QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第71話「出会いと別れ、そして再会!それぞれの新しい船出!」

aikatsustars71_01.jpg
アイカツスターズ! #71「さよなら、小春ちゃん!?」

一つの目標を達成し夢は夢を超えていく。
各々のアイドルたちの新たな門出!
aikatsustars71_02.jpg
aikatsustars71_03.jpg
aikatsustars71_04.jpg
aikatsustars71_05.jpg

ヴィーナスアークのツアー出発に伴うゆめ達の短期留学終了に、小春の卒業と四ツ星学園の復帰。61話のあこ関連で勘違いしたときのノリそのままに、今回小春との二度目のお別れはないことを示しつつ、きららが置き去りにされる展開から目線を逸らす見せ方にしてやられる。小春に加えて、予想に反し置いて行かれることになったきららが、今回の話を紐解く上でのキーマンであると感じる。

四ツ星学園とヴィーナスアーク。双方のアイドル達にとって大きな転機となった今回のお話。復帰した小春に対し諸星学園長が贈った「最も重要なのは本人の意志!」という言葉。これを体現するかのように、今回は各アイドルが自分の意志に基づく新たな選択。新しい夢に向かう抱負を語っているシーンが散見している。故に対になるきららの存在も自然と際立って見えます。

不動のトップの座を確立する為にツアーを行い、太陽のドレスを手中にせんと改めて決意を語るエルザの選択も、彼女の強い意志に基づくものなら、才能を認める小春の放出を選んだのも彼女の意志によるもの。小春に関してはヴィーナスアークの流儀に則ったものでもあるが、それ以上に彼女の意志を尊重したのは、小春の夢がゆめと共にあるのを知っているからだと思う。

エルザから見てゆめ単独のベリーパルフェのコンセプトは弱く足りないものがある。未だスタープレミアムレアコーデを手にしていないゆめの元に、ゆめと共に叶える夢を持つ小春を行かせることは、全てのスタープレミアムレアを揃え太陽のドレスを望むエルザの夢を叶えることに繋がる。小春に対する卒業通知は、そんなエルザの強い意志が見え隠れする一幕だった。

そんなエルザと同様に、他のアイドルも自分の意志に基づく選択を行っている。四ツ星に編入することを決め、その新たな場所で新しい輝きを見つけようと夢を膨らませているアリスもまた、自分の意志に基づいた選択をしたことで、新たな門出を迎えることになった一人。きららに対するアリスの赦しも、過去に区切りを付け迷いなく新しい道を見据える彼女の心情を物語る。

そして極めつけは、自分の意志で四ツ星復帰を決めて、ゆめと共に叶える夢を語る小春だよね。共に叶える夢の為に、ヴィーナスアークで自らを高め、今一度ゆめの元に戻ってきた小春。ゆめと一緒にアイカツを初めて、一度は離れて違う道を歩み、今再び始まりの場所に戻ってきた小春が、一つの夢を叶えたゆめに新しい夢は何かと問いかけ道を示してくれる。それが凄く素敵で堪らない。

リリィが引用した詩人の言葉にもあったように、それぞれが始まりの場所を離れて冒険して、世界を知り出発した場所に戻ってきた今だからこそ、初めて二人で叶える新たな夢を知ることが出来たんだなぁと思います。ゆめと共に叶える夢を心に秘め、道を選択してきた小春の行動が己の意志に基づくものなら、それを知り一緒に叶えようと決断したゆめの選択も、彼女の意志によるもの。

夢がその人の意志から生じるものならば、それを叶えるには強い意志が必要で。自分の意志で歩むべき道を選択し切り拓いていくアイドルたち。そんな彼女たちの強さと無限の可能性はどこから生じるものなのか。それを改めて考えさせられる回でした。二人で叶える新たな夢。夢は夢を超えていく。その意志がある限り、夢を追い求める彼女たちのアイカツが終わることはないのだ。


aikatsustars71_06.jpg
aikatsustars71_07.jpg

ヴィーナスアークから意図せずして降りることになってしまったきらら。他のアイドル達が自らの意志に基づき、自分が進む航路を見定めて新たな船出を迎える中で、意に反して残ることになってしまった彼女は、今回の話においては異質の存在といえる。でも、そんなきららだから見えてくるものもあるのではないかと思います。

