QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第37話「世界観を超えて受け継がれる伝統!進化して再び蘇る新たな伐採伝説!」

aikatsustars37_01.jpg
アイカツスターズ! #37「トキメキ!クリスマス」

リリィ様のチェーンソー持ち出しはあらゆる意味で反則すぎる。
相応の覚悟を持って見たはずの自分の予想を遙かに上回る衝撃!
aikatsustars37_02.jpg
aikatsustars37_03.jpg
aikatsustars37_04.jpg
aikatsustars37_05.jpg

伐採伝説は4度蘇る!衝撃のクリスマス回再び!ということで最早年末の恒例行事となったアイカツの斧と伐採ですが、昨年は前作の集大成となる流れに入っていてクリスマスに伐採をやっている余裕がなかったために、アイカツのクリスマス回で斧を握ったのは114話のあの時以来、実に2年ぶりとなる出来事。しかし、全く色褪せることなく更なる進化を遂げて、当時の熱量をすぐさま取り戻せてしまうから凄い。

アイカツの伝統を正統に受け継ぎつつ、身体が弱いリリィが唐突にチェーンソーを持ち出し、伝統の更なる発展を促進するシーンは、そのあまりの唐突さとぶっ飛び具合に、初めて斧と伐採を披露した伝統の創始者たる星宮いちごの姿が重なるところですが、普通であればネタにしかならないシーンに、伝統を踏襲しつつも発展していくことの重要性を説くというメッセージが込められているのが素晴らしい。

いちごが冬の山中に斧を担いで赴いたのも、同級生アイドル中山ユナの思い出を再現するという物語上の明確な理由があったように、今回の幹部ーズとリリィの伐採にしても、これまでの積み重ねを大事にする一方で、変化していくことの重要性を説くものとして機能している。それは、前進し始めた今回のゆめ達の様子を指してもいるし、前作を大事にしつつもスターズの独自性を出し、より差別化を図ることを示しているとも思う。

普段アイカツを見ていない人にすら認知されるようになった恒例の伐採。その強烈なネタを通して瞬間的な面白さと作品の方向性の提示を両立させていたのが見事でした。リリィの言うとおり伝統を守ることも大事だけど、受け継がれてきた伝統を発展させていくことも大事なのです。変化することを恐れず誰も歩んだことのない道を進む。その先にこそ誰も見たことのない新しい可能性が広がっているのです。

それは、本作で描かれてきた「個性」にも通じるところ。ネタ的な意味合いでパワーアップしても大事なところは揺らがない。改めてアイカツの良さを感じると共に、来年以降のアイカツスターズに期待を持たせてくれる。そんな年内最後の回だったのではないかと思いました。

そんな感じで真面目なことも書いたのですが、やっぱり今回の伐採はアイカツをずっと見てきた私にとってもかなり衝撃的で、予想を遙かに上回る自由奔放ぶりに笑いが止まらなかったのも事実。だってまさかチェーンソーを持ち出してくるとは夢にも思わないし、よりによってそれを持ってきたのが身体が弱く、神秘的なイメージを纏っていた我らのリリエンヌですよ?

登場当初は伐採とは一番無縁なキャライメージだっただけに、そのギャップも破壊力を増すのに一役買っていた。まさかツンドラの歌姫の二つ名が示すように、冬になって寒くなれば寒くなるほど、リリィ様は健康的になってより過激な行動を取るようになるとでもいうのか…。ともあれ年末年始で大暴れするリリィ様に期待せずにはいられない。


aikatsustars37_06.jpg
aikatsustars37_07.jpg

輝きたい衝動に素直でいよう~♪今回の伐採を思う存分に楽しむことが出来たのも、長いこと立ち止まっていたゆめが、持ち前の行動力と本来の姿を取り戻し、その胸の内から溢れる抑えきれない衝動に素直に従って、皆を率先して引っ張り全力で駆け抜けてくれたからこそだよね。様々な変化の兆しを感じられる今回でしたが、その中でも一番それを感じさせてくれたのは、やはりゆめちゃんだったと思います。

S4やM4のライブ、幹部ーズ主催のクリスマスパーティーと同日ながらも自分たちだけのライブを行うために奔走する姿。会場が押さえられなくても諦めずに可能性を模索し続ける姿は、これまでの草の根アイカツが実を結んでいるところだなと感じるし、洋菓子店の娘としての視点から、自分たちのライブならではの要素を盛り込もうとする姿は、これまでの経験と独自性の創出という要素が備わっているように感じる。

