QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

天使の3P! 第4話「辿り着きたい場所があるから勇気を持って一歩踏み出すんだ」

tenshino3p04_01.jpg
天使の3P! #04「この世はすべてロックンロール」

部外者だから伝えられることや出来ることがきっとある。

tenshino3p04_02.jpg
tenshino3p04_03.jpg
tenshino3p04_04.jpg

今のままでは辿り着けない場所がある。叶えられない目的がある。ならば勇気を出して変わるために頑張らねばならない。このままでは変わらない現状。それを打破して何かを変えるためには、まず自分が変わらなければ始まらない。ということでサービス要素控え目で送る今回のお話は、響と潤たちにとってとてもデリケートな部分に踏み込んでいた回でした。

互いを思う気持ちが強すぎて動けなくなってしまっているリトルウイングの現状。それぞれの生い立ちや境遇から来る引け目が、それに輪を掛けて彼女たちの行動を縛ってしまっている。自分は良くても妹たちにとって最良とは言えない生き方を選択したことを悔いる桜花が感じる引け目。孤児院という特殊な環境で暮らす潤達が、普通の子に対して無意識下で感じている引け目。

でもそれらはその出自故に生じる引け目なだけに、同じ境遇に身を置く内部にいる者がどうこう言っても容易に意識を変えることは事実上不可能に近い。だから外部の人間なのですね。潤達が引け目を感じる普通にいる側の人間。そんな響だから働きかけることが出来ることもある。しかし、潤達と形は違えども彼は彼なりに引け目を感じていることがある。

それを抱えたままでは本当の意味で向き合えない。その自分が感じている引け目や弱み。それから目を背けて逃げたままの人間が、変わろうと語りかけても相手の胸には響かない。桜花の言葉を借りるのならお前が言うな案件になってしまう。だからまず自分から変わる。その意志と行動こそが今までのままでは辿り着けなかった場所に辿り着くための第一歩になるのだ。

その為に響が行ったことは、普通に復帰するより相当にハードルの高いことをやっていた気もするが、彼の拙い言葉以上に奏でる音楽と行動そのものが、見ている人に何かを訴えかける力となっていた。潤たち三人が心を動かされたのも、響の言葉以上に実際に彼の行動を映した動画によるところが大きく、それこそが響の勇気ある行動の影響力や成果を物語っているように思える。

実際に部外者だから出来ることは響の行動以外にもあって。家を出るときに気付いたくるみの仕掛けは、響を勇気付けてくれたかもしれないが、実際に学校に着いて心折れそうになっていた彼を直接助けることになったのは、身内ではない桜花が出してくれた助け船で。言葉以上に彼女の態度や行動そのものが、怖じ気づきそうな響の支えとなり救いとなっていた。

その生き様こそが何よりも強いメッセージ。これこそまさにロックテイスト。響を見て自分たちも変わろうと決めた潤たちの思いを乗せた音を通じて見ている者に伝わる思い。生き方の変化により変わり始める周囲の世界。自分が変われば見える世界も変わっていく。人の意思が宿る音の変化がもたらした希望と新たな可能性。それを感じることが出来た回でした。ライブシーンでキッチリ締めてくれたのも良かったの。


tenshino3p04_05.jpg
tenshino3p04_06.jpg

今回は比較的真面目というか本筋の進行に当たってサービスを挟む余裕があんまりなかったかもしれないが、それでもきっちりノルマを達成してくる徹底ぶりよ。桜花も当初の予想通り良い人すぎて距離が縮まってくるに連れて要所要所で魅せてくれるんだけど、やっぱり小学生が見せてくれる直接的なサービスの印象が勝ってしまったよ…。

もう当たり前のように一緒にお風呂入っていて、おかしいのはそれをおかしいと感じる自分の方なのではないかと思えてきた。


tenshino3p04_07.jpg

そらちゃんのこの目線が個人的に凄いツボ。こんな目で見下されたいなんて言えるわけが…。いや、ドラムを叩いているそらちゃん凄い格好良かったってことが言いたかったのよさ!そこに邪な気持ちなんてあろうはずがない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/08/02 16:47 ] [ 編集 ]
雪光さん、こんばんは。

