QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第15話「悪魔と天使の正統な後継者!?プリンセスミーチル爆誕!」

idoltime15_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #15「ミーチルみちる」

ミーチル様はみちるちゃんの切なる願いの反映。
プリパラはなりたい自分になれる場所!
idoltime15_02.jpg
idoltime15_03.jpg
idoltime15_04.jpg
idoltime15_05.jpg

みちる改めてミーチル様のプリパラデビュー回。遂にプリパラに降臨することになったみちるでしたが、普段とは真逆の自信に満ちた姿と、ある意味であろまの小悪魔として相応しいネタ性に満ちた言動の面白さとパワーに圧倒される。ともすればネタ方面に振り切れた回と言えるかもしれないんだけど、その中でも今回はみちるの悩みや繊細な心の動きがしっかりと描写されていた。

あろまの小悪魔となり彼女に思いっきり振り回されるみちるの姿は、彼女が抱える悩みや弱さを改めて浮き彫りにしてくれる。自分に自信が持てないのも自らが信じる不幸体質あってのもの。不幸なことが身に降りかかるから何かをしようと思う前に諦めて、自分には無理だと自ら可能性を閉ざしてしまっている。でも、そんな彼女でも不幸体質を何とかしたいという思いは存在しているのです。

みちるの胸の内に秘められた願望。自信を持ち何でも出来ると豪語して突き進める理想の姿。みちるの悩みや弱さが浮き彫りになればなるほどに、なりたい自分になれるプリパラで大きな変貌を遂げたミーチル様の姿も際立つ。今回あろまは確かにやりたい放題やっていた節もあるんだけど、それ以上にみちるというキャラを掘り下げるのに一役買い、それを後押ししていたように私には映った。

みちるのプリパラ内外におけるギャップの大きさと、素に戻りミーチルになっていた自分を省みた時に見せた反応は、月川ちりを彷彿とさせるものがある。みちるとは境遇は違えども、ちりも伝統ある家柄で厳格に育てられ抑圧された環境下にいたからこそ、表に出せず内に秘めた解放したい自分の思いや理想とする姿があり、プリパラ内の変貌は、無意識下にある願望の反映ではないかと当時の感想でも触れました。

そんなちりと重ねるようなキャラ造形と話運びは、みちるが本当に望んでいるもの。彼女が真に追い求める理想とする姿という話の骨子を、更に分かりやすく端的に物語ってくれていたと思います。パパラ宿のプリパラは誰でもなりたい自分になれる場所。内外での差が激しいみちるは、そんなパパラ宿プリパラの理念を最も分かりやすく体現している存在と言えるかもしれませんね。

内に秘めた願望の反映や解放。追い求める理想の姿。みちるの軸にあったこれらの要素は、そのまま地獄委員長のミミ子にも通じるものがあり、みちるの加入によって現状のパパラ宿最大の障害とも言えるミミ子に訴えかける流れに持っていくのも見事。変わることが出来る。なりたい自分になれる。このテーマに基づきミミ子をどうやって働きかけるのかは見物ですなぁ。

ともあれクールタイプはやはり一癖も二癖もあることを痛感する回でした。そふぃ様やちりちゃんともまた違うミーチル様ならではの独特の言い回しや行動。それらを見ているだけでも純粋に面白い。下手をしたらあろま達以上に厄介な存在になり得るミーチル様の活躍に期待したいですね。ガァルマゲドンとミーチル様。暫くは誰も彼女らを止められそうにない(笑)


idoltime15_06.jpg
idoltime15_07.jpg
idoltime15_08.jpg

あろまが新たに生み出したメルティリリィのコーデに身を包んだミーチル様がとっても妖艶で大人っぽい。この辺りの見せ方も、普段は地味めで目立たない外の姿との乖離をより大きなものにするのに一役買っていたと思う。自分の小悪魔であるみちるのために、あろまが夜通しでこの新衣装のデザインを練っていたと思うとより感慨深く映る。あろまの優しさが身に染みるぜい。

私の全てを見せたい。誰にも見せない私に遭いに来て。私を見せてあげる等々。新曲『GOスト♭コースター』の歌詞に、みちるちゃんの内に秘めた切なる思いがヒシヒシと込められているように聞こえた。私を見ろもっと見ろとダイレクトに訴えかけてくる。出来る自信に溢れるミーチル様の初ライブに魅せられるのでした。


idoltime15_09.jpg
idoltime15_10.jpg
idoltime15_11.jpg

みちるの本格的な加入によってパパラ宿の主要キャラが揃い踏みした感じもしますが、キャラが揃うにつれてそれぞれの役割や関係性も少しずつ形成されてきていることを感じられる。代表的なのはにのの突っ込みで、冷静かつ的確で常識的な突っ込みは、今のパパラ宿陣営の中では本当に貴重ではないかと思うわけです。らぁらもゆいもガァルマゲもみちるもアレなところがありますし。

曲がったことが嫌いで何事も白黒付けないと気が済まない質のにのは、シオンに憧れるだけあって彼女の後継的な役所に落ち着くし、あろまの小悪魔になったみちるにしても同じ事が言えるのかなと思います。前作キャラとの役割的な繋がりを感じつつ、パパラ宿メンバー同士の横の繋がりも出来つつある。更に賑やかさを増した彼女たちの今後の動向が更に楽しみ。


idoltime15_12.jpg
idoltime15_13.jpg
idoltime15_014.jpg

プリパラから戻ってきたみちるちゃんが最後に見せてくれた反応は、本当に在りし日のちりちゃんにそっくり。どうにかしてこの二人を引き合わせる展開を今後作ってくれないものだろうか。否が応でも期待してしまう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルタイムプリパラ 第15話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第15話「ミーチルみちる」の感想です。
[2017/07/15 16:35] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・こねこのチー・ゴマちゃん)
アイドルタイムプリパラ 第15話 みちるちゃん、プリパラデビューおめ! キャラ豹変タイプでしたね^^; あろまがうまく洗脳…もとい説得して。 にのとゆいがいいフォロー。 あろま創作のキャラ、プリンセスミーチル。 まんまプリパラみちるちゃんに反映されるのが面白い。 さすがなりたい自分になれるプリパラ。 それにしても、らぁらとゆいが大苦戦だった新規アイドル開拓。 あっさり仲...
[2017/07/12 09:18] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m