガァルルの真摯な思い。なりたくてもなれなかったアイドル達の気持ち。その集合体であるガァルルの思いが成就するというのが実に感動的です。ガァルルが初めて仲良くなったそふぃ様のかつての境遇とも重なるところでもあると思います。要所要所で過去のユニット結成回の内容や流れを踏襲した話運びが本当に素晴らしい。

登場当初はその生まれた境遇から他人に対して心を閉ざし攻撃的だったガァルル。我が儘で自分本位なところもあったガァルルが、自分の存在があろまとみかんにとって邪魔にならないか。足を引っ張らないかと不安げに語るところに、ガァルルの内面的な成長を見ました。自分の胸中を隠すことなく二人に打ち明けた上で、彼女らがガァルルを当然のように受け入れてくれる姿が尊すぎて泣けてしまう。

プリパラの申し子的な存在であるファルルとは逆に、一番下から這い上がり人間的な感情を身につけて普通の子になったガァルル。あろまとみかんとプリチケをパキるよりも前に、本当の意味で心が通じ合った掛け替えのない友達で仲間になれたからこそ、ファルルの時とは異なり無事に交換が成立したのだと思います。だってガァルルは今のファルルと同様に、もうボーカルドールよりも人間に近い存在になっていたのだから。

一緒に居ながらも正式なユニットとして結成に至るまでは時間が掛かったガァルマゲドン。しかしガァルルの生まれの経緯と、彼女の成長を待っていたとするなら、むしろそれは必然だったのではないかと。特異な存在でもあるボーカルドールをメンバーとして迎え入れたガァルマゲドン。時間をかけて築き上げたことで、その特殊性が存分に活きたように思えます。

本当の意味で通じ合い正式なユニットとして新たな一歩を踏み出した三人。神アイドルグランプリもさることながら、新生ガァルマゲドンの三人がこれから何を見せてくれるのか。本当に家族のような彼女らのこれからの活躍に、ますます期待させられてしまうユニット結成回でありました。いや、本当に先週と今週のお話は満足度高くて満たされすぎている。至福の一時だ~。


pripara105_06.jpg
pripara105_07.jpg
pripara105_08.jpg
pripara105_09.jpg

チーム結成の儀式を終えて晴れて正式なユニットとして認められたガァルマゲドンの初ライブ!ガァルルがライブの最初から最後まであろまとみかんと一緒に居るだけで嬉しいし、ここで新曲『アメイジング・キャッスル』の投入は反則すぎますよ~。アロマゲドンの頃から初期曲を一貫して使い続けていただけに、この変更は新生ユニットの新たな一歩。彼女らの新たな門出を予感させてくれてワクワクする。

そして何よりガァルルがですね。生まれたときから才能とは無縁の存在。地下パラでのデビューライブの時も決して上手くは出来なかった。そんななりたくてもなれなかった子たちの気持ちの集合体たるガァルルが、神チャレンジライブの扉を開くというのが本当に堪らないです。これからはあろまとみかんと共に歩む道。ガァルマゲドンの今後が本当に楽しみ!


pripara105_10.jpg
pripara105_11.jpg
pripara105_12.jpg

今回は新生ガァルマゲドンのチーム結成の儀式がメインでしたが、ユニット結成の際に周りの多くの人を巻き込んだソラミスマイル結成の回と重なるところも多かったと思います。ソラミスマイルを結成した場所に、一際強い思い入れを抱いているそふぃ様の姿が見られたのも感動です。自分の本当の気持ちを打ち明けることでユニットの結成に至ったという点で、そふぃ様とガァルルは共通していると言えると思います。

何よりあろまとみかんよりも前に、ガァルルと一番最初に仲良くなったのそふぃ様だからね…。58話59話において、ファルル以外で初めてガァルルの思いを汲み取り、傷だらけになりながらも意思疎通を図ろうとしたのは他でもないそふぃ様。ガァルマゲを追う一同の中で、常にガァルルの身を案じ彼女のことに思いを馳せていたのも、境遇の重なりや出会ったときの経緯があったからこそだと思います。

ソラミスマイル結成時の経緯と、ガァルルと初めて気持ちを通わせ合ったアイドルということを鑑みると、今回のそふぃ様の姿はとても印象深いものとして映るのではないかと。今回のそふぃ様回りの描写に関しては、過去回の内容が凄く効いていると思えました。


pripara43_10.jpg
pripara105_13.jpg
pripara105_14.jpg

チーム結成の儀式に関して言うともう一つ。ソラミスマイルの再結成が計られた43話。この回で行われた大運動会の時は途中で力尽きてアッサリ諦めたあろまがいたけど、今回は苦しさを見せながらもガァルルの為に、追走してきたらぁら達を振り切って最後まで諦めずに走りきったあろまがいる。この違いからガァルルの本気に応えようとするあろまの本気が感じられる。そんなあろまが凄く格好良い。

あの時はソラミスマイルとドレッシングパフェがアロマゲドンの先を行ったけど、今回はガァルマゲドンがその彼女らに先んじる。そこにガァルマゲドンの成長と仲間を思う気持ちを見ることが出来るのかなと思いました。あろまにとってはみかんと同じくガァルルも一生呪うべき存在。それはこれから先も、ずっとガァルルの全てを受け入れることと同義。あろまの言動と行動。その一つ一つ全てが魅力的な回でもありました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第105話感想
 「プリパラ」第105話「ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!」の感想です。
[2016/07/21 23:12] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・ねこねこ日本史・ばなにゃ)
プリパラ 第105話 ガァルル、神コーデゲットおめ! ユニコンの心配も何のその。 前回はまだクリアしてない問題があってガァルルダメだったのね。 言われてみればチーム結成の儀式もまだだった。 よみがえるファルルの時の記憶、ユニコンが全力で阻止に来た気持ちもわかるなあ。 ボーカルドールはパキれないを覆したのは真心と絆。 どこまでも真っ直ぐなガァルルのプリパラへの思い、それを受け止めた...
[2016/07/21 10:00] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m