QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

天使の3P! 第11話「衝動に素直に従って行動することの重要性!ライバルバンド結成だ!」

tenshino3p11_01.jpg
天使の3P! #11「対バンと戦慄」

何事も自然体で臨むことが肝要なのだ。
tenshino3p11_02.jpg
tenshino3p11_03.jpg
tenshino3p11_04.jpg

公私に渡って響を独占したいと思う小梅が、新たに引き起こす一騒動。絵描きとしてだけでなく演奏の方面でも響を刺激する存在でありたい。その思いから潤たちに強いライバル意識を抱く小梅が、くるみと柚葉を巻き込んで思うがままに振る舞っていた回でもありましたが、破天荒ながらも自分の欲求に素直に付き従い、自然体で行動を起こす彼女の姿勢は、他の面々にも大きな影響を与えている。

あれだけ高圧的な物言いでバンドへの参加を求められたくるみが、小梅の言うことに渋々ながら応じたのも、兼ねてより思っていた兄に上手くなった自分のピアノを聞いて貰いたいという、自然体の彼女の心情から生じた末の行動でした。きっかけはどうであれやってみたいと思ってから実際に行動に移す小梅やくるみの姿勢は、潤達に歌作りのイロハを説く響の話と密接に結びついている。

希美の一件で歌詞作りに触れ、それ以降自分で作詞作曲をしてみたいと思っていた潤も、今回の対バン騒動に際して心に秘めていた思いを開放し、素直にその気持ちに従って実際に動き出しましたし、そんな潤に対して響が送った鼻歌レコーディングの肝にしても、直感や閃きから生まれる偶然を取っ掛かりにして、まずはやってみることを最も重要なこととして位置づけていた。

また、実際にバンドを組んで小梅や柚葉の凄さに触れて悩んでいたくるみでしたが、今回の騒動においては立場上リヤン・ド・ファミユと対立するライバルバンドにいる彼女に対し、響が助言や協力を惜しまずに申し出たのも、兄として妹の力になってあげたいとう自分の素直な気持ちに従った響の姿勢の表れなのですよね。

このように今回は自分の気持ちや衝動に素直にというのが一つポイントだったように感じました。音楽作りにおいて響が重要視している考え方とそれを実行する難しさ。作ってみようと思ってから実際に行動に移すこと。そして、完成するまで諦めずにやり続けること。一介の音楽Pとして対バン対決や作詞作曲作りを通じて、それを小学生達に伝えていたのが良かったなぁと思います。

何より響の重要視するその考えを体現しているのは、全ての発端となった霧夢改め小梅なのです。確かに彼女の物言いや行動は突拍子もなくてぶっ飛んでることもある。でも、自分がやってみようと思ったら即座に行動に移し、最後までやり遂げようとするバイタリティや芯の強さも同時に持ち合わせている。そんな彼女が発端となったからこその今回のテーマでもあったんじゃないかなと。

前回カラオケに行って披露された柚葉の歌声に、序盤から折に触れて描かれていたくるみのピアノ練習風景。それらの要素を回収しつつ、最後に向けて対バン対決の様相に持っていく展開も鮮やか。さてさて、素直な気持ちに従って動き始めた二つのバンド。その対バン対決の果てに彼女たちは何を得るのだろうか。最後の最後までキッチリ見届けたいと思いまする。


tenshino3p11_05.jpg
tenshino3p11_06.jpg
tenshino3p11_07.jpg

今週もサービスシーンに抜かりなし。鼻歌作曲の為に響を引っ張り込んで混浴状況を作り出している純粋な女子小学生たちとは裏腹に、邪な感情を抱いてしまう汚れた大人でごめんなさい。傍から見てもただでさえ危険なこの状況。もし、仮にここで湧き上がる衝動に従い動いたなら間違いなく通報案件なだけに、自分の気持ちに素直に従って行動するのも、時と場合によるのかもしれない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんばんは。

