QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第11話「不測の事態に直面したときに問われるその人の真の強さ!」

idoltime11_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #11「投げろ!アイドルタイムグランプリ」

誤算だらけのソフトボールとアイドルタイムグランプリ。
果たしてゆいとにのは無事に会場に辿り着くことが出来るのか!?
idoltime11_02.jpg
idoltime11_03.jpg
idoltime11_04.jpg
idoltime11_05.jpg

不測の事態が続出する誤算だらけのソフトボール戦。にのの真価が問われる回。今まで得意分野では負けたことのない虹色にのが、初めてその分野で劣勢に陥り精神的に追い詰められた時に、どのようにして立ち回り壁を乗り越えていくのか。疾風勁草。去り際にシオンが残していった四字熟語が全てを物語っていた回でもあったのだと思います。

ゆいがにのに語っていたように理想と現実の間にズレが生じた際に生まれる悩み。それはどんな人でも一度は直面したことがあることだろう。そこでこんなはずではないと項垂れ立ち止まるのか。それとも事態を好転させて少しでも理想に近づけるように動き回ることが出来るのか。不測の事態に直面したときにこそ、その人の本当の強さと真価が問われるのです。

今回はその両方のパターンが描かれていた。にのだけに限らず多くのキャラが、次々に予定外の事態に直面しているのですよね。例えばにのが来るまでの時間稼ぎを請け負ったらぁらは、仲間を呼び寄せるけどウェスト姉弟は旅に出ていて会場には来られない。対戦相手が急遽変わり、ソフトボールの試合が予想以上に長引いていることも、らぁら達からしたら予想外の出来事だ。

パラ宿女子には既に周知され好評のめが兄ぃのスタイリッシュタフガイネタが、パパラ宿の女子からは無反応だったのも、めが兄ぃからしたら誤算ですし、突発的に初めた屋台が予想以上に盛況で、近くまで来ていたシオンを補足できずに見逃してしまったのも、ドロシーとレオナからしたら理想から外れた一種の誤算なわけですよね。本人達が認識していなかったとはいえ。

思惑通りに事を運び、ゆいとにのを窮地に追い込んだミミ子にしても、突如乱入してきたシオンによって、理想の展開を掻き乱されている。このように今回は実に多くの主要キャラが、多かれ少なかれ不測の事態に見舞われていた。その中でいざそれに直面したときにどう動けるのかというのが肝要であり、それこそがその人の本質的な強さに通じる部分を問うているのだと思います。

すぐさま再起動し別の方策を取っためが兄ぃは流石だったし、窮地に陥っても決して諦めずに行動を止めないらぁらも流石であった。理想通りにはいかないことばかりでも決してめげず、立ち止まることをしないゆいも、らぁらたち歴代主要キャラに劣らない芯の強さを感じさせる。パパラ宿のプリパラで逆境ばかりの状況でも、決して折れないらぁらとゆいは、にのにはない強さを備えていると言ってもいい。

ミミ子も風紀委員として一度はみれぃにやり込められ辛酸を舐めている。対するにのは今まで負け知らずで逆境や苦境を知らない。前回シオンに負けたと言ってもそれは得意なスポーツとはまた別のもの。らぁらとゆいと組んだテニスもハンデを抱えてのものだった。対等条件で得意分野において負けを知らない。ミミ子曰く井の中の蛙で狭い世界しか知らないとはそれを指してのものだと感じられる。

ずっと一人で突っ走ってきたにのが初めて立ち止まったとき。そして周囲を見て自分を支えてくれる仲間たちがいることを強く認識したとき。にのの中でどのような変化が巻き起こるのか。今こそ本当の強さが問われているときなのですね。負けを知って初めて人は本当の意味で強くなれる。再び前を向いて歩み出したにのが見せてくれる彼女の本当の強さとは。

