QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

天使の3P! 第10話「目指せ全員攻略!?過激さを増す女子小学生たちによる争奪戦!」

tenshino3p10_01.jpg
天使の3P! #10「まるっきりデート」

既成事実を作ることって大事なの。
tenshino3p10_02.jpg
tenshino3p10_03.jpg
tenshino3p10_04.jpg

霧夢改め小梅と柚葉を迎えて送る女子小学生達の響争奪戦!愛莉と同じく柚葉があの見た目で小学生という事実の開示もそこそこに、したたかに繰り広げられる女の戦いに見せられる。良くも悪くも自分を貫き、周りを憚ることなく響の嫁を主張する小梅の加入によって、潤たち三人も刺激を受け積極的に動き出し、停滞しつつあった響達の関係性に一石を投じることにもなっていた。

小細工なしで直球勝負をする小梅に、偶発的に発生した響との買い物を満喫しつつ存分に活かす柚葉、純粋に好意をぶつけてくる潤と、各々の状況も三者三様でしたが、ともすれば通報案件にもなりかねない行動や言動を織り交ぜながらの危険な香りを内包した個別デートは、純粋に見ていて楽しいものがありました。やっぱり、今作はこういう作風のときこそ真価を発揮すると改めて痛感する。

潤、希美、そらの三人にとっては、響は気になる異性と言うよりも未だに恩人で身近なお兄ちゃんという位置づけの方が強いかもしれないが、小梅と柚葉が加入したことで、心の中で小さいけど確実に育っていた別の思いが顔を出し始めるというのが良いな。小梅に対する子供ならではの対抗心もあったかもだけど、特に潤にとっては純粋な思いが後押しされた感じもあった。

潤たちの年頃はちょっと背伸びをしてみたくなる年頃でもあるのかなと思いますが、仲良しの他の二人ではなく単独で響と行動を共にする二人きりという状況に拘りを見せたり、普段とは違うキャラ像というアドバイスを得て、潤が女王様然としたキャラになりきろうとしたのも、その大人に対する憧れというか背伸びしたい年頃の子という側面が強く表われていたのかなと感じた次第です。

デートの終わりに響にそれとなくキスをねだる潤の行動は、その最たるものではないかなと思いますが、最後のオチとして尾行していたリトルウィングの皆に気づき、響とのそれより皆との時間を優先したところに、背伸びではない潤本来の純粋さが見て取れたのも良かったなと思います。無理をして背伸びをすることもないし、他の人の動向につられて慌て急ぐこともない。

それぞれがそれぞれのペースで、今この一瞬一瞬を大事にして、共に時間を積み重ねていけばいい。望む未来はきっとその先にあるのではないかと。そんな子供らしさと子供の背伸びが感じられた今回のお話。とっかえひっかえで複数の女子小学生と淫行めいたことをしていた響のあれこれは通報しておくとして、争奪戦の様相を呈しても最後には微笑ましさで満たされる。

心優しい女子小学生達が織りなす素敵空間に魅せられるのありました。でも、小梅の巫女服に名札だったり、柚葉の赤面描写を示すポストだったり、薄着の潤を膝に乗せた響の理性の暴走を示す汽笛だったり、危険な歌舞伎町を前にした一時停止の標識だったり。小物を用いた演出を加えて、かなり際どい所を攻めに攻めていた回でもあったと思います。ある意味で天才的すぎる見せ方。やっぱり今作はこうでないと!


tenshino3p10_05.jpg
tenshino3p10_06.jpg

しかし、当たり前のように既成事実という言葉を発するそらや、仕えるべき主を差し置いて誰よりも強い既成事実を作り、その上で全く悪びれる様子を見せない柚葉等々。単なる子供では済まされない女の顔を見せる子もいたりして、やはり年頃の女の子の難しさと怖さ、成長速度の速さを痛感せずにはいられないのです。

