QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第53話「迷うことも楽しんで!デザイナーリリィが叶える新しい夢!」

aikatsustars53_01.jpg
アイカツスターズ! #53「オープンセサミ!星のツバサを手に入れろ!」

リリエンヌのひたむきな姿勢が後輩たちに与える勇気と希望!
例え立場が変わろうとやはり彼女はゆめ達の頼れる先輩なのだ。
aikatsustars53_02.jpg
aikatsustars53_03.jpg
aikatsustars53_04.jpg
aikatsustars53_05.jpg

後輩であるゆめ達がS4になっても損なわれることのないリリィ先輩の存在感と頼もしさ!見事S4になったけど一人前には程遠く、特にデザイン関係に関してはまだ駆け出しのゆめ。今まで主にゆめを導く存在だったひめ不在の状況にあって、そんな彼女を導く役目にリリエンヌを配置して機能させるのが本当に上手いなと感じる。

幼少期からデザインに対し人並み以上の情熱を注いできたリリィだからこそ、自分のブランドを持つデザイナーとしてのゆめを導き、また四ツ星で星の翼を誰よりも早く手にするのに相応しいと思える。一つの夢が破れても新しい夢に向かって貪欲に突き進む姿勢。己を鍛えて高めて今まで以上の自分になろうと努力する姿勢。それが後輩のゆめ達に夢と希望と勇気を与えてくれていた。

ゆめがデザイナーとしてのリリィの頑張りを間近で見て感じた「悩むこと自体を楽しむ」という考え方も、普通の人よりもハンデを背負いながら試行錯誤を重ね、それでも諦めることなくここまで来たリリィだから感じるものがあったのだと思います。理想の完成形に見えるデザインを作ってもなおより良いものを追い求める姿勢。尽きることのない探究心と終わることのない道のり。

今回のリリィの言動や行動そのものが、S4になることだけが全てではない。その先も道は続いていくという一年目の終盤の話を改めて実感させてくれるし、エルザやゆめ達を見て自分も新しい目標を持たなければと密かに決意していたローラに勇気を与えてくれていた。S4でなくても自分のブランドを持ち、スタープレミアムレアコーデを手にするに至ったリリィの存在は、ローラにとっても物凄く励みになると思います。

役職上はS4を支える幹部の一人。それでも最上級生として新しい目標に向かって未知なる道を切り拓く様を自らの姿勢で以て示し、ゆめやローラに勇気と希望を与えるリリィが本当に頼もしかった。そしてそのリリィも幼馴染みのゆずを始めとして、周りの力を借りて協力することで一段階上の領域に踏み込むというのが良かったなぁと思うところです。

先代S4が最後に教えてくれたように。仲間と協力して力を合わせることで、一人では成し得なかったことを可能にし、より力強い輝きを放つことが出来る。それこそが四ツ星アイドルの強み。先輩から後輩に連綿と受け継がれてきたもの。四ツ星学園のアイドルならではの強みと輝き。それらを感じることが出来た回だったかなと思います。やはり、私の中でリリエンヌメインの回にハズレなし!


aikatsustars53_06.jpg
aikatsustars53_07.jpg
aikatsustars53_08.jpg

長らく主な持ち歌は『Dreaming bird』のみであったリリィ先輩。しかし、それ故に満を持して投入された新曲『荒野の奇跡』は必殺の破壊力を秘めており、有り体に言うと一度見ただけで自分はその魅力の虜にされてしまったのです。単純に楽曲自体が好みですしエルザと異なりステージ途中で翼が出現する初の演出もよりインパクトを大きなものにしてくれている。

美しさと格好良さを兼ね備える荘厳なリリィのステージを飾るに相応しい楽曲とステージ演出。翼を得たリリィからの鳥籠の壁が砕け散って満月の外の景色が見える流れは堪らないし、時計のゼンマイ仕掛けを模したステージ構成は、流行に左右される一時の輝きではなく時を経ても輝き続けるドレスを作りたいというリリィの願いを反映したもののように映って最高なのだ。

リリィが自分のドレスに好んで用いる青の薔薇。その花言葉は39話の感想でも書いたように「不可能を成し遂げる」「神秘的」でした。今回そこに更なるアクセントとして彼女が取り入れた白の薔薇には「心からの尊敬」「純潔」といった意味があるようで。パーフェクトエルザに対する心からの称賛の気持ち、そしてドレス作りに懸けるリリィの純粋な気持ち。

それらが組み合わさったからこそアイカツシステムに認められスタープレミアムレアコーデを手にできたのではないかと。そう思わせてくれるリリィの素敵なステージなのでありました。個人的にセカンドシーズンに入ってから楽曲に外れがなくて本当に嬉しい限り。早くフルで聞いてみたい。


aikatsustars53_09.jpg
aikatsustars53_10.jpg
aikatsustars53_11.jpg
aikatsustars53_12.jpg

ゆめロラが二人で支え合うことで更に強く、より高みへ上っていくように、ゆずリリも二人で支え合いながら前に進んでいることが感じられて良いですなぁ。ゆずと一緒だから苦手な筋トレも頑張れる。励まし支えてくれる人が傍にいてくれるから、真っ直ぐに前を向ける。自分とは違う感性が混じり合うから生まれるものもある。リリィにとってのゆずの存在の大きさを改めて感じるのです。

ピロシェンコさんに話を付けて手はずを整えてくれたのに、それを誇るでもなく語ることもなく。それでも通じ合えてしまうゆずリリの尊さにすっかりやれてしまう今回のお話でもありました。ふたりなら最強がここにもいたよ。四ツ星が誇る百合ップルはやはり強し。

あと全くの余談だけど腕立て伏せで何とも言えぬえっちさを発揮していたリリエンヌを見て、アイカツブートキャンプに参加していたときの往年のあかりちゃんを思い出したことは内緒。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・シンデレラG劇場・ポケモン)
アイカツスターズ! 第53話 リリィちゃん、スタープレミアムレアコーデゲットだぜ! S4は逃したものの、星のツバサは四ツ星で一番乗り。 ドレスゲットに体力づくりにも励んだリリィちゃん。 腕立て伏せできたね!ゆずの影に日向にのサポートが素敵んぐ(^^) 一気に四ツ星組の士気が上がったリリィちゃんのステージ。 見に来ていたヴィーナスアーク組。 一目置かねばならぬアイドルがまた一...
[2017/04/21 15:26] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m