QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第137話「プリパラに来て変わったらぁら達の世界!夢はもう夢じゃない!」

pripara137_01.jpg
プリパラ #137「決戦!神アイドル」

競い合い高め合うことで辿り着いた頂の景色。
神アイドルグランプリ決着!?
pripara137_02.jpg
pripara137_03.jpg
pripara137_04.jpg
pripara137_05.jpg

先行不利の法則も何のその。ライバルチームとの熾烈を極める激戦を制し、そらみスマイルが遂に掴み取った栄冠!しかし、最後までどちらに傾いてもおかしくはない。互いに全てを出し切った集大成となるパフォーマンスの披露と、それを見届けたファンたちによる投票結果の一進一退の攻防にハラハラドキドキ。そして何よりワクワクさせられた。

互いに力を認め合う最高のライバル同士。ここまで来たらもう言葉は要らない。持てる自分の力と思いを全てステージの上で両チーム共に自分たちの代表曲とも呼べる楽曲を用い、これまでの自分たちの軌跡を振り返るメイキングドラマを用いて、一番始めの頃の自分たちの姿と、今の変わった自分たちの姿の差異を演出していたのも素敵でした。

両チームの中心人物たるらぁらもシオンも、始めはプリパラに一人でやって来たところから全てが始まった。そしてどちらも最初はアイドルとは縁遠い存在であったところまで同じなのですよね。セインツを始めとしたプリパラアイドルに憧れつつ、母親譲りの大声を気にして人前で歌うことが出来なかったらぁら。囲碁の世界に身を置きアイドルとは無縁の道を歩んでいたシオン。

どちらも元々は神アイドルとは縁遠い。とてもその座を巡って最後の決勝で競い合いを演じるような人物ではなかった。そんな二人がプリパラに来て仲間たちと運命的な出会いを果たし、良い方向に変わったからこそ、ここまで来ることが出来たのだと思います。始まりを同じくし境遇も似通っている両チームの中心人物。だから最高のライバルで最高の仲間になり得るのだと改めて思えます。

今回の勝敗は本当に僅差での決着だったけれど、互いを認め合う似通った二つのチームが、最後の最後まで競い合い高め合ったからこそ、神コーデの解放に至ることが出来たのではなかろうか。どちらのチームが欠けても、いや、グランプリに関わった誰一人が欠けても、この高みに至ることは出来なかったのではないかと思える。出会いがもたらす可能性の変化はそのくらい大きなものなのだ。

出会いが人の運命を大きく変える。優勝したそらみスマイルの前に降り立ったジュリィとジャニス。彼女らに勝利しなければ神アイドルになれないという展開は、ある意味でお約束ではある。しかし、最後の試練として立ちはだかった女神姉妹にしても、らぁらたちと出会い触れ合うことで大きく変わりました。特にジャニスはそれが短期間で顕著に表われた人物でもあると思います。

何より女神越えをしなければ神アイドルになれないという展開は、子育てを大きな要因としてきた神アイドル編の性質を反映したものでもあると思います。長きに渡ってプリパラアイドルを見守ってきた女神は、いわば彼女たちにとっての母に等しい存在。その親を越えて子が真に一人前となるというところに、子育てをテーマにしてきた神アイドル編の図式が見えた気がしました。

普通の子だったらぁらが仲間達と出会い競い合って辿り着いた境地。最後の勝負はそらみスマイルだけでなく、グランプリに参加して敗れていった他のチームの思いも背負った戦いになるだろう。今までプリパラでの活動を通して彼女たち全員が積み重ねてきたものは、果たして女神の領域に届きうるのか。最後の対決はそういう意味合いを含んだ勝負なのではないかと感じた次第。

みんなの思いが奇跡を起こす。ならば全員の思いを背負い皆を代表して戦うそらみスマイルとの勝負の果てに、女神ジュリィ消滅の危機を回避する奇跡も起こるのかもしれません。神アイドルの誕生とジュリィ消滅の危機。まだまだ予断を許さない勝負の行方を、最後まで余すところなく見届けられたらいいなと思います。


pripara137_06.jpg
pripara137_07.jpg
pripara137_08.jpg
pripara137_09.jpg

そらみスマイルとドレッシングパフェの集大成となるライブは、本当にこれまで積み上げてきたもの全てを見せる集大成としてのステージに仕上がっていて感慨深い。一番の見せ所であるメイキングドラマが、両チームとも同様の性質を兼ね備えていたものになっていたのも、両チームが同じ極地に達していたことを感じさせてくれる。本当に双方の差は僅かなものだったのだと。

何より出会うことで広い世界への扉が拓けたそらみと、ウェスト姉弟に出会うことで世界が色づいたドレシ。両チームのプリパラにおける世界の始まりを感じさせてくれるメイキングドラマに感無量。夢はもう夢じゃない。三位一体の力。プリパラの物語の成り立ちや両チームの強みがどこにあるのかも感じられる。まさに決勝を争うのに相応しいメイキングドラマだったのではないだろうか。


pripara137_10.jpg
pripara137_11.jpg

勝負の世界は時に残酷。戦った相手を称賛する者あれば、真剣だったからこそ悔しがる者もあり。ということで勝つまでやると涙ながらに言っていた駄々っ子ドロシーが可愛かった。そんな最高のライバルで仲間でもあるドレッシングパフェの思いも背負って、そらみスマイルには最後の勝負を頑張って欲しい!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第137話感想
 「プリパラ」第137話「決戦! 神アイドル」の感想です。
[2017/03/09 19:58] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・信長の忍び)
プリパラ 第137話 今回久々にチェンジ前の南委員長を見たような^^; エンド提供のきれいなあじみ先生に吹いたww 神アイドルGPもいよいよ決勝戦。 オープンカーでパレードして会場入りとは豪華。 そらみ先攻は意外でしたが、変化球できましたよと。 同点で再ライブかと思いきや、一気に巻き展開。 超僅差でそらみがドレシを破り優勝。 神コーデ開放おめ! しかし本番はこれからでした。 ...
[2017/03/08 15:24] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m