QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第119話「こわイイは怖いよりも強い!?あろまプロデュースの恐怖のハロウィン騒動!」

pripara119_01.jpg
プリパラ #119「ほら~!ハロマゲドンにゃ」

プリパラでは最早お馴染みとなった恒例のハロウィン回!
蘭たんのこわイイをあろまの怖いが塗り替える!?
pripara119_02.jpg
pripara119_03.jpg
pripara119_04.jpg
pripara119_05.jpg

17話68話に続いて都合3度目となるプリパラ恒例のハロウィン回。3度目にもなるとハロウィン回のお約束や恒例となるネタもある程度は出来上がっていて、それらを交えながら展開されていくドタバタ騒動が面白い。その中でも今回は過去のハロウィン回の話と、キャラの絡みをしっかりと踏襲した話運びがなされているのが印象的で長期シリーズ故の積み重ねのようなものを感じられました。

こわイイを集めてミス・ハロウィンを決めた昨年のイベントに続いて、今年開催されたのはハロウィンスタンプラリー。蘭たんがこのイベントを主導する役目を任されたのも、1年目終了時にホリウッドに行き、2年目終了時にプロードウェイ関係者からスカウトされた実績があるからに他ならない。人を怖がらせるために頑張っていた蘭たんの過去回での活躍あればこその大抜擢なのです。

しかし、怖がらせようと何をやっても可愛くなってしまうのが蘭たんでもある。そこに駄目出しをしてイベントを乗っ取る役目にあろまを抜擢したのが上手かったなと思います。あろまの元々の悪魔キャラが合ってるのもあるけど、昨年あと一歩のところでミス・ハロウィンの座を蘭たんにかっ攫われたのもあって、こわイイではなく本当の恐怖を見せるというあろまの動機をより強いものにしてくれている。

他にも、本当は恐がりなのに強がって「怖かったら僕の後ろに隠れてもいい」とレオナを庇おうとして結局倒れるドロシーや、のんの「こんなの怖がるのお姉ちゃんくらい」と呆れる様も、一番最初のハロウィン回の内容を汲んでいるところで、結果的にこれらの要素が蘭たんが繰り出すこわイイものを引き立てる働きを担ってくれていたと思います。

そんなのんですら思わず怯えてしまうからこそ、あろまプロデュースの「怖い」が本当に怖いものとして映るのかなと思いました。このように今回はあろま達以外のキャラが活躍していた過去のハロウィン回の要素を踏襲して構成されていただけに、それを乗っ取って塗り替えてしまうあろまの行動が、スタンプラリーだけでなくハロウィン回全体に効いていたようにも思いました。

悪魔や天使というハロウィンにピッタリなコンセプトながら、1年目は未登場、2年目は蘭たんやふわり、あじみに美味しいところを持って行かれて、これまでハロウィン回で主役の座に就けなかったアロマゲドンなだけに、ガァルルが加わり一年越しにメインポジションで活躍していたのが嬉しい。真打ちは遅れてやってくるものなのだ!

しかし、96話と同じくルール無視でやりたい放題やったツケは自分たちで支払わねばならず、最後に騒動の後始末をキッチリやらされるというのが良かったなぁ。システムへの干渉による変更、後始末がガァルマゲのお約束ネタになる意味合いもあるけど、この干渉と後始末は前回のジュリィとジャニスの話にまんま当てはまります。自分で後始末しないのが今までのジュリィなだけに、ジャニスの心労もしのばれる(笑)

新キャラが更に増えて分散しているだけに個々の濃さは初年度よりも落ちてるかもしれないけど、それでもお約束は外さずに、この時期恒例の回を楽しいものに仕上げてくれて感謝なのです。ただ、システム関連の干渉と変更、後始末のことを思うと、今年のハロウィン回も例に漏れず物語全体の重要事項をさり気なく入れていたのかなと思います。ネタ多めな話の中にも、テーマが見え隠れするからプリパラが好き。

惜しむらくは皆が見ている前で蘭たんが消失して怯えるオチで締めて欲しかったが、それでも蘭たんが転落して取り残されるお約束はやってくれているので良いかなと思えました。ハロウィンのオチ担当はやっぱり蘭たんじゃないとね!


pripara119_06.jpg
pripara119_07.jpg
pripara119_08.jpg
pripara119_09.jpg

今年のハロウィンは恒例のソラミスマイルのライブに加えてガァルマゲドンも参戦!キューティーキャッツコーデの可愛らしい姿が、特別なステージを華麗に彩ってくれていて素敵。アロマゲドンに関してはハロウィン回で初めてのライブというのが意外といえば意外なんだけど、やっぱりイメージ的には一番ハロウィンライブを飾るに相応しいと思う。

逆にソラミスマイルはハロウィン回のライブは皆勤賞で既にお馴染みなんだけど、初年度から皆勤なおかげでハロウィン用のメイキングドラマ『トリトリハロウィンパーティー』を都合三度も用いることが出来て良かったなぁ。一年目の時にクオリティの高すぎるメイキングドラマを単発使い捨ては勿体ないって感想書いてたけど、ここまで使われれば本望だろうて。

神チャレンジライブの有無はきちんと順路を通ってポイントを稼いできたソラミスマイルと、やりたい放題やっていたガァルマゲドンの差だと思うので致し方なし(笑)


pripara119_10.jpg
pripara119_11.jpg
pripara119_12.jpg

これで3年連続3度目。今年もプリパラアイドルを追いかけ回すめが兄ぃの姿が見られて面白かったのと同時に、物凄い安心感に捕らわれてしまった自分。数あるネタの中でもここだけは外して欲しくないと思っていただけに、今年も無事に見ることが出来て本当に良かった。例え弱みを握られようともアイドルを見守るという本分と存在意義は揺らがない。今日もめが兄ぃは絶好調なのでした。


pripara119_13.jpg

強がっているけど怯えて涙目になってしまうドロシー可愛い。レオナの前では頼れるお姉ちゃんでいたいけど、やっぱり苦手なものは苦手なのです。でも目を回して倒れ込んでいた最初のハロウィン回に比べたら、これでも立派になったと思うの。泣き崩れずに涙目で留まりましたし。ともあれ普段は勝ち気なドロシーがしおらしくなったらやっぱり可愛いよねというお話。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第119話感想
 「プリパラ」第119話「ほら~! ハロマゲドンにゃ」の感想です。
[2016/10/27 19:38] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・信長の忍び・まとい)
プリパラ 第119話 プリパラもハロウィン回、ということで、シーズンキャラ蘭たん登場。 今回はガァルマゲドンに食われちゃった感じ^^; お祭りエピらしいドタバタを明るく楽しく可愛く30分。 あじみ先生のモンスターが個人的には一番ツボでしたww メインライブ権を懸けた肝試し、蘭たんの仕掛けは甘い! ということで、あろまちゃんが本領発揮。まさに水を得た魚。 ちょいと羽目をはずしすぎ...
[2016/10/26 09:43] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m