QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第112話「成長の度合いや速度は人それぞれ!自分のペースで少しずつ進めばいい!」

pripara112_01.jpg
プリパラ #112「恋恋ジュルル」

行動範囲が広がったジュルルを追って発生した珍騒動。
赤ちゃんも秋の空模様も女心も移ろいやすいものと見つけたり。
pripara112_02.jpg
pripara112_03.jpg
pripara112_04.jpg
pripara112_05.jpg

神アイドルになるために更なる高みを目指そうと張り切るソラミスマイル主導の話運びが、初期のノリを彷彿とさせてくれて楽しい。ドレパこそ加わらなかったけどサブキャラの中でも初期勢のなおや栄子、ラブに加えて稀に出ていた同級生男子をも交えての騒動、普段とは一風変わった雰囲気を演出してくれていたように感じる。その中で今回印象に残ったのは成長の速度と思いをしっかりと伝達することの重要性。

それも他人に強要されて行うのではなく、あくまで自分の意思で、自分のペースでそれを行うことが大事なのではないかということを説いていた回だったのかなと思います。つかまり立ちが出来るようになったジュルルを見て、らぁら達は一日も早くジュルルがジュリィとして成長するよう願い、あんよの練習を促すわけですが、当然ながら赤ちゃんのジュルルは思うようには動いてくれない。

みれぃは切っ掛けの一つとして愛情を挙げ、時に愛情はハッキリと言葉にして伝えるなければいけないと主張するけど、確かに相手に直接告げなければ伝わらない思いはあると思います。ソラミスマイル結成の時なんかはまさにそれで、そうしたいと強く思い自分の意見を主張することでそふぃ様は籠の中の鳥から脱却した。しかしハッキリと言ったからといって必ずしも伝わるとは限らないというのが今回のお話。

というより今回自分の思いを相手に伝えた人たちは、自分の意思で行動を起こそうしていたのかというと、そうではない節があったかなと思います。その流れを作った当のみれぃが、今回いつもとちょっと違うテンションでおかしなノリそのままに突っ走っていたイメージで、その勢いそのままに流されて自分の思いの丈を思い人にぶつけていた人の方が多い。結果として死屍累々の惨憺たる状況(笑)

なおに思いの丈をぶつけた高橋君然り、まさかの再登場を果たした錦鯉コーチに思いの丈を伝えたラブ然り。彼女らは他の人に促されて流れのままに勢いでそうした印象が強く、自発的に思い立って行動を起こしたというのとは少し違う。そこへ行くと雨宮くんソックリの秋子ちゃんは、自発的に行動を起こして自分の意思で相手にハッキリと思いを伝えている。

結果は残念であったけど自分でそうしたいと強く思ったことだから、その強い気持ちが相手にも伝わるし、望む結果を得られなかったとしても受け止めて前に進めるのではないかと思います。秋子ちゃんの思いは誤解なく雨宮くんに伝わり、その上で振られたけど秋子ちゃんに後悔や落ち込みの気持ちはない。それは高橋君やラブちゃんと違って、自分で心底そうしたいと思って動いた結果だからなのではないかな。

最近の動向で言うとアイドルとしての自分の在り方を見つめ直し、姉を超えるために仲間を集めようとしているのんの行動も、それは自分がそうしたいという強い意思に基づいてのもの。チーム結成の直前で誓いの言葉が言えず友情を強制されたひびき様にしても失敗したのはそのためだと思えます。誰かに強制されるではなく自分がそうしたいと心底から思ったものでなければ、結果は伴わないし思いも相手には伝わらない。