響がHIKIKOMORI脱出することができましたね。
まずは自分が変わらないとですね。
クラスメイトに一曲披露して反応が気になりますが。

小学生組3人のライブもクライメイトを招いて無事行うことができました。
また次もなにかやってほしいな~って思います。
[ 2017/08/02 22:14 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
普通に復帰するだけでも大変なのに更に勇気ある行動を見せてくれてビックリ!
その原動力をくれる小学生組の存在感を改めて噛みしめることが出来ました。
ライブを通して潤達とクラスメイトの関係も変わっていきそうでどうなるか気になります。
次の目標をどこにおいて動き出すのか。今後何をやってくれるのかも楽しみですね。
[ 2017/08/03 00:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

4話「この世はすべてロックンロール」感想
響に髪をすかれるくるみが可愛かったのと、桜花に暴れだすかもしれないと言われた担任が、もの凄い勢いで後ずさるのが可笑しかったです。後、響に褒められた潤が嬉しそうで、響の曲を5曲マスターしている希美が凄かったのと、そらのドラムでバンドが始まるのが良かったです。
天使の3P! 第4話 「この世はすべてロックンロール」感想
天使の3P! 第4話 「この世はすべてロックンロール」
桜花のこんな表情はじめてだな 桜花が1人でいるところを見ていたせいで3人が友達を作れないでいる? ライブをして友達を作れるといいですね 1人でいる桜花には友達を作れとはいえないと リトルウイングの関係者でない響だからこそできることがある?
[2017/08/02 22:05] 夢幻の灰色帝国
天使の3P! ♯04「この世はすべてロックンロール」
評価 ★★☆ これ一回きりで! もう二度とこんなことしませんので!            
天使の3P! 第4話「この世はすべてロックンロール」
始まりの合図は君の歌さ。 とにかくやれるだけ歩いてみればいいさ
[2017/08/01 21:46] せーにんの冒険記
天使の3P! 第4話 「この世はすべてロックンロール」
「終わらせたくない、こんな楽しい時間。一回こっきりで終わらせられるか!」 やっぱり小学生は最高だぜ!!! ということでなにかに目覚めた響さんw 今回は凄くいい話だったしこの台詞も普通に素敵なものであるはずなんだけどそれでも半分そっちの意味も含んでいると感じるような、そんな物語とネタ性の両立が相変わらず冴えわたっているこの作者の作品(ノ∀`)
[2017/08/01 19:06] ムメイサの隠れ家
天使の3P! 第4話「この世はすべてロックンロール」
ビラ配りがんばるも、ライブの集客に不安が残るリトルウイング。 何より、クラスの子達に全然声をかけていないJSトリオ。 ここはまず自分が行動するしかない! 明日から学校に行くぞ!響兄よく決心した! ギター持って初登校というのも凄いですが^^; なるほど、ライブの宣伝するわけね。 桜花ちゃんの好フォローで歌うのおkに。 先生が理解ある人でよかった(ビビってただけかも^^;)...
[2017/08/01 16:05] のらりんすけっち
天使の3P! BSフジ(7/31)#04
第4話 すべてこの世はロックンロール 鳥海桜花がチラシ配りは捗っていないことを感じていた。彼女たちが学校に馴染めないのは自分のせいだと話す。桜花は、リトルウイングを守りたくて誰とも関わらなかった。それが3人にも伝わって関わりを絶ってしまったのだった。でも、それを彼女に言える立場じゃない。 こんな時に神様が降臨して曲が完成した響。リトルウイングは全員が良い人で優しすぎる。皆が相手を思いやり過ぎ...
[2017/08/01 09:46] ぬる~くまったりと
アニメ感想 17/07/31(月) #天使の3P! 第4話
天使の3P! 第4話『この世はすべてロックンロール』今回は・・・もうライブ本番までやるのね。桜花の今週のお前が言うな大賞。可愛いです。突然学校に行くことにした響。学校に行くのは良いけど・・・なんでギター持っていくの?いきなりギター持って教室に入るけど・・・まぁお前誰だよって感じですね。てか、担任の先生可愛いな。不登校だった奴がいきなり登校してきて歌い始めるとか、完全に頭おかしい奴ですよ。しか...
[2017/08/01 02:49] ニコパクブログ8号館
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m