QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第12話「私、魔法少女になって良かったです」

mahoii24_01.jpg
魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン #12「魔法少女になってよかった事」

前向きな気持ちでゆずかが導き出した答え。
そこにミトンさんが入らないのはご愛敬。
mahoii24_02.jpg
mahoii24_03.jpg

謎の幽霊少女が引き起こした騒動もそこそこに、最終回も平和で楽しい日常に重きを置いた話運びに安心する。その楽しい日常の中で起こった人命救助という非日常的要素を経て、ゆずかは魔法少女になって良かったことを初めて見出すことが出来ましたが、ゆずかが見出した魔法少女になって得たメリットが、全て彼女の日常要素に絡んだものであったのが実に本作らしいなぁと感じさせてくれます。

魔法少女になったから友達のだいやのピンチを救うことが出来た。新しく出会った真冬とポチと友達になることが出来た。友達のちやともっと仲良くなることが出来た。交友関係の広がりと深まり。それはとてもささやかなことで、他の人にとっては特別なことにもメリットにもなり得ないのかもしれない。

でも、第1期の最終話で完璧超人のゆずかが唯一晒した弱みが、友達が少ないことを気にしている彼女の交友関係にあったからこそ、魔法少女になって友達が増えたことが、ゆずかにとっては良かったことになるのだと思います。あの時はゆずか自身も本当に友達と言っていいのか迷っていたけど、今では自信を持って友達になれたと断言できているのが素敵です。

ゆずかならではの魔法少女になって得たメリット。今までは基本的にネガティブな気持ちしか持てなかった魔法少女だけど、ゆずかが最後の最後で前向きな気持ちで魔法少女を捉えてくれて良かった。魔法少女になったから出会えた人、育まれた友情。その大切な人たちと手を繋ぎ同じ物を見て同じ時を過ごす。セカンドシーズンの始めに出た問いに、ゆずかならではの答えを出してくれた最終回だったと思います。


mahoii24_04.jpg
mahoii24_05.jpg
mahoii24_06.jpg

最後くらいマスコット勢も活躍するかなと漠然と思っていたら、一部始終を見ていた一般人の記憶を消すという如何にも魔法少女付きのマスコットらしい活躍!しかしそれをやったのはポチだけ!我らのミトンさんといえば相も変わらぬ姿で、全てが終わった後に回復してやったのは、意識のないゆずかを煽るが如くの悪戯を仕掛けてちやちゃんに制裁されるという至っていつも通りの残念さなのでした。

ゆずかの言葉は花火の音にかき消されてしまっていたけど、きっとミトンにとっては悲しくなることしか言ってなかったんじゃないかなぁと(笑)一番近いポジションに居るはずなのに、唯一ゆずかから友達という確証を得られなかったミトンさん。しかし、それも止む無しとしか思えない安定の振る舞いが流石なのでした。お星様になったミトンさんに改めて敬礼!


mahoii24_07.jpg

ゆずかさんは最終話にエッチな表情とお姿を見せる決まりでもあるのだろうか。最高じゃないか!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m