QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

うらら迷路帖 第4話「物事の良い悪いを決めるのは自分自身なんだから」

urara04_01.jpg
うらら迷路帖 #04「良いこと悪いこと、時々くすぐったい」

それは温かくて素敵なおまじない。
urara04_02.jpg
urara04_03.jpg

うららを目指す以上は、占いに纏わる知識や事象を重要視することも凄く大切なこと。でも紺が言っていたようにそれに引きずられすぎるあまりに、物事を何でも悪い方向に捉えることは落とし穴でもある。吉兆と凶兆。一般的に善し悪しでどちらかに区分されているものであっても、観測者によって捉え方はまちまち。そして、それはうらら見習いである千矢たちとて例外ではないのです。

例えば不吉の象徴とも言うべき黒猫は、千矢にとっては愛でるべき対象であり、実際に触ってみたら他の三人も癒やされてしまうし、吉兆を表す朝蜘蛛を見て千矢は素直に喜んでいても、他の皆はニナも含めて若干引いてしまいます。一般的には綺麗とされている花火にしても、それを知らない千矢は小梅からの伝聞で不気味なものを連想し、最初は何か怖いものと捉えて怯えていたわけです。

いつもは千矢の傍で安心感を得ていたノノにしても、今回はマツコさんを持っていなかったことで、雰囲気の似ている紺に抱きつき安心感を得ようとしていました。これも通例から外れた行動の表われの一つだと思います。何が言いたいのかというと、一般的に体系化された吉兆と凶兆を示すものがあろうとも、それらはその人が置かれた立場や状況、考え方一つで如何様にも変化するということなのです。

伝える側にしても受け取る側にしても、先入観や体系に固執しすぎることなく、柔軟な姿勢で物事を前向きに捉えることが大事なのかなと思います。後半のほくろ占いのエピソード。ノノは憧れの姉のように肩甲骨の下にほくろがないことを残念がり、ずっと背中に隠れていたことを気に病んでいた。でもニナからすればそれが前を向いて頑張る力を与えてくれていたのです。

同じ事象であっても視点が変われば、捉え方が変われば物事の善し悪しは、真逆にも入れ替わるという好例ではないかと思うわけです。画一的なものはなく捉え方も人や状況。その時々によって絶えず変化する。だからこそ、その人に寄り添い柔軟な思考でもって、迷いや苦しみを抱える人の背中をそっと押し、ほんの少しでも前向きな気持ちになれるよう手を差し伸べる。それこそがうららの本懐なのではないかな。

人と人の触れ合い。その温かさが前を向く力をくれるというのは、今回の話の色々なところに表われていて良かったなぁ。雷が苦手だったノノは、一緒に修行を頑張る仲間達と共に見ることで、それが怖いものではなくなり、ノノと千矢の触れ合いはノノに前を向く気持ちを与えてくれた。ニナに前を向く力をくれていたのも、背中のほくろそのものではなく、彼女が背負い触れ合っていたノノの存在でした。

大切な人と触れ合うことで得られる前向きな気持ち。物事の捉え方の変化。人の温もりが力をくれる。そんなおまじないの優しさと温かみが素敵なのです。背中にそっと添えられる手の温かみや、後押ししてくれる存在の有り難みを改めて感じることが出来る回だったのではないかと思いまする。今週も良いお話だったな~。


urara04_04.jpg
urara04_05.jpg

この肌色率の高さこそが私にとっては何よりの吉兆である(台無し)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さんこんばんは。

物事の良し悪しを決めるのは自分自身。
ん~なるほどそうかもしれませんね。
考え方ひとつで如何様にも変化する、
自分も考えを改めようと思いました。
ノノが少し強くなったようでよかったです。
[ 2017/01/30 22:03 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
究極的にはポジティブシンキングの一言で収まってしまいそうなところですが、
難しく考えすぎて変な方向に捉えるよりもシンプルに受け止め前向き姿勢の方が楽しいですもんね。
うららを目指す以上は善し悪しの両面から見ることも重要なことだと思いますが、
それでもせめて普段の生活の中では千矢たちも良い方向に物事を捉える生き方をして欲しいなぁと。
コメントありがとうございました!
[ 2017/01/30 23:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

