QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

冴えない彼女の育てかた♭ 第1話「似た者同士の英梨々と詩羽ならではの関係性が素敵なのだ」

saekano2_01_01.jpg
冴えない彼女の育てかた♭ #01「冴えない竜虎の相見えかた」

要は似た者同士の面倒くさい二人の出会いと衝突。
素直な気持ちは伝えないままの関係性もまた味わい深し。
saekano2_01_02.jpg
saekano2_01_03.jpg
saekano2_01_04.jpg

口を開けば相手に対する罵詈雑言。基本的に相手の主張を良しとせず、また褒めることもない英梨々と詩羽はどうしてこうもいがみ合う間柄になってしまったのか。難聴鈍感最低主人公の倫也くんの視点では永遠に解き明かされないだろう豊ヶ崎二大美少女の根底にある物を紐解く今回のお話。倫也が引き合わせる前から面識のあった二人には、こんな因縁の出会いと正体を知る逸話があったのだ。

英梨々と詩羽の表向きの間柄はどう見ても水と油。でもそれは波長が合わないという理由もさることながら、それ以上に自分との共通項を多く持つ相手に対する一種の自己嫌悪的な感情が作用してのものなのかとも捉えることが出来るような気がします。

倫也に対する感情を始めとして、どこか素直になれない面倒くさい一面を内包する性格、正体を隠しながら創作活動に勤しむクリエイターという境遇、己の創作物を通して読者以上に倫也個人への感情を込めるところ等々。英梨々と異なり、この時点の詩羽は1期の6話より少し前だと思うので、まだそこまでいってないかもですが後々そうなるという点で、やはりこの二人は多くの類似性を持つ似た者同士な存在なのだと思います。

一つ何かがズレただけで今のような犬猿の仲ではなく、無二の親友になれたのではないかとすら思える二人の間柄。創作の根底と原動力に通じる物があるだけにわかり合えそうなものだけど、二人の面倒な性格と罪作りな男に対する感情が、素直にそれを良しとはさせてくれない。

でも創作の原動力と根底に近しいものがあるからこそ、復讐と計算で生まれたその創作物を通して通じ合ってしまえるのが、如何にも英梨々と詩羽らしいよなぁとも思えます。「感動した方の負け」とは詩羽の台詞。口では相手の主張は認めない。でも、霞詩子の文章に魅せられた英梨々は詩羽を認めていて、柏木エリの絵に魅せられた詩羽は英梨々のことを認めている。

お互いのことが大嫌いだけど大好き。口ではいがみ合うけど互いの創作物を通して誰よりも相手のことを認め合う間柄。素直になれない性格と面倒なクリエイター気質を持つ英梨々と詩羽ならではの出会い物語だったなぁ。女としては恋敵だけどクリエイターとしては互いに大ファン。そんなどこまで捻くれてて拗くれている関係性こそが、この二人には最も相応しいと思えてしまう。

一言で言ってしまえば面倒くせえなお前ら!だけどそれが最高だ!って感じで纏まる気もするのですが、英梨々と詩羽ってこんなキャラだったよなぁと直感的に取り戻せてしまう。二人のキャラクターとしての魅力が存分に凝縮されていた「初回」でもありました。お互いのサイン色紙を大切に飾るCパートの描写が全てを物語っていて素敵だね。

それにしてもやり込められて悔しがる英梨々さんは面白くて可愛い。キャラの魅力を感じる度に推しが揺らぎそうになるのもまた本作の魅力だと改めて痛感する。


saekano2_01_05.jpg
saekano2_01_06.jpg

本編の内容が英梨々と詩羽の出会いの話だっただけに、自然と話の大半は彼女たち中心になってしまっていたけれど、本作のメインヒロインはあくまで加藤恵!相変わらずのステルス性能でまた画面の端っこに映るシーンもあったけど、倫也に対する辛辣な突っ込みとか最後の色紙のシーンで存在感をアピールしてくるところにヒロインとしての成長を感じずにはいられない。

