QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第32話「周りの人がゆめに向ける優しい気持ち!友達思いのゆずこしょう結成!」

aikatsustars32_01.jpg
アイカツスターズ! #32「進め!ゆずこしょう!」

ゆず先輩とあこちゃんの優しさが身に染みる。
皆から貰った優しさと元気をいつか返せるアイドルに。
aikatsustars32_02.jpg
aikatsustars32_03.jpg
aikatsustars32_04.jpg
aikatsustars32_05.jpg

ゆず先輩提案の新ユニットゆずこしょう結成回。小春ショックを引きずり秋フェスに参加するつもりがなく、ユニット話を持ちかけられてもイマイチ乗り気になれないゆめでしたが、そんな彼女の気持ちも分かるのです。失敗して応援してくれる人の期待を裏切ってしまう不安。掛け替えのない友達や仲間を失う恐怖。身を持ってその怖さを知ったからこそ、すばるが評したゆめの良いところが鳴りを潜めてしまった。

目の前のことに全力でぶつかり突っ走る。それがゆめの良いところであり"らしい"部分。然るに停滞して動けなくなってしまっている今のゆめはらしくない。初めて怖さを知ったからこそ二度と繰り返さないために万全を期そうとする。だから自主練に励んでいるけど怖さがあるから次へとなかなか踏み出せない。不安を誰かに打ち明けて相談したくても、一番近しく共に歩んできた小春もローラも今はいない。

不安を払拭することも出来ず、だからといって具体的にどうしたらいいのかも分からない。様々な気持ちを自分の内側に留めて吐き出すことも出来ずに停滞しそうになっていたのがゆめの現状。だから忌憚のない意見を相手に言えてグイグイ踏み込んでいくことが出来るゆずやあこ、すばるなんだと思う。停滞しそうなゆめの手を引っ張り、迷う心を導いてくれる仲間達の存在。

ゆずにしてもあこにしても表向きは気の向くままに行動していて、ユニット結成の目的も自分本位のもののように映りがち。脳天気気味に己の感性に従って行動するゆずとあこの姿は今回も描かれているし、あこに至ってはすばるの情報を聞き出したいという思いが少なからずあったのも事実。でもそれ以上に二人はゆめの言動を逐一気に掛けてくれていて、時に厳しく時に優しく諭しながら接してくれているのですよね。

スカイガールと違ってそれぞれが自分の思うままに動いているように見えて、その実ゆずもあこもしっかりとゆめの異変を察し、何とか前を向いて貰いたい一心で纏まっているのが良いなぁ。自由奔放で個性や思惑も一見するとバラバラだけど、とても友達思いでその友達の為に労力を厭わず全力で向き合おうとする点で、ゆめ、ゆず、あこは共通しているのではないかと思います。

また、今回はユニットメンバーだけではなくゆめの周囲にいる人たちの存在感が抜群でした。胸中に抱えていた本音を吐露し始めたゆめの話を静かに、それでいて優しく導くかのように引き出してくれる玉五郎先生。ゆめが無名の頃から今も変わらず応援してくれているニコココ姉妹。そしてキラキラインで今この瞬間ゆめを応援してくれているファンがいる。ゆめを支えてくれる皆の気持ちや存在を感じられる。

ゆずとあこに引っ張られて顔を上げ周りを見渡してみると、こんなにもゆめを優しい気持ちで見守ってくれている人がいるのです。確かに小春やローラは自分の傍を離れた。でも彼女たち以外にこんなにも自分のことを思って後押ししてくれる人たちがいる。新たに共に道を歩める仲間もいる。それを肌で感じることが出来たからこそ、ゆめは停滞していた場所から歩み出せたのではないかと思います。

一人では駄目でも仲間と一緒なら歩き出せる。キッカケはそれでいい。ゆずやあこが引っ張り、応援して支えてくれる先生やファンがいるから再び進み始めたゆめのアイカツ。ゆずこしょうはそのキッカケ。いつか貰った元気以上の元気を支えてくれた人たちに返せるようなアイドルに。それこそが最高の恩返しでもあり、アイドルとファンの理想型でもある。

