QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第47話「香澄姉妹が互いに抱く感謝の気持ち!夜空と真昼の美しき姉妹愛!」

aikatsustars47_01.jpg
アイカツスターズ! #47「香澄姉妹、対決!」

憧れて追いかけ続けた存在を超える瞬間。
夜空と真昼は最高の姉妹で最高のライバル。
aikatsustars47_02.jpg
aikatsustars47_03.jpg
aikatsustars47_04.jpg
aikatsustars47_05.jpg

数ある組の中でも姉妹対決という独自要素を備えている美組。当然周囲は四ツ星学園史上初の姉妹対決という見方をするけれど、当事者である真昼と夜空はステージ上においてあくまで香澄真昼と香澄夜空という個々人として相対していたのが印象深い。互いに姉妹であり好敵手。特別な間柄にある二人の姉妹性だけでなく、ライバルとしての側面も丁寧に描き決着させてくれたことに感謝しかない。

正直なところを言えば真昼の姉超えはもう少し先のことになるのかなと個人的には思っていたので、この展開は私にとっては意外性のある展開でもありました。でも夜空の卒業と彼女自身の今後の展望を鑑みると、やはりこのタイミングしかなかったのかなとも思えます。夜空の四ツ星入学を機にすれ違いが生じ、紆余曲折を経て和解に至った香澄姉妹の物語があっただけに余計にですよね。

あの時は言葉足らずでお互いにすれ違って悲しい思いをしてしまったけれど、今回はもうあの時とは違う。姉の更なる道行きへの門出を祝福する真昼と、自分を超えてくれたことを称賛する夜空。お互いの思いをハッキリと口に出して言葉で伝え合い通じ合う二人の姿に感動せざるを得ない。大好きでずっと憧れていた姉が、自分を正面から見て認めてくれることの嬉しさ。

真昼にとってこれ以上の喜びはないと思う。「これからはステージの上で一緒にお絵描きコーデしてくれる?」とは月と太陽回の夜空の台詞ですが、最高に熱いステージで共演を果たし、遂にあの時に改めて決意した悲願の達成という香澄姉妹の話の流れに、万感の思いが込められているのを感じられて堪らない。香澄姉妹メインの回は本当に素敵な要素で溢れている。

家を出て四ツ星に来た自分を追いかけてきてくれた妹。そして四ツ星に来てからも自分に憧れ目標として頑張ってきた真昼が、遂に自分を超えた時に出た「私を超えてくれてありがとう」という夜空の感謝の言葉には、彼女の様々な思いが凝縮されている。真昼が居たから辛いときも頑張ることが出来た。これは以前の回での夜空の台詞。それに対する感謝の気持ちもあるだろう。

そして、自分の後を追いかける過程で真昼ならではの道を模索し始めていた妹が、自分を超えた更に先の道を自分の力で邁進することが出来ることを確信出来た安堵の気持ち。今この瞬間から互いにそれぞれの道を歩み始めようとしている姉妹。フランスに渡るお姉ちゃんを安心させてくれて、後顧の憂いなく送り出してくれた妹に対する感謝の気持ちもあると思います。だから夜空も発表出来たんだよね。

でも今この瞬間姉を超えても憧れの気持ちは変わらない。いつだって自分より先にもっと広い世界に飛び出して道を明るく照らしてくれるきらめく星のような存在。それが真昼にとっての香澄夜空なのだ。前回の劇組と同様に、先輩後輩としての継承を描きながら、香澄姉妹ならではの要素を見事に絡めて見せてくれた美組S4戦だったのではないかと思います。

ロマンスキスの継承は夜空が真昼を認めてくれた何よりの証。自分の後を継ぐ次代S4として妹が重責も感じることもきっとあるだろう。でも夜空お姉ちゃんはきっと何も心配していない。だって自分の力でとても力強い光を放つことが出来るようになった真昼がいたことを、その身をもって知ることが出来たのだから。まばゆい太陽のような輝き。星から太陽への継承。その美しさに陶酔してしまった美組S4戦なのでした。


aikatsustars47_06.jpg
aikatsustars47_07.jpg
aikatsustars47_08.jpg
aikatsustars47_09.jpg

諸星学園長も思わず涙した香澄姉妹の美しき抱擁が素敵すぎる~。真昼がここまで来られたのはお姉ちゃんのおかげだし、夜空お姉ちゃんがここまで頑張ってこられたのも真昼の存在が支えになってくれたからこそ。14話15話から本格的に始まった香澄姉妹の物語。その一つの集大成。それを感じられるこのシーンは涙なくして見られない。

香澄姉妹がメインを張るエピソードにハズレなしとは私の持論ですが、今回もとても良いものを見せて頂きました。同じ涙を流しながらの抱擁でも15話の時のそれとは意味合いが全く異なるものですもんね。積み重ねがもたらす感動の味わい深さ。これだから年間放送ものの女児アニはやめられない!


aikatsustars47_10.jpg
aikatsustars47_11.jpg

色々とありすぎて言いたいことが沢山あるんだけど、視聴者の大方の気持ちは朝陽くんが代弁してくれたのではないかと思います。あとヨゾラーとマヒラーの皆様もね。対立していたはずの両陣営の者の気持ちを一つにして感動させる奇跡。他でもない真昼と夜空がそうだったからこそ出来たことではないかと思います。

何より私も今猛烈に感動しているのです。ありがとう香澄家、ありがとう香澄姉妹。アイカツをリアルタイムで追える時代に生まれて本当に良かった。尽きることのない感謝の気持ち。激戦必至の歌組S4戦を前に、しかし今はただただこの余韻に浸っていたい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン)
アイカツスターズ! 第47話 S4戦美組、香澄姉妹対決を制したのは真昼ちゃん! 打倒姉を有言実行、現S4を初めて破った意義も大きい。 ただ大人げない見方ではあるのだが、劇組の時と同じく、 真昼ちゃんが暫定トップに立った時点で残る演技者は夜空だけ。 つまり真昼ちゃんS4確定なわけで、盛り上がりに欠けたのは否めない。 それをカバーする姉妹対決でもあったか。 美組戦はシ-クレット...
[2017/03/10 16:13] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m