今回らぁらが最後に言った「慌てないでいいからね」という台詞は、ジュルルのみならず他の皆にも当てはまることなのではないかな。誰かに強制されたり流されるのではなく、自分がそうしたいと思ったときに相手にハッキリと気持ちを伝える。それが出来たときこそ初めて人は人として成長できたと言えるのかもしれない。そんな人の成長と思いの伝達について考えさせられた今回のお話なのでした。


pripara112_06.jpg
pripara112_07.jpg
pripara112_08.jpg

最近のソラミスマイルは立て続けに新しいメイキングドラマをお披露目していて嬉しいんだけど、今回のメイキングドラマがそふぃ様考案のものというのも印象深い。ファンシーモードのときはとりわけぽやーっとしているイメージが強いそふぃ様だけど、そのそふぃ様が愛や恋というものから着想を得て新メイキングドラマを生み出すというのが感慨深い。これも自分の意思の発現なわけですよね。

秋の空模様や恋心は移ろいやすく、また儚いものだけど、ほんの短い期間に燃え上がるように咲き誇り花を散らせる。そんな桜をベースにしたメイキングドラマは、そふぃ様らしさを取り入れつつテーマに沿ったもので素敵です。クラゲのそふぃ様もゆらゆら漂っていて移ろうような要素だけど、今回はそんな移ろいを至るところで感じられる気がしました。だからハッキリと思いを伝えて留めておくことも必要なのではないかな。


pripara112_09.jpg
pripara112_10.jpg

雨宮くんソックリの安岐田秋子ちゃん。そんな名前からも移ろいやすさを感じさせる彼女は今回自らの強い意思に基づいて思いをぶつけたわけだけど、そんな自分そっくりな秋子ちゃんからの告白を受けても何一つブレることのない雨宮くんの安定感が光る。敬愛する南委員長への揺るぎない思い。

どんなときでも自分の思いに忠実で素直な自発的行動を起こす彼は、実はプリパラでも屈指の強い思いを持つ人間なのかもしれない。例えその行動がストーカーチックな変態的行動で誰からも望まれないものであったとしてもですね(笑)


pripara112_11.jpg
pripara112_12.jpg
pripara112_13.jpg

ジュルルにデレデレで、らぁらに対して見栄を張ってみたり少女漫画風の妄想をしたりするみれぃが、いつもとは少し違ったノリを感じさせてくれて見ていて面白かった。今回玉砕した人たちがそうなったそもそもの発端は、みれぃが愛を言葉で伝える重要性を唐突に導き出したからでもあるんだけど、最初の頃はみれぃが事態を動かすトリガー的役割を担っていたことを思うと懐かしさも感じる。


pripara112_14.jpg

今回はライブシーンを除くと大部分がプリパラの外でのお話で、最初はソラミスマイルの3人が主体になって話が進行していたので、余計に懐かしさを感じたのかもしれない。今は自然体で普通に仲良く接することが出来るようになった3人だけど、チームを結成して以降も色々と苦労ありましたもんね。こちょばしあったり写真の受け渡しを、ごく自然に行えるようになっている3人の関係性を見ると和む。

これもらぁら&みれぃがそふぃと一緒に居たいと願い、またそふぃも二人と一緒に居たいと強く思って行動した結果なのです。成長したらぁらたち3人の姿を確認できるのと同時に、強い意思に基づく行動は相手にも伝わるし、望んだ未来を引き寄せる力となるのだと実感させられる。のんやひびき様も心から通じ合える仲間と一日も早く出会って気持ちを伝えられたら良いよね。ひびき様はもう既に出会ってると思うけど(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第112話感想
 大変長らくお待たせしました。「プリパラ」第112話「恋恋ジュルル」の感想です。
[2016/09/10 15:06] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・ゴマちゃん・ばなにゃ)
プリパラ 第112話 おうちに帰っちゃったひびき様のフォロー回は後回しに^^; 今回はがっつりジュルルが主役! 順調に成長中、つかまり立ちが出来るように♪ 次はあんよと、歩行器で練習開始。 しかしらぁらママたちの思い通りには赤ちゃん動いてくれません^^; いつの間にかまわりが巻き込まれてドタバタ劇にまっしぐら。 そして恋のフラグがへし折られまくる予想外の展開に。 あちらこちら...
[2016/09/07 09:32] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m