QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第42話「最高に眩しく輝く幼馴染み!ゆずとリリィの関係性が素敵だ!」

aikatsustars42_01.jpg
アイカツスターズ! #42「幼なじみのふたり」

正反対の個性を持つから互いをより引き立て合える素敵な関係。
ふたりなら最強でしょでしょ!
aikatsustars42_02.jpg
aikatsustars42_03.jpg
aikatsustars42_04.jpg
aikatsustars42_05.jpg

一番長い付き合いで誰よりも近くに居続けたから分かる相手の凄さ。そんな幼なじみ同士のゆずとリリィが、本当にお互いのことを特別に思っていることがヒシヒシと伝わってくるのが素敵。どちらも本当は幼き日に交わした約束を果たしたいと願っているのにも関わらず、特別で大切な相手のことを思っているからこそ身を引こうとするところまで通じ合っている。ゆずリリマジ尊い。

体が弱く室内で静かな時間を過ごすことが多かった幼少期のリリィにとって、常に明るく元気で広い世界に飛び出して行くゆずの姿は、本当に眩しく映ったのだと思います。リリィがゆずを太陽と称する気持ちも凄く分かる。引け目を感じていたわけではないけれど、それでもゆずと真逆の自分にゆずが合わせることで、太陽のような彼女の輝きを曇らせてしまうのではと不安を抱く気持ちも分かるのです。

本当は一緒にステージに立ちたいのに素直になれない。でもそれは自分の為ではなく相手のことを思えばこその行動でもあります。そして、それはリリィだけでなくゆずも同じなのですよね。舞組の皆やミッキー&サーヤとも違う特別な存在。パートナー候補にリリィの名が出たときの本当に嬉しそうな表情と声音。丁重に断られたことを知った時の寂しさと残念さの入り交じった顔。

約束を果たしたいという自分の気持ちもあるけれど、ゆずはリリィがハンデを背負いながらも、人一倍の努力を重ねて頑張ってきたことを誰よりも知っている。そして夢を叶えて自分の道を歩み始めようとしている幼なじみの姿を見届けてもいる。そんなリリィが自分に合わせることで、進み始めたリリィの歩みを止めさせたくないというゆずの気持ちも分かるのです。どっちも相手のことを知り大切だからこその対応。

自分に言い聞かせるように明るく振る舞うゆずの姿は、それだけに印象深い。どちらも本当は幼き日の約束を果たしたいのに、相手のことを思うから引き下がって素直な自分の気持ちに蓋をしてしまう。性格や個性は正反対でも、どこまでも似た者同士のゆずリリが微笑ましく、それだけにもどかしい。そんな二人の間に同じく大切な幼なじみを持つゆめが立ってくれたのが良かったなぁ。

小春と同じステージに立つことなく訪れてしまった別れ。それでも変わることのない願い。それだけに今一緒に居られるのにそれをしようとしないゆずとリリィの姿は、ゆめから見てももどかしさを感じるものがあったんだろうな。自分たちと似た境遇を持つゆめの言葉だからリリィの胸に響いたのだと思う。ゆめの素直な気持ちがリリィの素直な気持ちを引き出すというのが堪らない。

確かに正反対なゆずとリリィ。しかし、そんな異なる個性を持つ二人だからこそ、互いの良さを引き立て合うことだって出来る。組の垣根を越えたゆずリリの共演が、自分の個性を持つことの大切さを改めて示してくれてるのも良いよね。以前のゆめが学んだように憧れの人を追うことは悪いことではないが、それだけではいけないことをミッキーやサーヤにも教えてくれていた。

性格や個性は真逆な二人。でも相手のことを誰よりも深く理解し、思い合う二人は似た者同士でもあるのだと思います。リリィにとってのゆずが太陽であるように、ゆずにとってのリリィが太陽であるのもその表れのように感じられました。特別な間柄にあるゆずとリリィの関係性、幼なじみという枠組みでのゆめの絡ませ方。そこに舞組ならではの要素が合わさった素敵な回だったと思います。


aikatsustars42_06.jpg
aikatsustars42_07.jpg
aikatsustars42_08.jpg

交わした約束と大切な人に今も向ける特別な思いという点で、ゆめと小春の幼なじみ関係に触れてくれて本当に嬉しい。不本意な形でお別れすることになってしまったからこそ、ゆめは自分の気持ちに素直に従って動くこと、一緒に居られる今この瞬間を大事にすることの重要性を、誰よりも身に染みて知っているもんね。会おうと思ってもすぐには会えない所に小春が行ってしまっただけに余計に。

サブタイトルの「幼なじみのふたり」が、ゆめと小春の関係にも掛かっているのが素敵すぎる。長い年月を経て幼少期に交わした約束を実現したゆずリリのように。ゆめと小春の約束が実現する日が訪れるといいよなぁ。というか本当にそうなって欲しい!ふたりなら最強。劇場版でゆめとローラが導き出した答えは、幼なじみ同士の関係にも当てはまる世界の真理だったのだなぁ。


aikatsustars42_09.jpg
aikatsustars42_10.jpg
aikatsustars42_11.jpg

幼なじみではないかもしれないが、ふたりなら最強という意味ではミッキーとサーヤコンビも良かったなぁ。一人では無理でも二人で何とかゆずのパートナーを務めようとする姿は、ローラが言っていた足りない部分を補い合うを体現してくれていた気がする。ゆずリリ幼なじみ回でもあったけど、S4戦に向けて舞組の回にもなっていたのは、彼女たちの存在あればこそですなぁ。

今の時期は四ツ星学園の生徒全員がS4戦に向けて、いつも以上にアイカツに励んでいるという旨の発言がありましたが、日々のアイカツを通して大切なことを学んでいるのはゆめ達だけではないのですよね。ライバルは同学年のアイドルだけに非ず。S4戦に向けてリリィや有莉ちゃん先輩以外の幹部勢。より手強くなるライバルの台頭を予感させる今回のミッキー&サーヤなのでした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン)
アイカツスターズ! 第42話 思い出したように入るゆずリリィほっこりエピ。 ロリ時代から大の仲良し、現在組は違えど息ぴったり。 ゆずっちのベストパートナーはリリィちゃん! 改めてそう感じる二人のステージでした。 久々ゆめちゃんの口から小春ちゃんの名前出る! ワンカットでも本編で小春ちゃんが画面に出たのはうれしい。 ゆずリリィと同じくらい固い絆のゆめこは。 アイカツスターズ...
[2017/02/03 15:45] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m