QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第61話「好きって気持ちを大事にして!みんな大好きあこにゃんこ!」

aikatsustars61_01.jpg
アイカツスターズ! #61「好き!って気持ち」

色々な好きが複雑に絡み合う騒がしくも楽しい回。
あこにゃんこは皆に愛されてるね!
aikatsustars61_02.jpg
aikatsustars61_03.jpg
aikatsustars61_04.jpg
aikatsustars61_05.jpg

自らの領分でもあるドラマで女優として憧れのすばると夢の共演!乙女心全開なあこの魅力をこれでもかというくらい堪能出来る素敵回。カプ厨的には色々な組が入り乱れていて妄想を刺激されて堪らんし、朝陽の誤報を受けて勘違いしたまま百合デート、もとい的外れな追走劇を繰り広げる真昼とローラの介入も、事態をややこしくするのと共に面白さに花を添えてくれている。

あこのメイン回は、彼女のすばるに対する憧れや好きという気持ちが仕事の面に絡み合い、悩みながらもそれを乗り越えていくという流れになることが多いと思うのだが、自分の気持ちとどう向き合った上で仕事に取り組むのか。過去回の流れをしっかりと踏襲した上で、一人前の女優としてS4として自分の道を歩み始めたあこが、今度は自分の領分で自分の気持ちと向き合う。

そこを丁寧に描写してくれていたのが良かったなぁ。第17話でM4の番組にゲストで呼ばれたときは、すばるへの溢れんばかりの思いから暴走してしまったあこ。対して今回は自分が主演を務めるドラマにゲストの相手役として来たすばるへの思いから、身動きが取れずにままならなくなってしまった彼女の姿が描かれている。似ているようで状況も心情も対照的に映る。

あこがアイカツを始めたのは憧れのすばるに会いたい一心からだったが、上述した以前の回ではその「憧れ」の気持ちが行き過ぎて、それを吉良かなたに窘められる形で、プロとして制御する大切さをあこは学んでいた。一方で今回はあこのすばるに対する「好意」に比重が置かれているわけだけど、今回のかなたはあこの好意を否定せず、肯定して大事なものと後押ししてくれる。

かなたの対照的な行動とは裏腹に、常にあこを見守り要所で大事なことを教えてくれる。その役割を全うしている彼の一貫した姿勢と立ち位置がまた堪りませんなぁ。好きな気持ちを前面に出して自らのお芝居に活かす。自らを形作る思いを否定せず素直に出し、演技に反映させてこその女優。素直な好意を演技に乗せて、憧れのすばるすら魅了してみせる。

以前の暴走とは異なり自分の素直な思いを表現することで自らをより魅力的に輝かせてみせる。そこに女優早乙女あことしての成長を見た思いで一杯。あこのすばるに対する好意のみならず、周りからあこに向けられる好意によって成立していた今回のお話。皆に愛されているあこにゃんこ。あこメイン回のお約束なのだろうか。最後に彼女の満面の笑顔で締めるあこにゃんこ回は素敵だね!


aikatsustars61_06.jpg
aikatsustars61_07.jpg
aikatsustars61_08.jpg

あこの好意を起点として描かれていた今回のお話。その好意はあこのすばるに対する思いだけに留まらず、周りからあこに向けられる好意によって成立していた。ドラマや番組の共演という以前の回の内容を下地に、すばあこ、かなあこ、ゆめあこを軸に皆から愛されているあこにゃんこの姿を描き出す。双方向から攻めてサブタイの好きって気持ちを表現出来ていたように感じます。

異性としての好意もあれば恋愛云々を抜きにした純然たる好意もある。仲間や友人に向ける好意もあるだろう。初期にドラマで初共演したときに一方的にゆめを敵視していたあこは、今回ゆめとの共演を素直に喜び、また彼女に頼り切ってもいた。そんな彼女に対するゆめの協力的な姿勢も、あこに対する好意があればこそ。あこを案じる真昼とローラにしてもそれは同じだろう。

ゆめあこ、まひロラで百合ップルの枠組みを保持しつつ。仲間としての好意を押し出してくれていた回でもあったと思います。特に真昼は人一倍あこを心配する様子を見せてくれていた最高でした。何も告げられずに親しい人が自分の元を去る寂しさや悲しみ。姉の夜空との経緯がある真昼ちゃんだからこそ、過剰とも言える反応を示したのかもしれませんね。それも相手に対する好意あればこそのものなのだ。


aikatsustars61_09.jpg
aikatsustars61_10.jpg

しかし今回は何を置いても大事なところであこを導いてくれるかなた君よな~。すばるに対するあこの気持ちを知りながらも一定の距離感を保ち続ける彼の思惑。その好意はどこから出てくるものなのか。素直に気持ちを出すことを説きつつ、簡単には真意を悟らせてくれない。ゆめやすばるに対するあこの接し方や距離感が変化している一方で、良くも悪くも変わらないのがかなたとの関係性でもあると思うの。

この一年あまりの間に少しずつ変わってきたように、これかれもきっと少しずつ変わっていく。今は純粋な好意がもっと踏み込んだものに転じたときどうなるのか。序盤の頃から複雑に絡み合っているこの辺りの人間関係は、今後も注目して見ていきたいところだなぁ。今回はあまり表出しなかったけど、互いに「ライバル」と認め合ったゆめとすばるも少しずつ変わっているだけにね。

これからも物語の要所で彼らにしか出来ない役回り。良い意味でゆめたち主要キャラに刺激を与えてくれる存在で在り続けてくれたなら、私個人としては言うことないのだ。妄想も捗るし!何にしてもあこにゃんこが皆に愛されていることを改めて感じた回なのでした。みんな大好きあこにゃんこ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・魔術講師)
アイカツスターズ! 第61話 あこちゃん主演のドラマにすばるが出演! すばるきゅうううううん♡♡♡(≧▽≦)♡♡♡ あこにゃんこがたいへんwww すばると1対1のシーン、あこちゃん平静保てず。 すごい数のNG連発^^;、怒らないすばる偉いな。 かなたの助言で持ち直したあこちゃん。 いい演技ができました!あこちゃんの笑顔いいね!(^^) バックでは朝陽の勘違いから一騒動。 ...
[2017/06/16 15:01] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m