QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第69話「見えなくてもそこにある光!繋がるアイカツのSHINING LINE*」

aikatsustars69_01.jpg
アイカツスターズ! #69「広げよう、アイカツの「WA」!」

先輩達が紡いできたアイカツの魂はこうして受け継がれていく。
最高を超えていく最強のコラボ回に感謝!
aikatsustars69_02.jpg
aikatsustars69_03.jpg
aikatsustars69_04.jpg
aikatsustars69_05.jpg

待ちに待ったぜコラボ回!スターライトのアイドルが、ルミナスが、あかり達がゆめ達と共に画面に映る。もうそれだけでも満たされるのに、前作で描かれていたあかり世代のテーマや、彼女たちが成長する中で得た経験を、アイカツスターズの物語にしっかりと落とし込んで構成しているところに脱帽するしかない。ネタ的な面白さだけでなく、物語としての魅力も凝縮された回でした。

普通コラボ回と言ったら本編の流れを多少無視してでもファンサービス要素を優先した展開にしてもおかしくないと思うのです。でも今回の話はファンサービス的な前作恒例のネタをしっかりと入れつつ、アイドルとしての原点をゆめと同じくしながらも、彼女より先を歩いているあかりが、四ツ葉のクローバー探しを通じて彼女に大切なことを伝えているのが素敵。

多くの中に埋もれて見つからない。でも見えにくいけど確かにそこにある光。様々な苦労や挫折を乗り越えて、一人前に成長したあかりが、偉大な先輩からの教えを自分の中で昇華して、自らの体験を踏まえた上で自分の言葉として、ゆめへと伝達している。小さくたって自分だけの光。自分ならではのアイカツを見つけた今のあかりだから言える説得力の伴う言葉だ。

星宮いちごの物語が「憧れを超える」物語であったのならば、大空あかりの物語は「小さくたって自分だけの光を見つける」物語であったと言ってもいい。憧れの人を追うのではなく、自分だけの光を見つけて並び立つ。尊敬する気持ちは今も変わらないが、並び立とうと自分だけの道を歩み至ったからこそ、今のいちごはあかりにとって競い合い高め合う相手なんですよね。

憧れのひめとの向き合い方に悩み、恐れを見せたゆめに対するあかりの助言。ゆめと同じく憧れの気持ちから始まり、自分ならではのアイカツ=個性に思い悩んだ経緯を持つあかりだから。そのあかりが自身のアイカツを通じて得たものを示すから、ゆめにとってそれはとても大きな意味を持つ物になるのだと思います。いちごの教えから始まり、あかり世代の物語で育まれ至った答え。

前作の物語のテーマを踏まえて本作に落とし込み、それがゆめに伝達されることで、アイカツのSHINING LINEが繋がるのを感じられるのが本当に最高。出会いがもたらす奇跡と広がるアイカツの輪は、ルミナスジャパンツアーのテーマにも通じるものがあり、このコラボ前半回は大空あかりの物語のテーマに基づき、緻密に描かれていたなと感心するばかり。

別れ際にゆめとあかりの間で交わされた言葉。この前作で描かれた大空あかりの物語のテーマは、今回のコラボ回で異なる世界のアイドルが出会った解釈にも通じる気がする。アイカツ!のアイドルは確かに今ここに存在しているが、ゆめ達にとってのあかり達の存在は、まさに昼間の星々に相当するもので、普段は本作のメンバーには観測出来ない。

でも確かに光はそこにあるのです。ファンサービスで純粋な楽しさを提供しながらも、このコラボの成り立ちに至るまで前作のテーマを落とし込んで構成されていた回だったのではないかなと。正直今回だけでも自分の期待値を遙かに超えているのですが、次回はもっと凄いことになりそうなだけに楽しみは尽きない。広がり続けるアイカツのWA。堪能させて頂きました!


aikatsustars69_06.jpg
aikatsustars69_07.jpg
aikatsustars69_08.jpg

前作97話のいちごの教えは、いちごとあかりにとっても、物語全体としても大きな意味合いを持つ教えでしたが、偉大なる星宮先輩の言葉は今もこうしてあかりの中で生き続け、次代を担っている主人公に連綿と受け継がれていくのが堪らない。前作96話でアイドルしての光を見失ったあかりが、今こうして見えないけどそこにある光を指し示してくれている。まさに万感の思いだ。

一度は光を見失い、それでも自分だけの光があることを信じて、前作ラストでそれを証明して見せたあかりが言うからこそ、この言葉が持つ重みは半端なものではない。178話を掛けて積み重ねてきたものを、スターズの本編に組み込み活かしてくる。シリーズ物の醍醐味ここに極まれり。本当にこれだからやめられない!


aikatsustars69_09.jpg

今回はコラボ回でどうしたってルミナスと彼女たちと絡むゆめ達の活躍に目が行ってしまうのだが、その中でも劇場版やS4戦の時より更に洗練された第25代S4のepisode SoloのCGクオリティが凄くて印象に残る。ゆめがひめに対する思いを垣間見せただけに、ここで先代S4の凄さを改めて見せ付けることは重要で。そういう意味でも見応えのあるライブだったんじゃないかな。


aikatsustars69_10.jpg
aikatsustars69_11.jpg
aikatsustars69_12.jpg

コラボ回ならではということで、前作恒例のネタだったり中の人ネタが満載で、純粋に見ていて楽しい回でもありました。大空お天気だったり、いいこと占いだったり、大木の代わりに段ボールで斜面を滑降したりね。懐かしさと共にこみ上げる安心感。思わずこれもアイカツだねと言いたくなるのも致し方ないこと。

初期段階から言われていた諸星学園長と四ツ葉シェフの夢の共演や、ルミナスにとっても馴染み深いソレイユの三人が演じるツバサ達と対面した時に言われた「会えて嬉しい」という台詞も、メタ的な視点で見るからより面白さが増すところかなと感じます。次回ソレイユが先代S4と出会う展開があれば、より面白くなりそうだが果たしてどうなるか。

ともあれ久しぶりに本編で見られたルミナスの活躍。あかりとゆめが最後に交わした言葉通り、いつか双方のキャラの道が再び交わり一緒にステージに立てる日が来ると良いな!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・ちぃちゃん)
アイカツスターズ! 第69話 無印とのコラボ回ついに実現! しかも2週連続とかほんと穏やかじゃないヽ(゚◇゚ )ノ アバンで早くもゆめ&あかりが実現。 来週はゆめ&いちごかな、ワクワクしっぱなし! 無印だけで相当な大所帯のアイカツ。 あかり、スミレ、ひなきの3人に絞ったのは賢明でしょう。 無印からのキーワード、「星」のエピが心地よい。 現在に至るまで、通ずるところがありま...
[2017/08/18 13:48] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m