QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第1話「新たな主役を迎えて始まる物語!夢川ゆいのプリパラ始動!」

idoltime01_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #01「ゆめかわアイドル始めちゃいました!?」

ユメ可愛い夢川ゆいちゃんの物語。
プリパラ新時代の幕開け!
idoltime01_02.jpg
idoltime01_03.jpg
idoltime01_04.jpg
idoltime01_05.jpg

物語の舞台をパパラ宿へと移し始まったアイドルタイムプリパラ。便宜上ここでは前作という言い方をさせてもらいますが、前作最終回のラストシーンから直接繋がる入り方をしているだけに、新主人公の夢川ゆい中心の描写になっても、物語の移行自体は然程違和感なくスムーズに入ることが出来た。しかし、それだけに彼女らを取り巻く環境の違い。その異質さが際立っていたように感じます。

女の子なら誰でもアイドルになれる憧れの場所。今までのプリパラの物語は基本的に大多数のキャラの根底にこの共通認識があり、その大前提の元に物語が進行していたが今作ではそうではない。プリパラがないパパラ宿ではアイドルは男の子がやるべきものという共通認識があり、ダンプリが話題を攫い女の子の間に自分がアイドルをやるという意識が希薄な現状が出来上がっている。

そういう環境下で唯一人プリパラへの憧れを持ち、アイドルになることを夢見る夢川ゆいだからこそ、らぁらとはまた違った主人公像が確立されるのだと思います。周りの理解を得られず何もないところから一つずつ積み上げて作り上げていく。そして既に経験豊富ならぁらが補佐役となり、先輩アイドルとして導き手に収まる。そんな役割と立ち位置が明確に見える初回でした。

また時間が重要な一要素として位置づけられている本作。まだ始動したばかりで未だ何もなく誰もいないまっさらなパパラ宿のプリパラは、パラ宿からやってきたらぁらにとっては色々な意味でリセットされたも同然ですし、らぁら個人もプリチケ破損から生じたバグの影響で「神アイドルのらぁら」にはなれなくなってしまった。支えてくれる仲間も応援してくれるファンも今はいない。

これもある意味リセットです。しかし見た目は神アイドルの姿になれずとも、パラ宿のプリパラで過ごした時間と、そこで培った経験から来るらぁらの成長した内面は揺らぐことはない。コンプレックスだった大きな声を恥じることのない転校時の挨拶。プリパラステージに初めて立とうとするゆいに向けて、らぁらが贈った一言からも、彼女が積み重ねてきた時間の重みを感じることが出来ると思う。

状況的に巻き戻ってしまったかのような事態に遭遇もしたけれど、見た目や状況がリセットされても変わらないものが確かにある。しっかりと成長して後輩アイドルを導くらぁらの姿はやはり神アイドルであり、そんな彼女の姿が眩しく感慨深かった。新人のゆいもらぁらとはまた違った前向きな思考と行動力を兼ね備えていて、これから皆を引っ張るに足る存在になり得ると予感させてくれた。

状況的には確かに厳しい。パパラ宿におけるダンプリの席巻とプリパラに対する周りの認識。前作の開始時点よりもらぁらとゆいが置かれた状況は苦しいだろう。でもゆいの傍には艱難辛苦を乗り越えて神アイドルにまで至ったらぁらが居てくれる。それも以前にはなかった強みである。みれぃがらぁらの手を引いて全てが始まったように。らぁらがゆいの手を引いて始まる物語。

ゼロどころかマイナスから始まる夢川ゆいのプリパラでの活動。何もないところかららぁらと共に作り上げていく物語。ダブル主人公体制ながら経験値に差のある二人にそれぞれに適した役割が与えられる舞台作りも見事でした。前作の流れを引き継ぎながらも心機一転で再スタート!二人で作り上げていく新しいプリパラがどんなものになるのか。二人のこれからが楽しみになる初回でした。


idoltime01_06.jpg
idoltime01_07.jpg
idoltime01_08.jpg
idoltime01_09.jpg

夢川ゆいちゃんの初ステージ!安心安定のプリパラクオリティの高レベルなCGによるステージ演出。本当に初期設定状態のプリパラだからこそのメイキングドラマの原点回帰とライブパートでも時間の流れというか経過を感じられる。メイキングドラマの中でゆいの後ろに燦然とそびえ立つそらみスマイルの像からは、プリパラアイドル達が積み重ねてきた時間の重みと確かな変化を感じずにはいられません。

サイリウムチェンジもサイリウムタイムに変化し、今後本格的に始動していくなかでどれだけ変わっていくのか楽しみにさせてくれるライブパートでもありました。何よりゆいが自分でデザインしたファンタジータイムのマジカルスターピンクコーデが実にえっちくてですね。肩出し腋出し臍出しは反則すぎると思うの。初回からこんなの見せられたら期待するしかないじゃない!


idoltime01_10.jpg
idoltime01_11.jpg

初めてのライブに緊張して怖がるゆいにらぁらが贈った言葉が本当に最高で堪らない!前作を見ていた視聴者は当然知っていると思いますが、これ前作の初回で初めてステージに立とうとしていたらぁらに、みれぃが贈った言葉と重なるのですよね。「プリパラは好き?」という問いかけ。世界中に届くように思いっきり歌おうという励まし。

あの時は導かれるがままに勢いでステージに立ったらぁらが、今当時の自分と同じように恐れるゆいの手を引いて背中を押してくれている。その事実が何よりも堪らない。多くの時間をプリパラで過ごし様々の人々と出会い繋がって沢山のものを得てきたらぁらが言うからこその台詞。プリパラは好き?というらぁらの問いかけが本当に全てを物語っていたように感じました。本当に最高の一幕!


pripara01_23.jpg

タイトルも変わり再出発した今だからこそ改めて濱口校長の有り難いお言葉を噛みしめる。実際話数カウントがリセットされ公式上でも新アニメという体裁を取りながらも、物語は連続性があるもので前作を見ていること前提な部分が多いのも事実。でも知らなくても問題なく楽しめるというのもまた事実で今は新たに参入する絶好の機会でもあるのです。

少しでも興味のある人は仕切り直しの今こそチャンス!女の子も男の子も大人の女性も男性も楽しめる。来る者は拒まず、去る者は全力で追いかける。底なし沼のようなプリパラ世界においでませ~!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルタイムプリパラ 第1話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第1話「ゆめかわアイドル始めちゃいました!?」の感想です。
[2017/04/08 17:37] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・ゴマちゃん・シンデレラG劇場)
アイドルタイムプリパラ 第1話 登場キャラ大幅チェンジの2期がスタート。 突然の転校でパパラ宿の町に行くことになったらぁら。 通学どうするのかと思ったら。 私立アボカド学園は全寮制でございました。 校長がいとこ同士、そっくりさんすぎてワラタww 2期の主役、夢川ゆいちゃんはプリパラ大好きで夢見がちな女の子。 ハイテンションになると目が極楽鳥にwww プリパラがなかったパパ...
[2017/04/05 12:19] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m