QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第11話「こんなバッドエンディングなんて儂ぁ認めんぞ!」

mahoii23_01.jpg
魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン #11「選ばれし者よ! いまこそ力を合わせて囚われのプリンセスを救うのじゃ~!」

真冬ちゃんお爺さんの台詞が悉くツボる危機的状況。
あれ、これ本当にまほいいか?
mahoii23_02.jpg
mahoii23_03.jpg

予想外に続いた海回でしたが、今回は予想していた以上に緊迫感に溢れる真面目な展開!何だかんだで恒例の軽いギャグのノリで悪霊的な存在をあしらってくれるかと思いきや、まさかだいやちゃんが本気で命の危険に晒される危機的状況に陥るとは夢にも思わず。最初は前回のノリそのままにじゃれていたゆずかたちが、海中に引きずり込まれる彼女の姿を見て引っ張られるようにシリアスモードへと遷移する。

状況の変遷とキャラクターの反応の変化で緊迫感を高め、苦手意識や正体の露見を押してでもゆずかに動かざるを得ない状況を作り出していたのが見事でした。お互いの魔法の特性を活かして見事な連携を見せるゆずか&真冬の立ち回り等、過去最高レベルで魔法少女らしい活動に勤しむ姿も、緊急事態の今だから映えるし見応えもある。

水着は海の正装みたいなものという話が出ていましたが、水着を纏い水を操る魔法を用いる魔法少女ゆずかにとって、海は最も能力を発揮出来る社交場のようなものでもあると思う。本来であれば難なく乗り切れただろう局面を、しかしマスコットの謎の不調で本領を発揮出来ずピンチに陥るという、まさに魔法少女ものの王道をゆく展開をここで盛り込んできてるのが熱いし凄い。

非常事態とは言え自らの意思で変身したゆずか。「魔法少女になって何かメリットはあったの?」というちやの問いかけから始まったセカンドシーズンですが、この危機的状況を乗り越えた上で、ゆずかがそのメリットを感じられるのなら。魔法少女になって良かったと思えることがあるのなら。この危機的状況に陥った意義もあるのではないかと思いました。

まさかの最終回まで引っ張られることになった海回ですが、作品タイトルに絡めて魔法少女なんて本当にもういいのか否かを考えさせられる。そんな内容になっていたんじゃないかと。最後にゆずかが前向きな気持ちで魔法少女というものを捉えられるようになるのなら言うことなし。あくまで日常に重きを置いてきた本作。どういう風に締めるのか楽しみだ!


mahoii23_04.jpg

本作の魔法少女が珍しく本分に近い活動を頑張っているのに、肝心のサポート役であるマスコット勢がダウナー状態で足引っ張る悲しみ。ここで活躍しないでどうするんだぁ!と思いつつ。体調不良なのも悪霊の影響を受けてのものだと思うけど、途中まで実は食べ過ぎとかそんなしょうもない理由で体調を崩してただけで、今回のオチに使われるんじゃないかと思っていただけに(笑)

まさかの緊迫した状態のままで次週へ持ち越し。最後の最後で彼等にマスコットらしい見せ場はあるのか?というマスコット側の事情にも少し注目して見たい。まさか、本当に悪霊とは無関係な事情で自分が担当する魔法少女をピンチに陥れているなんてことは万に一つもないだろう。ないよね!?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m