今このときだからすばるの言葉も素直に受け容れることが出来て、初めて感情的にならずに話が出来たのも意義深いよね。仲間、友人、先輩アイドル、先生、ファン。本当に多くの人たちの優しくて熱い気持ちが、止まっていたゆめの背中を後押ししてくれていたと思います。小春がいなくなってから止まっていたゆめの時間、アイカツが再び進み出したのを感じた今回のお話。


aikatsustars32_06.jpg
aikatsustars32_07.jpg
aikatsustars32_08.jpg

まさかの大逆転勝利というか予想外の結末をもたらしてくれた我らの幹部ーズ。CG化はないだろうなぁと思いつつ個人的に密かに応援していただけに、この秋フェスの決着は驚き以上に嬉しさが勝る。S4を擁するスカイガールやゆずこしょうと競っての勝利は大健闘なのですが、決してまぐれ勝ちなどではなく彼女たちが共に積み上げてきた物があっての勝利というのが良いなと思う。

幹部生として共に仕事に携わることで培われた一体感と信頼感。互いの頑張りを深く理解し合う相互関係。次期S4の座に最も近く、また打倒S4に対する思いも人一倍強いだろう彼女たちが、来たるべきその時の為に同じ思いを抱く者同士で支え合い、時間を掛けて牙を磨いてきたのです。秋フェス以前から同じ思いを共有し、研鑽を重ねてきた彼女たちが一つになった幹部ーズの勝利は、むしろ必然であったのかもしれない。

無駄なことなんて何一つない。かつて有莉先輩がゆめに贈った言葉。それを結果を出して証明したのも素敵だし、幹部ーズのメンバーそれぞれが一番親しいと思われる相手以外の人と支え合って、前に進んでいたというのは今のゆめに向けてのメッセージにもなっていたよね。

リリィがゆずと組まなかったのは、ユニットを組む以上にS4であるゆずと競い合いたい気持ちが勝ったからではないかと今だから思える。ゆずとリリィ、ミッキーの関係性は、今のゆめとローラにも通じるところがあり、ゆず達の在り方は、ゆめロラにとって一つの指針ではないかと思えます。ネタ的な面白さも凄いけど、今回の幹部ーズは物語上においても非常に重要な役割を担っていたんじゃないかな。


aikatsustars32_09.jpg
aikatsustars32_10.jpg

だから次回リリィとローラがなのかもしれないですね。ゆめと同じく現状を打破しようと必死でもがいているローラ。今回のゆず先輩がゆめを導いてくれたように、リリエンヌがローラに一筋の光明を与えてくれることに期待したい。勿論温泉デート的な意味でも…ゲフンゲフン。


aikatsustars32_11.jpg
aikatsustars32_12.jpg
aikatsustars32_13.jpg

物言いはキツいこともあるけど、ゆめのことを凄い気遣っているのが伝わってくるあこちゃんの優しさに惚れる。憧れのすばるきゅんの情報を聞くのは今回に限っては若干あれどもほぼ建前で、本当の目的は元気のないゆめをどうにかしてあげたい一心というのが堪らない。個人的に小春とも付き合いがあり、またゆめに対してハッキリと物を言えるあこちゃんだから出来る役回りだよなぁ。

そういう本心を本人には一切悟らせず、思い人のすばるがゆめと談笑してるときに、その一端をほんの少し覗かせるというのが本当に健気で良い子すぎて…。だって照れたのとは別にここでもゆめのことを思って二人の間に割って入ったりしようとしないんだもん。休学中のリリエンヌを個人的に訪ねていたゆず先輩に勝るとも劣らない友達思いな子だと本気で思う。アイカツスターズ屈指の優しい子だよ!

傷心から立ち直り初めてすばると素直に向き合えたゆめのように。あこちゃんが傷つくところはあまり見たくないけど、少しあまのじゃくな面もあるあこちゃんが自分の気持ちを素直に表して報われる日が来るといいなぁ。かなた君との関係も含めてね。何はともあれ友達思いのあこにゃんこの可愛さと優しさを存分に堪能出来て幸せすぎる~。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン)
アイカツスターズ! 第32話 ゆめちゃん秋フェスに強制エントリー^^; これもゆず先輩とあこちゃんの思いやり。 支えてくれる仲間、応援してくれるファンのために。 笑顔のゆめちゃん復活。よかった(^^) ゆず先輩の統率力がすばらしい。 すべてにストレートでオープン。 理想のリーダー像のひとつと言えましょう。 あこちゃんは登場するたびに好感度アップ♪ ゆめあこゆずのユニ...
[2016/11/18 10:04] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m