うらら迷路帖 第4話「良いこと悪いこと、時々くすぐったい」 感想
うらら迷路帖、アニメ第4話見ました。見たいアニメがないわけではないんだけど、今のところうらら迷路帖しか今期のアニメを見ていないので、感想もうらら迷路帖しか書けないし、他 ...
[2017/02/01 23:58] くろくろDictionary
うらら迷路帖 第4話 「良いことと悪いこと、時々くすぐったい」 感想
なりたいノノになれるように/うらら迷路帖4話感想
 ノノの背中にいてくれるのは。 >雪光さん >>イベントそのものが占いであり、それが千矢達を導くものとなっているとすると、本作のテーマにも合致していて良いなと感じます。  別々の話を30分にまとめるのはスタッフのセンスの問われるところですが、ストーリー性のある本作で上手く組み合わされているなと思います。4話はこれまでの積み重ねとも繋がっていて、お話というより4人の関係がちゃんと...
[2017/01/28 16:06] Wisp-Blog
うらら迷路帖 四占 『良いことと悪いこと、時々くすぐったい』
雨宿りの為に入った古いお堂で思い出した 今日の不運。 雪見小梅は、お茶碗を割り。 巽紺は、手鏡を割り。 しかし、巽紺のは落として割れたのではなく 手鏡を見ていたら、割れてしまった。 これは呪詛なのか? そして、棗ノノは下駄の鼻緒が切れる。 不運の止めは、千矢。 お堂で黒猫まみれ。 しかし、これは灌漑用によっては 不...
[2017/01/28 13:28] 奥深くの密林
うらら迷路帖 TBS(1/26)#04
四占 良いこと悪いこと、時々くすぐったい 急な雨で古いお堂に雨宿りする4人。でも千矢は雨の中を大喜び。今朝から凶兆があったと思う紺は怖がり。小梅は茶碗が割れた。紺は手鏡が割れた。ノノは下駄の鼻緒が切れた。千矢には黒猫が群がっていた。 実はニナの授業で吉兆、凶兆を学んだ。凶兆の時はどうすれば良いかが宿題になってしまった。猫は温かいよと千矢が勧める。凶兆な事象の次には次々に悪いことが起こるの?雷...
[2017/01/28 00:10] ぬる~くまったりと
うらら迷路帖 四占 良いこと悪いこと、時々くすぐったい
みんな下着も可愛いんだよ!!
[2017/01/27 23:58] ゴマーズ GOMARZ
うらら迷路帖 #04 「良いことと悪いこと、時々くすぐったい」
今週もカワカワ、しかも良い脱ぎっぷり。 「うらら迷路帖」の第4話。 突然に雨に降られて廃墟に逃げ込む四人。 ついてないと吉兆、凶兆の授業のことを思い出す。 さらに雷も鳴り出してノノは紺の袴の中に逃げ込む。 しかし目線を変えて友達と光る雷を見てみると・・・その美しさに目を奪われる。 やがて雨も上がって、ついてないことなんてすっかりと忘れて帰路につく四人。 黒子の占い...
[2017/01/27 23:57] ゆる本 blog
うらら迷路帖 第4話 「良いことと悪いこと、時々くすぐったい」
「みんなと一緒ならどんなことも楽しくなっちゃうの♪変かな?」 わたしはすっごくついてるよ♪ 周囲で不吉なことが続いてもそれを上回るわくわくを見つけてポジティブに楽しむ千矢が尊い。これは『あんハピ♪』のはなここと花小泉杏の思考と似ているところがあってよく考えたら意外と近い物語性もある作品なのかもしれない。あんハピEDの「明日でいいから」をうららのユニットでカバーしたらそれはそれでこ...
[2017/01/27 19:22] ムメイサの隠れ家
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m