QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第34話「誰よりも真面目で実直な真昼姐さんの佇まいが格好良すぎる!」

aikatsustars34_01.jpg
アイカツスターズ! #34「おしゃれガールレッスン」

相手を真っ直ぐ見つめる真昼ちゃんだから出来ることがある。
姉である夜空にもない真昼だけの個性や強み。
aikatsustars34_02.jpg
aikatsustars34_03.jpg
aikatsustars34_04.jpg
aikatsustars34_05.jpg

再び四ツ星学園に集ったゆめ達が歩み始める新たな道のり。自分なりの答えを見つけて歩み出そうとする者、可能性を感じ今何かを掴もうとしている者。そして、未だに答えを見出せず悩み苦しみながらもがく者。それぞれが置かれている立場は様々ですが、ずっと立ち止まっているわけにもいかない。何より動き出すことで見えてくることもある。ということで今回は新しい仕事の話を持ちかけられた真昼メイン回。

夜空も連載を持つ人気雑誌「アイカツスタイルガールズ」で新たな連載コーナー立ち上げの話を貰った真昼は、改めて姉とも違う自分だけの個性に思いを馳せていたけど、それが真昼の性格やこれまでの軌跡を反映したものになっていたのが良かったなぁ。町中で偶然出会って因縁が生じたガングロギャル(死語)を真昼が導いていく過程で、彼女の変化と彼女ならではの個性がしっかりと見えてきます。

誰よりも実直で真面目で相手によって態度を変えることなく毅然とした姿勢を貫く。それが真昼のスタイルですよね。それって誰に対しても偏見を持つことなく、相手を真っ直ぐに見つめて本質を見抜こうとする人間と言い換えてもいいのかなと思います。実は見た目ほど怖くはなく、真昼のファンでもあったスーザンと、彼女の舎弟ポジのモニカとエイミー。

真昼の彼女らに対する第一印象は最悪だったと思うが、モデルとしての自分をリスペクトして姿形を真似ようとしていたことを知る。そして彼女らに請われた面こそあったけど、自分のようにキラキラしたいという女の子たちの気持ちを汲み、真昼は彼女らの奇抜なメイクや髪型に惑わされることなく自然体の魅力を引き出すべく素の部分を見抜こうとするのですよね。

最悪に近い第一印象をすぐに翻し、それを見ようとする姿勢って凄いことだと思うし、誰にでも出来ることではないと思います。これこそが真昼にしか出来ない彼女の強みで個性の一つじゃないかなと。また、ファンと目線を合わせて向き合い、共に歩もうとする姿は以前の真昼ではあまり見せなかったものでもあり、彼女の変化を感じられる部分ではないかなと思います。

夜空を追うことに一杯一杯で常に張り詰めた空気を纏い一人己を高めることに余念が無かった真昼。そんな彼女が笑顔と失敗しても楽しむことの大切さを説き、心から笑って輝いている。かつて張り詰めた空気を纏い本当の自分の姿を覆っていた真昼の姿は、メイクを塗り重ねて本当の姿が見えなくなっていたマヒラーの三人にも通じるところがある部分なのかなと思います。その意味で両者は似た者同士かもしれない。

また、そんな真昼の変化はファンとの関係性だけに留まらず、一緒に頑張るアイカツ仲間にも当てはまるのが良かった。あこと二人きりで行動することを新鮮と感じながらも楽しみ、ローラとも積極的に交流して、ゆめの様子を気に掛けている。自分だけではなく他人に関心を向けられるようになったこと。これが真昼の変化でもあり、彼女の個性をより伸ばしてくれていたように感じました。

そんな真昼の実直な面を描きながら彼女のこれまでとの変化を意識させ、彼女の個性と結びつけていく作劇が素晴らしかったです。一般人の魅力を引き出し舞台映えするほどに変化させる。これはその人の魅力的な部分を的確に見抜き、何よりそれを活かす確かな知識と技術がなければ成し得ない。この舞台の成功を持って香澄真昼が名実共にトップモデルの仲間入りを果たしたことの証左にもなっていたのが見事でした。

どんなときでも強く美しく佇む凜々しいお姿。相手を問わずに毅然としていながら優しさも兼ね備えている面倒見の良い真昼ちゃんは、まさに姐さんと呼ぶに相応しい。そんな真昼姐さんならではの個性や魅力、強さと変わってきたところを感じられる回だったのかなと思いました。姐さん呼びに満更でもない様子の真昼ちゃん、これは穏やかじゃない!