霧夢がバンドを結成すると。柚葉とくるみが強制参加されましたね。
どんなバンドになるのか楽しみです。
負けたらまた霧夢が泣きそうですが。

作曲のことについては門外漢なのでよくわかりませんでした。
[ 2017/09/22 21:43 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
キャラクターのタイプが潤達とはまた異なる三人で結成されているだけに、
彼女たちが披露する曲も潤達のそれとは違うものになりそうで楽しみですよね。

勝ち負けも気になりますが、同じ舞台に上がりライブを通じて、
霧夢が潤達のことを素直に認められるようになれば良いなぁと思ったりしています。
ともあれ最終回にバンド作品として音楽を通じて何を見せてくれるか期待しているのです。
最後の最後まで楽しんで見ていきたいなと思います。ではでは!
[ 2017/09/23 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

天使の3P! 第11話 「対バンと旋律」
潤ちゃん達と一緒にお風呂!! あまりにも自然な流れ(この作者の中ではそういうことになっている)で小学生達と一緒にお風呂に入る展開が酷いw これが響の家の方でくるみちゃんがこの場面に遭遇してかつてない修羅場というのも見たかった。というか桜花さんはこれでも全然波風立たないというのがこの世界の年増キャラへの風当たりを示している(ノ∀`)
[2017/09/21 23:08] ムメイサの隠れ家
天使の3P! 第11話 「対バンと旋律」 感想
潤ちゃんとの不倫がばれた(←マテ)
天使の3P! BSフジ(9/18)#11
第11話 対バンと旋律 潤たちの練習を早く切り上げさせて二人で過ごしたい小梅。 ちんちくりんとデートしたんだってとお怒りモード。 望が響と仲良しアピールで送りつけたらしい。 本妻の私を差し置いてとお怒りの小梅。 霧夢は大事なパートナーだけど本妻の関係じゃない。 響がきっぱりと小梅に説明する。 怒って泣きながら走り去る。 練習が終わって外で待っている小梅。 響には霧夢もリヤファミも刺激を当てて...
[2017/09/20 02:06] ぬる~くまったりと
天使の3P! ♯11「対バンと旋律」
評価 ★★☆ 女の戦いですねぇワクワクします!            
11話「対バンと旋律」感想
小梅(霧夢)が響に「昨日、そこのちんちくりんと浮気してたそうじゃない?」と追求して、潤に「私、小梅ちゃんよりは、背大きいんだけどな」と言われるのが可笑しかったのと、希美が響に本妻じゃないと言われた小梅を「夢からさめた気分はどう?」と煽るのが酷くて、小梅が柚葉の次にくるみをバンドに入れようとして呆れられるのと、響がそら達と混浴している所を、桜花に見られるのが面白かったです。
天使の3P! 第11話「対バンと旋律」
響を独り占めしたい小梅ちゃん。 ごーいんぐまいうぇい全開ヽ(;´ω`)ノ リヤン・ドファミユに対抗してバンド結成だ! …自分は演奏しないのね^^; 双龍島ライブのときと同じく、バックステージに絵を描く演出。 演奏者は、まずボーカルに柚葉ちゃんを指名。 面白そうと柚葉ちゃん二つ返事でおk。 続いてピアノが出来るくるみちゃんに白羽の矢を立て家に押しかけ^^; くるみちゃん...
[2017/09/19 15:50] のらりんすけっち
アニメ感想 17/09/18(月) #天使の3P! 第11話
天使の3P! 第11話『対バンと戦慄』今回は・・・霧夢となんか揉めてます。前回のデートの事がバレたのね。バレたと言うか、報告してたのか。てか、霧夢なんか勘違いしてますよね。ここは一度響がビシっと言ってやるべきです。一応練習の邪魔だから出ていってとは言いましたけど。なんか霧夢がバンドするみたいです。くるみをバンドに誘ってるのですが・・・なんであんなに高圧的なの?お願いしに来たんじゃないの?多分...
[2017/09/19 02:48] ニコパクブログ8号館
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m