QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

キラキラ☆プリキュアアラモード 第22話「一番身近な双子の姉が相手だから鮮明に感じる無力感!明かされるジュリオの秘密!」

kirapre22_01.jpg
キラキラ☆プリキュアアラモード #22「やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!」

ただ大好きな姉に見てもらって認められたかっただけなんだ…。
kirapre22_02.jpg
kirapre22_03.jpg
kirapre22_04.jpg
kirapre22_05.jpg

双子の姉弟の間に起こった悲劇。キラリンの口から語られた衝撃の過去話によって、遂に明らかにされたジュリオ改めピカリオの正体。ピカリオが如何にして絶望しジュリオに至ったのか。かつての彼の身に起こった出来事と、胸の奥底に押し殺し決して語ろうとしなかった思いが爆発することで、今までジュリオとして彼が行ってきたことや発言と結びついていく感覚が堪らない。

スイーツに対する激しい嫌悪。スイーツで思いが通じ合うことは決してないという主張。プリキュアに対する異常なまでの執着。それら全てが大好きだったはずの姉キラリンに収束していく。純粋だったはずの好意は一転して憎悪へ変わりピカリオを駆り立てていた。でもジュリオへ変貌を遂げても変わらなかったものがある。それが姉であるキラリンに対する思いだと思います。

姉弟の思い出が詰まったスイーツを否定しながらも関わり続けようとする姿勢。キラキラル増幅の実験。姉が憧れ伝説のパティシエと称されるプリキュアとの対立し上回ろうとする姿。その全ての行動がキラリンに自分を見て欲しい思いから来るもの。ピカリオのときもジュリオのときもここだけは変わらない。

優秀な姉が憧れるプリキュアを超える力を求めるのも、それが叶えば姉が自分を見てくれる。思い出のワッフルを超えるキラキラルを生み出せれば自分を認めてくれる。全てはその一心だと思う。確かに優秀な姉に対する引け目や劣等感もあっただろう。でもそれ以上にピカリオの中で姉を振り向かせることが出来ない無力感や、自分の努力が結びつかないやるせなさ。

嫉妬心や劣等感よりもそういう虚無感の方が大きかったんじゃないかな。才覚に溢れる姉はドンドン先へ進んでいくのに、自分はいつまで経っても過去の自分を引き合いに出される。それって目の前にいる今の自分を認めてもらえていない。見てくれていないことと同義なのです。例えキラリンにそのつもりはなかったとしても、少なくともピカリオの中では、そう取るのに充分だったのだろう。

スイーツで通じ合うなんて絶対にない。ジュリオの基本スタンスはここに起因している。キラリンは弟の心に寄り添うことが出来なかった。ピカリオは自分の心に蓋をした。この心の機微の問題はジュリオ登場以降ずっと描かれていたテーマですが、二人の核心部分がここにあるから全てがここに帰結する。

スイーツを通じて人の心に寄り添い続けてきたいちかだから、ジュリオの奥底に眠るピカリオの気持ちを感じ取ることが出来たんじゃないかな。闇の力は大好きな気持ちの裏返し。キラキラルの実験やプリキュアへの対抗心。これらも全ては大好きな姉キラリンに振り向いてもらいたい。そんなピカリオの好きな気持ちから生じているものだから。それらは表裏一体なんだ。

今回ジュリオが繰り返し発した「見ていろ」という台詞に全てが集約されていたと思いますが、今のジュリオをキラリンが改めて見て彼が長年抱えていた鬱屈した思いを知って。その上で二人がどう向き合うのかは見物。スイーツを通して通じ合う。本作のテーマに絡めて描かれた双子の関係性に、いちかだから出来る役割を上手く絡めていった回だったと思います。

今の二人の在り方に大きな影響を与えている伝説のパティシエ。その新たな覚醒を機に、姉弟の在り方がどう変わるのか。もう公式様が大々的に喧伝しているけど、新たな伝説のパティシエ、キュアパルフェの登場が物語にどのような影響を及ぼしていくのか。次回必見ですな!


