QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法つかいプリキュア! 第30話「わたしはそんな魔法が大好きなの!」

mahopre30_01.jpg
魔法つかいプリキュア! #30「魔法の自由研究!が、終わらな~い!!」

漠然としているから抱えてしまう悩みや不安。
魔法を純粋に凄い物として見ることが出来るみらいの役割に期待。
mahopre30_02.jpg
mahopre30_03.jpg
mahopre30_04.jpg
mahopre30_05.jpg

夏休み終盤のお約束である宿題が終わってない騒動で盛り上がる楽しい回かと思いきや、各メンバーの進路や将来、出自の特異性からくる悩み、新幹部登場による敵対勢力の拡大の気配等々。楽しさや希望に満ちた元補修メイト組の姿を描く一方で、それとは真逆の不安や焦燥、葛藤といった負の感情が煽られる要素が散りばめられた構成が目を引く。どちらかというと印象に残るのは後者な真面目な回でした。

将来の明確なビジョンを見据えて動くケイ、ジュン、エミリーの3人は、リコとはーちゃんの2人に客観的な目線で物を見る機会を与えてくれていて、気付かなかったことに気付かせる役割を担ってくれている。みらい達に手伝ってもらうことで悩みが解消されていく元補修メイト組と、手伝うことで結果的に悩みや葛藤が生じてしまったリコとはーちゃんは、実に好対照な相関関係にあったと思います。

立派な魔法つかいになるという漠然とした目標はあるけど、そこに具体性は伴わないリコの将来に対する悩み。出生があやふやで何故自分が勉強もせずに他人が驚くような魔法をいとも容易く使うことが出来るのかというはーちゃんの悩み。どちらも漠然としていてあやふやだから生じてしまう不安で、今回リコとはーちゃんはこの点において共通していたと思います。

そしてリコとはーちゃんの共通性はそれだけに留まらず、魔法を拠り所としているという点でもそれは言えると思う。最近こそ少し鳴りを潜めていたけど、リコは物語の序盤から常にそれが根幹にあるキャラですし、はーちゃんにしても身体が急成長しても中身が追いつかないから、ふとしたときに自然に行使出来る魔法の力に頼ってしまうきらいがある。そんな2人だからラブーの言葉に揺さぶられてしまうのですよね。

リコとはーちゃん。2人の拠り所で根本にある魔法そのものの否定。努力の否定。ムホーに比べたら取るに足りない力というのは、2人の人間性というか根幹を揺るがすほど大きな衝撃を与えるもの。それだけに効果は覿面なんだけど、だからそんなラブーに対して唯一毅然と立ち向かえるのがみらいなんだと思う。

今回に限らずナシマホウ界出身のみらいは、本作において常に特異な存在です。そして魔法がないのが当たり前の世界で生まれ育ったみらいだからこそ、気づくことの出来る魔法の本質や魅力みたいなものがあるのだと思う。ムホーではなく魔法でなければいけない理由。それはリコやはーちゃんでは気づけないことで、みらいだから与えられるものなのではないかなと。

揺るがされた仲間の根底部分を支えて立て直すのは、やっぱりパートナーで親でもあるみらいの役目で、ナシマホウ界という魔法が存在しない外の目線を持っている彼女だから出来ることなんだと。そして魔法の本質を知り、漠然としていたものがハッキリと明快になることで、今までよりも更に上の領域が見えてくるのではないかと。それが形となった物が新しく目覚める力なんじゃないかと思いました。

出自も生まれ育った経緯も考え方もそれぞれで全く違う。そんな三者三様の異なる境遇にあるみらい達のそれぞれの根本にあるものや考え方。役割などを改めて考えさせられる回でした。最後のカタツムリニアのシーンは、座っている位置や視線から、それぞれが置かれている立場や境遇の違い、見えているものの違いが端的に示されていたシーンのようにも見えて非常に印象深い一幕でした。

夏休みシーズンの話なんだけど夏休みが終わる絶望ではなく、真面目に取り組んで考えているからこそ生じる悩みや葛藤という切り口が、本シリーズにおいては割と珍しいかなとも思えて新鮮だったなぁ。実に味わい深い。


mahopre30_06.jpg
mahopre30_07.jpg
mahopre30_08.jpg
mahopre30_09.jpg

リズお姉ちゃんに対して頑なだったリコさんが、面と向かって自分の気持ちを素直に伝えられるようになっていた姿が凄く良い。将来の具体的な成りたい姿はまだ見えないけど、物語序盤と比べて内面的にも着実に前進しているリコの成長具合が見て取れて感慨深い。それだけに上手くいきそうなところを妨害して再度落としてくれたラブーさんの所行は許すまじ!なんてことしてくれたんだゴラァ!

まぁでもあれですね。こうやって落ち込んで悩んでいる嫁と娘を助けるのは、一家の大黒柱であるみらいの役目なんだとやっぱり思うのです。絵のモデルをしてるときもバレエダンサーのようにお互いを支え合うことで独り立ちしていましたし(笑)純粋に魔法は凄いものと捉えることの出来るみらいの与えてくれる光が、リコとはーちゃんの悩みを吹き飛ばし、救いをもたらすものになってくれるのなら言うことはない。

リコとはーちゃんの2人と違うから、未だ2人が抱えている悩みにみらいが気づいていない節もあるが、そこも含めてどうなるか期待したい。ともあれ試練を与えてきたラブーさんの追悼の準備をしつつ、次回を楽しみに待つことにしましょう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

魔法つかいプリキュア! 第30話感想
 「魔法つかいプリキュア!」第30話「魔法の自由研究! が、終わらな~い!!」の感想です。
[2016/08/29 22:31] Msk-Mtnのブログ
魔法つかいプリキュア! 第30話「魔法の自由研究!が、終わらな~い!!」
前回登場した馬車、レインボーキャリッジ。 リンクルストーンに反応して魔法陣が出現。 パワーアップアイテムなのは間違いないところでしょう。 9月半ばにおもちゃとしても出るようで、9月はキャリッジ販促回となりそう。 一瞬なのでわかりにくいけど、OPに出てたのね馬車^^; 日常描写はジュン、ケイ、エミリーの自由研究をみらいたちがお手伝い。 しっかり将来の目標を持っていたジュ...
[2016/08/28 14:20] のらりんすけっち
魔法つかいプリキュア! テレ朝(8/28)#30
第30話 魔法の自由研究!が、終わらな~い!! 新たに夢から出現した馬車、レインボーキャリッジを 校長先生に説明する3人。今日はこの後でナシマホウ界に戻るのだったが、 ジュン、ケイ、エミリーに自由研究を手伝って欲しいと頼まれる。ジュンはみらいとリコに絵のモデル。ケイはモフルンに質問、モフルン大図鑑を完成させたい。エミリーははーちゃんの長い髪でヘアーモデルになって欲しい。 もう3人は将来のやり...
[2016/08/28 13:05] ぬる~くまったりと
魔法つかいプリキュア! 第30話「魔法の自由研究!が、終わらな~い!!」
魔法つかいプリキュア!の第30話を見ました。 第30話 魔法の自由研究!が、終わらな~い!! 楽しかった魔法界の夏休みも終わり、みらいとリコ、はーちゃん、モフルンは夕方のカタツムリニアに乗ってナシマホウ界へ帰ることになった。 そんな中、ジュンとケイ、エミリーから自由研究を手伝ってほしいとお願いされてしまう。 みらいとリコはジュンのために絵のモデル、はーちゃんはエミリー...
[2016/08/28 12:45] MAGI☆の日記
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m