今はいいけど数年後にこの状況を持ち越していたら、ドロドロの愛憎劇に発展して響が誰かに…なんてことにもなりかねないよ。純粋な女子小学生達が相手だから成立している今の関係。ある意味で奇跡の上に成り立つ尊いものなんだ。


tenshino3p10_07.jpg

妹ではないと言い張る相手になりきりプレイをさせ、小学生としか思えない子供に際どい格好をさせて羞恥に悶えさせている。これは完全にアウトです。店員さん、今すぐおまわりさんに通報を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんにちは。

柚葉と潤とのデート回でしたね。
次は霧夢ともデートしてあげてください。
柚葉も潤も楽しそうでよかったです。
[ 2017/09/16 12:02 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
サブタイトルに偽りなしの回でしたね。
新たに加わった霧夢と柚葉でしたが、今回はどちらかというと柚葉に持って行かれた感も。
それだけに次回以降でどのような立ち回りを見せてくれるか楽しみでもあります。
ともあれ小学生組が本当に楽しそうな姿を見られて何より。こういうのが見たかった!
[ 2017/09/16 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

天使の3P! 第10話「まるっきりデート」 感想
巫女さんランドセル…新しい!
天使の3P! ♯10「まるっきりデート」
評価 ★★☆ 人間ってこんなに沢山いたんですねぇ            
天使の3P! 第10話 「まるっきりデート」
潤ちゃんとのデート回! メインヒロインなのに影が薄いとも言われていた潤ちゃんだけどここに来て面目躍如の大活躍!いやでもデートの奇行によってますますポンコツ疑惑が強まったとも言うかw 通報寸前なデートもそうだしあまりにもいろいろなことがありすぎな他の一連の展開も含めて頭がどうにかなりそうな回だった。いや、それがこのアニメのデフォか(ノ∀`)
[2017/09/12 22:22] ムメイサの隠れ家
天使の3P! 第10話「まるっきりデート」
小梅&柚葉コンビ、やっぱりJSだった! 柚葉ちゃん5年生でたいへんよいものをおもちで(*´Д`) おぱーいに関してはアイリーンポジか。 巫女問題が解決、本土で生活したーい!おk!ということでやってきた双龍島ガールズ。 小梅ちゃん響に「結婚しよ」の大胆発言! ヒロインズの響争奪戦激化ですねヽ(;´Д`)ノ 妹ちゃん久々登場でおフロシーン(〃∇〃) そういや兄貴と一...
[2017/09/12 16:08] のらりんすけっち
10話「まるっきりデート」感想
登校日で不満そうにするそらが新鮮で、小梅(霧夢)がくるみに「妻が夫の家に来るのは当たり前でしょ」と言うのと、柚葉が美少年同士の同人誌に目をキラキラさせるのが可笑しかったのと、響を説教している時に希美が、「デートじゃないの!」と小梅(霧夢)と一緒にツッコむのが面白くて、ジャンケンに勝った潤が喜ぶのが可愛かったです。
天使の3P! BSフジ(9/11)#10
第10話 まるっきりデート 夏休みの登校日が納得できないそら。 朝練が終わって5人で登校する、その前に立ちはだかったのは  尾城小梅と相ヶ江柚葉だった。 響たちが帰った後で貴龍の巫女について話し合って廃止された。 御神体として水墨画風の竜を描いた小梅。 望みが叶うと聞いて、内地の学校に通いたいと言ったのだった。 小梅は馨に結婚しようと迫る、母によろしくと頼まれたでしょう。 一方的に迫っても駄...
[2017/09/12 12:29] ぬる~くまったりと
アニメ感想 17/09/11(月) #天使の3P! 第10話
天使の3P! 第10話『まるっきりデート』今回は・・・デート回でした。てか、なんで霧夢と柚葉がいるの?すげー高速で島のしきたりがなくなったらしいです。今までずっと守ってきたのに、そんなにあっさりやめちゃって良いの?そして衝撃の事実が。なんと柚葉も小学生でした。しっかりしてるから、てっきり響と同い年くらいかと思ってました。柚葉と秋葉原デートをすることに。ただの買い物のつもりらしいですが・・・完...
[2017/09/12 02:54] ニコパクブログ8号館
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m