aikatsustars34_06.jpg
aikatsustars34_07.jpg
aikatsustars34_08.jpg

自分ならではの個性や強みを探し求めている最近の流れ。ときに自分で答えを見つけ出し、自分の力で踏み出さなければいけないときもあるだろう。でも常に一人で頑張り続ければ良いのかというと決してそうではなく。時に支え励まし合い、自分の道を突き進み己を高める中で志を同じくする者と高め会うこともまた大事なことなのです。

ということで今回は久しぶりに同じ場所に揃ったゆめ達が、お互いのことを気遣ったり理解し合っている描写が沢山あって微笑ましい。真昼の身を案じる友達思いなあこちゃんは安定だし、ローラも新しい仕事に邁進しようとしている真昼を気遣っているし、真昼はゆめのことを誰よりも信じているローラの本心をしっかりと理解して見抜いている。

今まで一緒に頑張ってきたアイカツ仲間達の確かな絆。その繋がりを感じることが出来て嬉しさを感じるのと同時に頼もしさも感じるのです。ゆめのことを心配してフォローしながら、彼女が一歩を踏み出すことを信じて待つ仲間達の存在が、本当に有り難いし心強いのです。


aikatsustars34_09.jpg
aikatsustars34_10.jpg
aikatsustars34_11.jpg

勢いよくいくけどいざとなると小心者なあこちゃんの反応が面白い。でもこれも余計なトラブルに巻き込まれないための処世術といいますか。何より一緒に居る真昼を危険に巻き込みたくない一心から出たものにも見えるから素敵。真昼がこういうのを見過ごせない真っ直ぐな人間であることを、あこちゃんもよく知っているだけにですね。そんな友達思いなあこちゃんの魅力は増すばかり。決してヘタレただけではない…はず!


aikatsustars34_12.jpg
aikatsustars34_13.jpg

表向きは明るく振る舞おうと努めているけど未だに小春ショックを引きずっていることは明白なゆめちゃんが見ていて辛く心苦しいですね。でも初めてのステージ失敗によって生じた周囲から寄せられる信頼に応えられない不安。自分の中に眠る未知なる力に対する恐怖。これだけ葛藤する期間が長いからこそ、ゆめの感じているそれらの感情が、彼女の中で本当に重くのし掛かっていることも実感出来ます。

まだ完全に全てを払拭できていないゆめのこれらの描写は、もう完全に次回への布石になってるけど、早く心の底から笑って周囲を巻き込みながらも全力で突っ走るゆめちゃんの元気な姿を見たいのだ!


aikatsustars34_14.jpg
aikatsustars34_15.jpg
aikatsustars34_16.jpg

アイカツ史上で見ても最短で切り替わった前OPに代わる新OP。前OPのサビ部分が恒例のCGでなかったのも、これだけ早い切り替えを予定していたからだろうか。物語の展開や節目に合わせて変更し、今後の展開を示唆するのもOPの見せ方の一つですしね。

OPから小春ちゃんが完全に消失したことに一抹の寂しさを感じつつ。ゆめロラ以外の百合ップルや1年生組4人の仲睦まじい姿を見られて嬉しさもあるのです。そんな組み合わせが多く見られるOPなだけに、一人深刻な様子のひめ先輩の姿は印象深く、これから重要な役目を担っていくだろうことを予感させてくれる。

序盤の頃から折に触れて示されてきた謎の力に纏わる一連の流れ。スターズも一年という区切りで見れば終盤戦に入りつつあるところなだけにですね。核心に迫っていくだろう今後のお話は、今まで以上に気合いを入れて見ていきたいなぁ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・イゼッタ)
アイカツスターズ! 第34話 まさかの新OPにびっくりだ! 変わるの早すぎ^^; ゆめ、ローラ、あこ、真昼の4人がメインに。 次期S4ほぼ決まりかな? 小春ちゃんがいない…_| ̄|○ OPだけ変えたのはなんか仕掛けがありそうですが。 今回の主役は真昼ちゃん。秋フェスのフォローも兼ねてたか。 得意のおしゃれでガングロ娘トリオが大変身。 めちゃモテ委員長を思い出す、真昼ちゃんのおし...
[2016/12/02 19:35] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m