不測の事態で始まった今回は不測の事態締め。試合も劣勢ならば足を負傷したゆいも気掛かり。誤算に次ぐ誤算で悪化の一途を辿る現状を乗り越え無事にグランプリを成功に導けるのか。苦境や試練が人を強くする。この初めての試練を無事に乗り越えて、一回り大きくなったゆいやにの達パパラ宿組の姿が見られることを願って。次回を楽しみに待とう!


idoltime11_06.jpg
idoltime11_07.jpg
idoltime11_08.jpg

パラ宿で待つのも我慢の限界!シオンが戻ってこないならこっちから探して迎えに行こうと動き出したドロレオ姉弟が最高すぎる。拗ねて悪態をつきながらも誰よりもシオンの身を案じて再会を心待ちにしているドロシーが堪らんですね。予想外の盛況で調子に乗ってテンションマックスな内に肝心のシオンを見逃してしまうのも実にらしい。

本筋の部分でにのの精神的な脆さや弱さ。そして人間の真の強さとは何かを考えさせられた今回のお話。誰に対しても物怖じせず、図太い神経を併せ持つドロシーの有り様は、にのにとっても何らかの影響を与えるものなのかもしれない。それが良いものか悪いものかは置いておくとして(笑)

次回ドロシーとレオナがソフトボールに参戦するのもきっと何か意味があってのもの…。願わくばフレッシュな新人アイドルとして歩み出そうとするにのちゃんにとって、それが良い影響をもたらすものでありますように。


idoltime11_09.jpg
idoltime11_10.jpg

違う地方に派遣されて帰ってくる度に喋り方に影響を受けている我らのみれぃが可愛いっぺぷり。イパラキに行っていた影響で方言が微妙に入り交じってしまっていたけど、更に進化を続けるみれぃの語尾を、再びひびき様が聞いてしまったときにどうなってしまうのか。いやー、色々な意味で早く帰ってきて欲しいですねひびき様には(笑)ダンプリのこともあるし余計にね!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
本当にひびきには早く再登場してほしいですよね。
トリコロのメンバーはどのキャラも出せば盛り上がりやすい反面、
だからこそ、じらしてほしい気もするので複雑ですけど。
個人的にはひびきが来た時に普通にダンプリに入れるのか、
それとも怪盗ジーニアスとして堂々と入場出来るのか気になります。
ダンプリもプリパラに負けず劣らずのザル警備なので、
ひびきの性別を誤認しても、怪盗ジーニアスの姿で誤認しても違和感ないので。
[ 2017/06/14 08:26 ] [ 編集 ]
Re:
トリコロールの皆は人気キャラなだけに早く出て欲しい思いはありつつ、
引っ張ったら引っ張った分だけのカタルシスを得られそうで悩ましいところですよねぇ。

ダンプリに関しては現状でも色々と潜入の方法はありそうですし、
最終的には安藤さんが何とかすればどうにでもなりそうな気もしますが
男装の麗人と間違われることも多いひびき様がダンプリに降臨したらどうなるのか。

ダンプリを知った時からレオナと共にそれ関連で見せ場が欲しいと思っていただけに。
満を持してのプリパリ組やガァルマゲドンの再登場を今から心待ちにしたいなと思います。
ではでは!
[ 2017/06/14 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルタイムプリパラ 第11話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第11話「投げろ! アイドルタイムグランプリ」の感想です。
[2017/06/17 12:07] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・ゴマちゃん)
アイドルタイムプリパラ 第10話 アイドルタイムグランプリ開催! 新規アイドル3人いればいいのか^^; にのちゃんに出てもらわねば困るらぁらとゆい。 ソフトの試合をさくっと終わらせてプリパラへ。 しっかりミミ子に聞かれてて先行き不安。 ソフト勝負を持ちかけたミミ子。 挑発に乗っちゃったにのちゃん。 ミミ子のペースにハマり、にのちゃん大苦戦。 シオン助っ人にきたー!竹刀で...
[2017/06/14 09:32] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m