色々と揺れてもやっぱり最後はメインヒロインに戻ってくるもの。癖の強い二人のヒロインに挟まれながらも一種独特の存在感を放つ我らのメインヒロインの活躍にも期待しましょう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
1期の間にこのエピソードを観たかった…と思う反面、1期で二人の関係性が定着してるからこそ絶妙のタイミングの補完回だったなぁと(^^)

一つ何かがズレただけで無二の親友になれたのでは、というのは同感です。
「ケンカする程(ry 」とは評するには抵抗を感じる関係ですが、ケンカに疲れてクターっとなってる二人を見ると今の関係もこれはこれで悪くないんだろうなと思えたりもします。
遠慮なく言い合える相手、というのもこの二人の場合必要でしょうし(^^;)
[ 2017/04/16 22:59 ] [ 編集 ]
Re: taraさん
倫也のことに関しても共同製作のゲームに関しても譲ることはないけれど、それでも女としてもクリエイターとしても互いのことを認め合っている二人の関係性は今みたいだから良いのかもしれませんよね。対等だからこそ遠慮なく言い合える相手。本来の姿を曝け出せる相手がいることって今の英梨々と詩羽には有り難いことでもあると私も思います。故に二人にはこういう相手が必要なのだなぁと。

プライドと面倒くささとその他諸々含めて、これが英梨々と詩羽ならではの関係性なのだと。だがそれが良い!と思わせてくれた回なのでした。ではでは、コメントありがとうございました!
[ 2017/04/17 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

冴えない彼女の育てかた♭ ♯1「冴えない竜虎の相見えかた」[新]
評価 ★★ それも私だ         
冴えない彼女の育てかた♭ 第1話 「冴えない竜虎の相見えかた」 感想
冴えない彼女(大嘘)
冴えない彼女の育て方b フジ(4/13)#01新
第1話 冴えない竜虎の相見えかた プールイベントを2人から5人に変えた詩羽を追求する英梨々。キャラ設定も変えられていると揉める2人。今日も普段通りで何事もない部活だと加藤。2人の言い争いを普通だといえる加藤は凄い。安芸くん、これ読んで。えっ、なんだって?難聴鈍感最低主人公くん。 1年前、倫也は図書室にラノベ、恋するメトロノームを購入させて 真っ先に借りていた。見知らぬ澤村英梨々も借りていた。...
[2017/04/15 20:29] ぬる~くまったりと
冴えない彼女の育て方♭ #1 『冴えない竜虎の相見えかた』
澤村・スペンサー・英梨々と霞ヶ丘詩羽の女の戦い第二弾勃発。 そんな二人の戦いに加わらず。マイペースな加藤恵は いつの間にやら、ポニーテールになっている! なんでやねん。 霞ヶ丘詩羽はペンネーム霞詩子で出版した『恋するメトロノーム』は 図書室でも大人気! でも、誰が狩り方を確かめてみると安芸倫也と澤村・スペンサー・英梨々。 ああ、昔...
[2017/04/15 13:28] 奥深くの密林
冴えない彼女の育てかた♭ #1「冴えない竜虎の相見えかた」
冴えない彼女の育てかた♭の第1話を見ました。 #1 冴えない竜虎の相見えかた 安芸倫也は桜舞い散る坂道で運命的な出会いをしたクラスメイトで目立たない普通の少女・加藤恵をメインヒロインにしたギャルゲーを制作しようと考え、原画担当に金髪の幼馴染・澤村・スペンサー・英梨々、シナリオ担当に学年一の先輩優等生・霞ヶ丘詩羽を巻き込み、同人サークル“blessing software”を立ち上...
[2017/04/15 06:05] MAGI☆の日記
冴えない彼女の育てかた♭ 第1話
  冴えない彼女の育てかた♭第1話です。 お互い欲しかったものが手に入ってよかったですね♪ 予告通り、詩羽ちゃんメインでいきます。 全体のシナリオを見たい方はリンク先のところに貼ってあるブログ様のページへどうぞ♪ 第1話「冴えない竜虎の相見えかた」 シナリオを書いている詩羽ちゃん。 こちらが詩羽ちゃんが書いたプロットのようです。プールイベントに出てくる女の子が5人に増えたようですw...
[2017/04/15 00:09] アニメグラフィティ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m