現状きららはエルザに次ぐランキング二位の実力者で、星のツバサを持つに相応しいアイドルとシステムにも認められている。でもエルザ・フォルテを絶対の存在とし、彼女を信奉するきららは、ある意味で自分というものが薄いアイドルでもあるのだと思います。エルザが言うからこうする。エルザがすることに間違いはない。そこにきらら自身の意志が介在する余地はあまりなかった。

だから、これはチャンスでもあるのだと思う。ゆめや小春たちがそうだったように。自分が虐げたアリスが変わったように。エルザに依らないきらら自身の意志。彼女のアイカツにそれが宿った時に、今よりもう一段階上にいけるのではないかと。エルザ色に一度染まった上で、そこから独自の個性を発揮する。それこそがエルザが真に望むヴィーナスアークのアイドル像でもあった。

航路予定を見て飛行機で追いつけると作中でも言及されているけど、このまま四ツ星に残るも直ぐにヴィーナスアークに戻るも全てはきららの意志次第。エルザと切り離されて否応なしに自らの意志で行動を決めなければならなくなったきららが、この状況から何かを得ることは出来るだろうか。全ては彼女の意志次第。


aikatsustars71_08.jpg
aikatsustars71_09.jpg
aikatsustars71_10.jpg

あこときららも良い感じだし、ゆめと小春に関しては言うに及ばず。幼馴染みでスタートラインを同じくするゆめと小春の道が再び交わり、新しい夢を共に追うというだけで強すぎるんだけど、自分の中ではゆめロラも強いのですよ。ふたりなら最強なんですよ。小春と同様にゆめの最初の夢を彼女と共に追い求めたローラは、やっぱり特別な存在なんだと思います。

小春ちゃんショックの後にゆめの前に立ちはだかった苦労や挫折、そして後悔の念。小春がいなくなった後に、彼女を一番近くで見守り、共に乗り越えて来たのは同じ歌組のローラでさ。一年目の物語において「二人で叶える夢」の片翼を担っていたのは、ローラだったんだと思う。そして、ゆめが感じた悔しさも苦しさも全部知っているローラが、今あのときの後悔を完全に払拭する支えになってくれている。

S4になったゆめと幹部生としてのローラ。今回のライブで本当の意味で後悔を断ち切り、迷いなく前を向くことが出来たからこそ、ゆめは小春と共に追い求める新しい夢に目を向けることが出来るんだと思います。そういう意味でローラってやっぱり物語上においても、ゆめと小春との関係性においても、物凄く重要な立ち位置に居るキャラだと改めて痛感させられる。


aikatsustars71_11.jpg
aikatsustars71_12.jpg
aikatsustars71_13.jpg

長々と色々なことを書いたけど、今回は何を置いても小春ちゃんお帰り!が一番なのは揺るがない。香澄家の面々を筆頭に、全方位から愛されている我らの小春ちゃん。ゆめちゃんと共に叶える新たな夢。今後ますます活躍の場を広げていきそうな小春ちゃんに対する期待は高まるばかり!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・ちぃちゃん)
アイカツスターズ! 第71話 アバンで小春ちゃんの残留確定! エルザ嬢やるじゃなイカ。 次の停泊地へ、ヴィーナスアーク船出航。 きららちゃん乗り遅れるヽ(;´Д`)ノ 小春ちゃんを荷物持ちにするから天罰が^^; 四ツ星学園に小春ちゃん復帰! あまりのめでたさに管理人特上寿司注文ww アリスちゃんも四ツ星へ。編入おめ! 小春ちゃんの夢が素敵んぐ過ぎて全力応援! ゆめ&小...
[2017/09/01 16:34] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m