自分たちのステージを準備する過程で、ゆめの伝統と発展という二面性を感じることが出来る話運びだったように思いました。S4のライブに目を向けずに自分だけのライブを行うところは、憧れのひめの後追いをやめて自分の道を歩み始めたゆめの姿を表してもいると思うし、すばるとの関係性の変化の兆しにしても、ゆめの内面的精神的な成長を感じられるところかなと思います。


aikatsustars37_08.jpg
aikatsustars37_09.jpg
aikatsustars37_10.jpg

あれだけの苦難や葛藤を乗り越えてきたからこそ、高いプロ意識を覗かせ始めたゆめの言動や行動が感慨深く映る。現状に満足せずトップアイドルであるM4のすばると同じように高みを目指す視線。憧れのひめ先輩のようにではなく、あの星のように誰よりも高いところで誰よりもキラキラ輝く。ゆめならではの目標と歩んだ道のりの先にあるものをしっかりと見据えている。

簡単な道のりではないけど諦めない。輝きたい衝動に素直に、いつかアイドルの一番星になる。アバンの始めの台詞でもあるけれど、これまでの話の積み重ね=伝統と、これから先に向けての変化=発展を予感させる、ゆめちゃんとすばるくんの一幕であったのではないかと思います。


aikatsustars37_11.jpg
aikatsustars37_12.jpg

そういう話の大筋とはまた別に、今回のすばるとゆめのやり取りは、カップリング的な意味合いでもニマニマ出来るところ。輝きたい衝動とはまた別かもしれないけど、あれだけ反目して感情的になっていたすばるを相手に、ゆめが名前を呼んで話をちゃんと聞くのも、彼が高い意識を備えるアイドルであると遅まきながら感じ始めたからなのかもしれない。

今回の副題はゆめ達というより、どちらかというとM4に、特にすばるくんに掛かっている感じもあるよね。今までよりも更に明確にゆめちゃんのことを意識し始めたすばるくん。今後彼がどのように「発展」していくのか。ゆめちゃん達の動向と同じくらい楽しみにしていきたい。現役の男性アイドルを出したスターズの独自性にも更に期待したい。今回はM4の存在感も抜群でした。

ゆめちゃんのゆでたこ返しにも最高にニマニマしてしまう。言いようにあしらわれていたこれまでと異なり、反撃が出来る余裕を持てるようになったのも、ゆめちゃんの成長の表れなのかもしれませんね。今年最後にいいもの見せてもらいました!ありがとうアイカツスターズ!


aikatsustars37_13.jpg
aikatsustars37_14.jpg

あまりにも濃い回で全てに触れるのは難しいので最後に一つだけ。突然の一時帰国でまさかの再登場を果たし、小春ちゃんよりも先に帰還したハルカ☆ルカの存在感の強さに、相変わらず圧倒されてしまう。自らクリスマスプレゼントの箱の中に入り、颯爽と登場する様は、伐採とはまた違った狂気を感じさせてくれる。忘れようとしても忘れられない存在感!

おそらく計算ではなく天然でこれをやっているハルカ☆ルカの底知れなさを改めて感じるのと同時に、他にはいない強烈な「個性」を放つ彼女の可愛さにまた魅せられるのです。リリエンヌより彼女が伐採した方がまた違和感ないかなとか一瞬思ったけど、そもそもアイドルが斧やチェーンソーを持ってること自体が異常だった。いかん、感覚が麻痺している…!


aikatsustars37_15.jpg

ということで今年のアイカツスターズの放送もこれにて無事終了!今年は長らく続いてきた前作がグランドフィナーレを迎え、キャラも世界観も完全に刷新された本作が始まり、アイカツシリーズにとっても大きな転機を迎えた年であったと思います。

最初はシリーズの移行に伴う変化が怖くもありました。しかし、今回の話じゃないけど良い意味で前作の良いところを踏襲しつつも独自性を出し始めたスターズも楽しめていて、自分の心配が杞憂に終わったことに安心もしているのです。感想の方も妄想勘違い型ながらも無事に完走することが出来て何より。来年以降、ますますパワーアップしていくアイカツスターズに期待したい!

それにしても2年前と同じクリスマス伐採回で同じような総括を書いている自分は何も変わっていなんだなぁとしみじみ。だけど、アイカツも本質的な部分はそんなに変わってはいないんじゃないかとも思う(笑)

何はともあれ最高に近い形で終わった年内ラストの放送。ゆめちゃん達がカロリーの悲劇に陥らないことを祈りながら、2016年のアイカツ感想を締めたいと思います。とても可愛いゆめサンタに見送られつつ、少し早いかもしれませんが皆様よいお年を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン)
アイカツスターズ! 第37話 「樅の木を斧で切ってツリーにするのが学園の伝統なのに」 斧が四ツ星学園の伝統になってたwww 幹部生が斧担当みたいです。気合の一撃をこめますが。 斧が折れちゃった! 有莉ちゃんたち大ぴんち。 何やら機械音が。万策尽きたかと思われたその時。 リリィ:「伝統を守るのも大事。されど伝統を発展させていくことも大事!」 チェーンソー持ってリリィちゃん現るww...
[2016/12/23 20:59] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m