QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第107話「裏方であるマスコット勢の集会!まさかのサプライズライブも見逃せない!」

pripara107_01.jpg
プリパラ #107「緊急会議!びんわんマネージャーだクマ!」

マスコット勢の偽らざる本音のぶつけ合いが面白い。
唐突に乱入してきたちゃん子さんのライブは正直反則。
pripara107_02.jpg
pripara107_03.jpg
pripara107_04.jpg
pripara107_05.jpg

世界中のアイドルが参加する神アイドルグランプリを成功させるために急遽開かれた緊急マネージャー会議。普段は語る機会が少ないマネージャー勢の本音が見聞きできる貴重な回。主要キャラであるらぁら達の出番が殆どなく、マスコット勢が主導していく話運びが味わい深い。総集編的な側面を兼ね備えていたけど、リアルネタを交えての進行は、楽屋裏トークの雰囲気を感じさせる会議と相まって見ていて飽きさせない。

やりようによっては半総集編でもここまで面白く出来るという好例でもあり、その中でプリパラならではの魅力をしっかり出せていたと思います。普段はアイドルを介して接触するマスコット勢だけで集まり、直接意見をぶつけ合う機会も貴重で、普段は聞く機会の少ない担当アイドルへの思い入れや、ライバルチームに対してどう思っているのか等が語られていて興味深い。まぁ基本的にみんな親バカだけど(笑)

合間に会議に乱入してくるキャラも、めが姉ぇにあじみ先生、そして親衛隊の一角ちゃん子であり、主要キャラからは一歩引いた立ち位置にいるキャラが出てくるが、それがライバルはらぁらたち主要なアイドルだけではなく、世界各地から集まってくる様々なアイドルという話に、より現実味を伴わせてくれる効果を発揮していたように思います。

特にこのタイミングでのちゃん子のライブは完全に予想外であり、同時にあまりにもインパクトがありすぎて、今回主役だったはずのマスコット勢を喰って彼等以上の印象を視聴者に与えたのではないだろうか。あじみ先生に負けず劣らずの存在感を発揮して、美味しいところを全部持って行ったような気すらする。めが姉ぇも含めてだけど、こうしてみると下手しなくても主要キャラより濃いキャラしかいないと改めて。

世界各地からの参戦のくだりは、これから復帰するプリパリ組の下地作りの意味合いもあったと思うけど、安藤さんやトリコを先行させて、彼女らの近況とパラ宿組との実力差をそれとなく匂わせることで、久方ぶりの参戦となる彼女らが、物語に違和感なく溶け込めるようにもなるのかなと思いました。ファルルは途中で一度来てるしプリパリ組もちょこちょこ出てるから、それほど久しぶりの感覚はない気もするけど。

ともあれ普段は日の当たる機会が少ないマスコット達がメインの回と言うことで、アイドルを支える側の存在である彼等が何を見せてくれるのかなと期待していましたが、当初の期待とは全くの別方向に突き抜けていった感覚に襲われて、流石プリパラ期待以上のものを見せてくれるなと。ウサチャの毒舌や自信家になったトリコの変わりよう等々。マスコット単体で見ても面白い要素がたくさんあって楽しかった。

それでもクマたちマスコット勢が、担当アイドルを始めとして、何だかんだで普段から切磋琢磨して高め合っているライバルのことも認める旨の発言が聞けたことが嬉しかった。プリパラで活動するアイドルのために、影ながら支えて力になる。それこそが彼等の存在意義であり、前回のめが兄ぃと同様に支える側の思いが感じ取れる回だったのではないかと思いました。


pripara107_06.jpg
pripara107_07.jpg
pripara107_08.jpg
pripara107_09.jpg

まさかのちゃん子ライブで私のテンションマックス。親衛隊によるちゃん子コールからのド派手な登場、その流れのままに入るライブは全てが圧巻の一言。ニューヨープを震撼させたというウサギの台詞にあるとおり、実はちゃん子のライブは劇場版で先んじてお披露目されているのだけど、まさかここで本編に出てくるとは夢にも思わなかった。ちゃん子自身によるテレビ初登場というメタ紹介が実にプリパラらしい。

サブキャラ勢なれど主要キャラに負けず劣らずのハイクオリティなライブCG。その体格を存分に活かしたパワフルなパフォーマンスは、他のキャラにないちゃん子ならではの特徴が反映されていて本当に魅力的なものとして映る。『Just my Chance Call』も普通に良い楽曲だし昂ぶるなぁ。劇場版の円盤発売より前にこれを解禁しちゃうサービス精神が凄い。

メイキングドラマもそふぃ様のそれと同じく、親衛隊メンバーやちゃん子が心酔しているそふぃ様との繋がりを感じられるものになっているのが本当に素敵。中の人繋がりでファルルとちゃん子がライブステージで競演するところをいつか見てみたいと割と序盤の頃から思っているのだけど、ここまで来たらいつか実現しないかな(笑)


pripara107_10.jpg
pripara107_11.jpg

誰に言われるでもなく率先してジュルルの世話を焼き、妹ウサチャにいかがわしいものを見せないよう咄嗟に目を塞ぐ等々。要所要所でウサギの世話焼きな一面が垣間見えるのが個人的に凄くツボ。元々は仲睦まじい兄妹だったウサギとウサチャだけど、本来的にウサチャが憧れていたお兄ちゃんの格好良さって、こういう世話焼きで優しい一面だったんだろうなと改めて思った。


pripara107_12.jpg
pripara107_13.jpg

ガァルマゲドンは大友にも人気だけど幼女先輩人気も半端ではなく一番である事実であったり、ウサチャの発言にしても中の人繋がりと、背景がいちごであることからどうしたってアイカツとプリパラのコラボを連想せずにはいられない。この一連の流れは本当の現実世界上のネタを多分に取り入れていて楽しかった。

非常にメタ的だけど今回のマネージャー会議は楽屋裏トークみたいな自由な雰囲気があるし、話の趣旨にも合っているとしか思えなくなるから侮れない。


pripara107_14.jpg
pripara107_15.jpg

基本的にソラミスマイルを全力で推しているクマをして、プリパラの中で一番可愛いんじゃないかと認めさせるレオナの可愛さは、最早全世界の共通認識で真理と言っても過言ではないのではなかろうか。女神ジュリィも認めるレオナの可愛らしさ。可愛いは正義。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第107話感想
 「プリパラ」第107話「緊急会議! びんわんマネージャーだクマ!」の感想です。
[2016/08/05 00:04] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・RINNE2期・マリワカ)
プリパラ 第107話 一風変わった総集編テイスト、しかしそれだけでは終わらず。 小さいお友だちに一番人気はガァルマゲドン! メガネ取ったあじみ先生がいろいろカオス^^; プリパリ組がついに神アイドルにエントリーのようで。 ひびきさん天敵あじみ先生からどう逃げおおせるのか^^; ライブ前に乱入されたらテンションだだ下がりでしょうしヽ(;´Д`)ノ そして全てを持ってったのがちゃん...
[2016/08/03 11:04] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m