kirapre22_06.jpg
kirapre22_07.jpg

ジュリオ君は男の子だからプリキュアには…。ということで在りし日のピカリオを打ちのめし、一部の大きなお友達にもとんでもない絶望感を与えてくれた一連の流れ。「女の子は誰でもプリキュアになれる」は、映画のニューステージでも出た有名な発言ですが、現実とはかくも無情なものなのか。

ただ本作におけるプリキュアは伝説の戦士ではなく、あくまで伝説のパティシエであるとこからして、今までの歴代作品になかった新たな可能性を切り拓く可能性も無きにしも非ず…?夢の先にあるものが見られる僅かな可能性に期待しよう!


kirapre22_08.jpg
kirapre22_09.jpg

今にして思うと第15話でジュリオ君が剣城姉妹から奪い取ったキラキラルを格別と言ったのも頷けるし、互いを思い合い通じ合う姉妹の絆の強さが、キラキラルの力を高めた事実に苛立っていたのも納得出来る。

同様に第16話でジュリオがゆかりに向けて発した台詞は、他でもない彼自身の本心が漏れた部分でもあったんだなぁ。彼の事情を知れば知るほど、「超優秀な姉がいる」という嘘話で共感を高めつつ、最終的にそんなものはないと彼の古傷を抉り倒したゆかりさんのナチュラルなえげつなさが際立つ。知らぬ事とは言え何という残酷な仕打ちであろうか。

もうジュリオ君のライフもメンタルもズタボロだよ!これまで色々と苦労して辛酸を舐めてきた境遇なだけに、これからの彼の人生が少しでも幸多いものになることを願って。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

キラキラ☆プリキュアアラモード 第22話感想
 「キラキラ☆プリキュアアラモード」第22話「やめてジュリオ! 憎しみのキラキラル!」の感想です。
[2017/07/10 22:20] Msk-Mtnのブログ
キラキラ☆プリキュアアラモード 第22話「やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!」
キラキラ☆プリキュアアラモードの第22話を見ました。 第22話 やめてジュリオ!憎しみのキラキラル! いちかの前に現れたジュリオの姿を見たキラリンはずっと探していた 双子の弟・ピカリオだと気付く。 だが、姉であるキラリンにジュリオは攻撃をしてきてしまい、キラリンを庇ったいちかはジュリオの攻撃にキラキラルを放つ。 ふたつの力がぶつかって大爆発し、みんなで地下の大空洞に...
[2017/07/09 22:30] MAGI☆の日記
キラキラ☆プリキュアアラモード テレ朝(7/09)#22
第22話 やめてジュリオ!憎しみのキラキラル! パワーアップしたジュリオが登場する。その姿に双子の弟、ピカリオだと確信するキラリン。止めて!二人でプリキュアになるって誓ったのに。ジュリオは姉のキラリンなんて居なくなれと攻撃する。プリキュアたちの力とジュリオの力がぶつかって大爆発。いちご山の地下に大空洞が隠されていた。 ジュリオに攻撃されてショックのキラリン。二人はパリでスイーツを勉強していた...
[2017/07/09 18:52] ぬる~くまったりと
キラキラ☆プリキュアアラモード 第22話「やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!」
プリアラ初の全編バトル回。なんとアバンのいちかちゃん頭突きぐぇもなし。 サクサク謎解きで、ジュリオ=ピカリオでございました。 キラリンちゃんとは双子、ピカリオ弟だったのか。 やっぱりあらゆる面でお姉ちゃんが上だったようで。 それでも認めてもらいたいとがんばるピカリオ。 しかしお姉ちゃんはハッキリキッパリバッサリヽ(;´ω`)ノ キラリン悪気ないけど相手の心...
[2017/07/09 18:20] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m