QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第5話「マスコットの立場と課される使命の重さを改めて実感する」

idoltime05_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #05「プニコンのマネージャー修行クマ!」

マネージャーとアイドルは力を合わせて頑張るもの!
苦労人の先輩クマが後輩プニコンを教え導く!?
idoltime05_02.jpg
idoltime05_03.jpg
idoltime05_04.jpg
idoltime05_05.jpg

可愛らしい見た目に反してプリパラのマスコットに課される使命と、彼らが置かれている境遇の重さや厳しさを改めて考えさせられる回。そらみスマイルを始め多くのパラ宿アイドルがそうだったように、プリパラアイドルはマネージャーの支えがあって初めて持てる力の全てを発揮することが出来るもの。アイドルとマネージャーが二人三脚で歩むもので、そのどちらが欠けても成立しないのです。

陰に日向に担当アイドルを支え時に進む方向性を示してあげる。それこそがマスコットの本懐。でも生まれたばかりで周りに何もない今のパパラ宿では、プニコンにマネージャーたるやを示してあげられる存在はいない。そこでかつてマスコットの墓場行きギリギリのところまで追い詰められ、どん底を経験しているクマを指導役に抜擢するというのが、個人的に凄く良いなと思ったところ。

前作の第19話でも描かれたように、一定の成果を出せないマスコットには容赦のない結末が待ち受けている。普段は目に見えにくいプリパラの暗部とも言えるところですが、システムによって下される裁定に容赦がないというのは、本作のこれまでの話だけでも幾度か触れられているところで。そして、それは生まれたばかりのプニコンと言えども例外ではないと思います。

確かにプニコンは生まれてすぐにゆいと出会っているので、担当アイドルが見つからずにスカウトに奔走していたかつてのクマとは状況が多少異なる。でも、来るアイドルタイムグランプリで一定の成果を挙げなければ、らぁらは神アイドルの資格を剥奪され、パパラ宿のプリパラ支部は閉鎖される。それ即ちマスコットの墓場行きに直結しかねない状態なわけです。

ゆいはかねてからの憧れの場所を失い、プニコンは自らの存在消失の危機に晒されかねない。この一蓮托生具合もアイドルとマスコットは運命共同体であることを再認識させてくれるように思う。だから双方が力を合わせることの大切さを知ることが重要なのですよね。そして、マスコットが追うべき重責を説くのは、やはり一度危機に瀕したクマが担うから説得力が伴う。

確かにクマはお調子者な面もあるけど、担当アイドルを思う気持ちも本物。どん底だった時に出会った小学生みれぃとの出会いとやり取り。あの時の経験から来ているアドバイスはだから響く。何もないどん底から這い上がってアイドルと共に歩み、神アイドルが誕生する瞬間までを支え見守り導いてきたクマだから、真っさらなパパラ宿のプリパラで生まれたプニコンを教え導く役割に最も相応しい。

時計塔にいた謎の少女に対するプニコンの反応を見るに、やはりプニコンも特別な役割を持って生まれてきたマスコットなのだろう。それだけにプニコンが負うべき責任や果たすべき役割も大きい。マスコットの存在感の大きさと、彼らが置かれた境遇の厳しさや課される使命の重さ。アイドルとマスコットが力を合わせることの重要性。

それを前作主要マスコットの一角であるクマを交えて巧みに描き出していたと思います。アイドルだけでは成り立たない。アイドルとマスコットが支え合い力を合わせることで真の輝きを放つ。そんなプリパラの真の魅力を引き出す要素。これから更なる発展を遂げていくのに必要となる力が何かを見出すことが出来る回だったのではないかと思います。


idoltime05_06.jpg
idoltime05_07.jpg
idoltime05_08.jpg

上述しましたが今回クマがプニコンに送っていたアドバイスって主に前作19話で描かれた小学生みれぃとクマのやり取り。あの時の経験に基づいた発言になってたのが個人的には嬉しかった。みれぃとクマが出会うことで始まり、らぁらが加わって加速し始めた物語。それが今のアイドルタイムに繋がっている。前回と今回でみれぃとクマのコンビが、良くも悪くも大きな影響を与えたというのも、そういうことなのかなと思います。


idoltime05_09.jpg
idoltime05_10.jpg
idoltime05_11.jpg

今回は前作恒例の小ネタをそのままの形で出したり、少し形を変えて出たものがいっぱいあって、ネタ的な意味でも面白い回でした。クマの将来的に住みたい住居発言だったり、握手力を鍛える為のタコマシーンだったり、シオンを筆頭にドレッシングパフェ勢がかつて繰り広げた頭の上に碁盤を乗っけるウォーキング特訓だったり。前作でも序盤の頃に特に見られた往年の小ネタ満載。

その中でも前作終盤に登場していたハシビロコウが、こういう風に形を変えて再登場してくるとは思わなかったなぁ。これは本当に予想外でした。いつの間にかマネージャー資格を剥奪されていたクマの境遇含めて。ハシビロコウ型の舟を操縦して歌うクマのアレは、パラ宿では船頭のアシカさんが務めていたけど今後パパラ宿のプリパラが発展したらまた聞ける機会があるのかしら。ネタ方面でも今後が楽しみ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルタイムプリパラ 第5話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第5話「プニコンのマネージャー修行クマ!」の感想です。
[2017/05/03 16:19] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・魔法の書・こねこのチー)
アイドルタイムプリパラ 第4話 今回はクマさんがパパラ宿にやってきた! 後半で謎解きされましたが、マネージャー業クビになってました^^; 何やらかしたんだこのピンク熊はヽ(;´ω`)ノ それでもプニコンのレベルアップにクマさん貢献。 もうちょっと育つと喋れるようになるのかな。 めが姉ぇさんはプニコンの言ってることわかるのね。 うさぎの方はどうなったのか気になりますね~ ...
[2017/05/03 11:50] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m