QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第39話「追い求めてきた夢の実現!リリィと支えてくれる仲間の力の結実!」

aikatsustars39_01.jpg
アイカツスターズ! #39「四ツ星学園、危機一髪!?」

自らの努力と仲間の協力を得て掴み取った夢!
それでも夢を追うリリィのアイカツはまだまだ終わらない!
aikatsustars39_02.jpg
aikatsustars39_03.jpg
aikatsustars39_04.jpg
aikatsustars39_05.jpg

羽目を外しすぎて四ツ星学園を経営危機の状態に陥れていた学園長には多分に突っ込みたいところだけど、経緯はどうあれ自分のブランドを立ち上げる機会を期せずして得たリリィにとっては、今回の話はまたとない好機でもあったわけです。本来であればS4にならなければ持つことが認められない自分のブランド。棚からぼた餅的な流れで手にした好機は、言わば夢を前倒しで叶える機会を手にしたに等しい。

しかし、巡ってきたチャンスを活かすも殺すも結局はその人次第なのですよね。如何に機会が巡ってこようとも、目標もなく日々を怠惰に過ごし、その時に備えていない者が、それを掴み取ることなど到底叶わない。夢や目標に向かって日々邁進し、己を磨き続けてきた者にのみ最後にそれを掴む権利は与えられる。そして、誰よりも真っ直ぐ自分の夢に向かって突き進んできたのがリリィなのです。

故に自分の力で頑張ることはとても大事。予選を突破しながらも体調を崩して苦しくなった時に、残り時間僅かの中でリリィが素晴らしいドレス案を仕上げて見せたのは、これまでひたむきに頑張ってきた彼女の真摯さと積み上げてきたものがあってこそ。他のアイドルと比べて健康面のハンデを抱えているリリィだからこそ、自分の力で成し遂げたいという思いは、人一倍強いものがあるのだと思います。

でも、そんな彼女だから周りの友人や仲間に支えられてきたのも事実なのですよね。常にリリィのことを気に掛け、避暑地で療養している期間でも会いに来て励ましてくれたゆず先輩。リリィと同じく昨年のS4戦で惜しくも敗れ、その悔しい気持ちを共有しながらも、お互いの存在を励みに幹部ーズとしても頑張ってきた有莉ちゃんとミッキー。

彼女らの存在がなければ、如何にリリィ様と言えども途中で心折れていたかもしれない。ここまで頑張ることは出来なかったかもしれない。時に支えとなり応援してくれる彼女たちがいたから、リリィは自分の夢に向かってここまで頑張ることが出来た。リリィが頑張れたこと自体が、周りにいる人たちの存在と協力あってのものなのだと思います。リリィ自身の力と皆の力があって掴むことが出来た夢なのです。

本人にその気はなくともリリィが手助けし導いてあげたゆめとローラが、今度はその彼女のために背中を押してくれたのは、その表れではないかと思う。ゆめとローラの時に他でもないリリィ自身がそうしてくれていた。そのリリィに対し、今度は彼女らが返してくれたのです。支え合う仲間がいるから自分を高めるために頑張れる。皆で歩むアイカツという感じが出ているのが本当に堪らない。

過去の偉人の名言。その引用ではなくリリィ様自身の言葉で今の気持ちを言い表したところに、彼女が心の底からそう思っていることを感じられる。何もしないで助力を求める甘えとは違う。たゆまぬ研鑽を積み続け、誰もが認めるリリィだから皆は支えたいと思うし力になってくれる。リリィと特に繋がりの深い面々が、彼女の夢が叶う瞬間に立ち会えたことの何と素敵なことだろうか。

来たるS4戦に向けて改めて揺るがぬ強烈な個性を示したリリィは手強いライバル。また、一つの夢を叶え新しい夢を見据えて動き出そうとしている彼女の言葉や姿勢は、今後のゆめ達にとってもとても大切なことを示してくれている。物語に変動を与えるキーパーソンとして、周囲に影響を及ぼすことが多い彼女の存在感が際立っていた回だったと思います。


aikatsustars39_06.jpg
aikatsustars39_07.jpg

トップを取るために着るプレミアムドレスではなく、トップを取ったことを証明する為のプレミアムドレス。リリィのプレミアムドレスに対する前作とのスタンスや考え方の違いが興味深い。また、特例措置でS4戦を待たずしてブランドを持ったが故に、ひめと相対して去年の雪辱を果たしS4戦を制した上で、然るべき手順を踏んだ後に着用するというアイドル白銀リリィの信念の強さを見た思いです。

一つの夢の実現は新たな夢に向かう道のりの始まり。S4戦の更に先を見据えて歩むリリィの姿勢は、ゆめやローラにとって大切なことを教えてくれている。S4戦は大事だけどそれが全てではない。昨年のS4戦で一度は夢破れ、それでも前を向いて歩み続け夢を叶えた先輩。歌組の先輩と後輩の間で連綿と紡がれるシャイニングラインを感じられるような気がして本当に良いなぁ。


aikatsustars39_08.jpg

夢を叶えたリリィ様にゆめとローラが贈った青の薔薇には、「神の祝福」「奇跡」「喝采」「不可能を成し遂げる」「神秘的」といった花言葉の意味があるそうで。36話でホタルさんがゆめちゃんに贈ったのは黄色の薔薇でしたが、あの薔薇で「励まし」を受けたゆめちゃんが、この青い薔薇をリリィ様に贈るっていうのがまた堪りませんな!まさに今のリリエンヌの為にあるような花ではないかー。


aikatsustars39_09.jpg
aikatsustars39_10.jpg
aikatsustars39_11.jpg

羽目を外しすぎた諸星学園長の言い訳の数々が面白すぎる。自信満々に「問題は全て解決!」と強気に言い切ったかと思えば、反面「電気代は払っているはずだ」と自身なさげな台詞が飛び出したりしてもうズルい。中盤の頃まで漂わせていた威厳は消え去り、ネタキャラ街道を突っ走り始めたような気がするけど大丈夫だろうか。アンナ先生の呆れた顔が全てを物語っていたような気がする。

その財政難に陥った原因が、劇場版の舞台であるアイカツアイランドに巨額を注ぎ込んだからとのことですが、その劇場版アイカツスターズの円盤発売が迫ってきたこの時期に、これを入れてくるところに上位世界の見えざる思惑を感じずにはいられない。このタイミングで入ってきた宣伝CM。四ツ星学園の財政危機を救うためにも、ここは予約して買うしかない!という熱い宣伝。

ちなみに私は既に予約済みなので発売日が楽しみなのです。ともあれ無事に優勝してスポンサー契約を取り付けてくれたリリエンヌに学園長はもう頭が上がらないだろうし、今回の件に関してはホタルお姉ちゃんにみっちり叱ってもらって反省してもらわないといかんですな!しかし、もうこれ初見の時の気持ちでアイカツアイランドを見直すの難しくなってきたかもしれない(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・One Room・うらら)
アイカツスターズ! 第39話 学園長が意外とダメダメだった件^^; 経理関係はしっかりしてる人だと思ってましたが。 学園存続ピンチになるくらいお金がにゃいヽ(;´Д`)ノ 起死回生の一手が新ブランドのオーディション。 優勝すればスポンサーもゲットだぜ! って、学生頼みかい学園長ヽ(;´ω`)ノ たまたま話を聞いてたリリィちゃんが名乗りを上げ、学園代表に。 自分のブランドを...
[2017/01/13 17:59] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m