QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法陣グルグル 第11話「王道冒険譚における一国の大臣は真っ先に疑ってかかるべし」

guruguru11_01.jpg
魔法陣グルグル #11「弟子入り!コパの森!」

カマドウマとくりまんじゅうの盗賊生活の始まりだ。
guruguru11_02.jpg
guruguru11_03.jpg
guruguru11_04.jpg

盗賊団ガバでの修行生活からバナナムーン争奪戦の中盤までを描いた今回のお話。大臣に扮した魔物が内部からコパールを掻き乱しているのに呼応するかのように、状況とパーティーメンバーが入れ替わり立ち替わりで推移していく今回の内容は、ごった煮混ぜ混ぜ具合の様相を呈していて終始圧倒されてしまう。まさに、大混乱なのである。

国を巻き込んでの一大事でもあるコパールの騒動は、かつてない程に大規模なものでもあり、まさに総力戦の様相を呈している。かつての冒険で出会った仲間たちに、コパールで新たに出会った仲間たちが加わり集結する。今回に関して言えばニケとククリの存在感が若干薄れていた感もあったけど、それも集団対集団というコパール編の性質が表われているところかなと感じます。

でも、様々な思惑の元に集った個々を一つに結びつける。その役割を果たし中心に居るのはやっぱりニケとククリの二人なのです。コパール編においては最初は全くの部外者というか偶然巻き込まれる立ち位置にいたのに、気がついたら周りの協力を取り付けて中心に来ている。これこそがニケとククリの最大の魅力にして強みの部分でもあるのかなと改めて感じた次第です。

国の趨勢に纏わる一大事にこれまで冒険を共にした仲間たちの総集結。これだけ見たら物凄い熱い展開でシリアス寄りになってもおかしくはないところを、抜くところはしっかり抜いてバランスを保っているのは流石である。基本カッコイイお頭のサライも、ここぞというところで横やりが入ってイマイチ決めきれないし、それこそ国を背負って立たなきゃいけないミルカ姫もどこか抜けている。

いつも以上に激しく入れ替わるパーティーメンバーと、次々に推移していく場面転換。そんな状況でも崩れることのないシリアスとギャグの絶妙な塩梅が見事。これこそがグルグルの肝でもあるだけに。駆け足気味と言えばそうなんだけど、それでも見せるところはしっかりと見せてくれていたのかなと思います。

暗躍を繰り広げる大臣に連れ去られたミルカ姫と奪われたバナナムーン。難攻不落の城塞に国を相手取っての作戦展開と、状況的にはかなり厳しくて苦しい状況なんだけど、盗賊と魔法使いとして更にレベルアップしたニケとククリを筆頭に、久々に集った面々が如何なる立ち回りを見せてくれるのか。次回も楽しみに待つことに致しましょう。

それにしても古今東西。国の大臣というのはいつの時代もモンスターに成り代わられて暗躍するポジションにあるのだなぁと。ドラクエとかクロノとか当時の大作RPGにおいては半ばお約束みたいなもんだったもんね。へっくしょん!まもので正体を看破された魔物は、後にも先にもグルグルの大臣だけだと思うけど(笑)


guruguru11_05.jpg
guruguru11_06.jpg
guruguru11_07.jpg

前回がある意味でおやじ祭りだっただけに、今回はそれを補って余りある美少女や美女キャラ勢揃いで、こちらも良い感じでバランスが取れているのかなと感じている。今回ニケがククリを守る為に、更に力を付けようとサライに弟子入りしていて、ニケのククリに対するスタンスも今まで以上に明確なものになってきている。そこへ来ての美少女キャラ勢揃いなのです。

ニケが女にだらしなくて突発的に目移りしてしまうのは今に始まったことではないが、ルンルンにしてもジュジュにしてもミルカにしても、村の通行人とかではなく、それぞれがククリと親しい間柄にある人物でもある。その人物達に対するニケの行動。それを見たククリの感じ方や捉え方。

それらが後々のアラハビカ編に効いてくるものとして、この辺りから仕込まれ始めていたのかなぁと今だから思える。最後にチラッと出てきた天使も含めて、ククリのハートに纏わる関連描写。これもグルグルの根幹に関わってくる大切なところですね。


guruguru11_08.jpg
guruguru11_09.jpg

武器屋の娘レピアも女性キャラではあるけど、彼女に関しては不幸を一身に背負う存在としての印象が強い。気がついたらアダムスキーによって、自分の店に怪しげな改装を施され、これまた気がついたら盗賊風情の男と怪しげなお姉さんが「動きのある」会議の場として占拠して暴れ回っているのです。大臣の圧力にも屈さなかった善良な市民なのにどうしてこうなった…。

レピアは個人的に元々好きなキャラでしたが、アニメ第二作目であるドキ伝において、原作以上に不幸な目に遭わされていた印象も未だに強い。強烈すぎる本作のおやじキャラ達が店の前に陣取ったあの絵面は未だに忘れられない(笑)基本原作に忠実な今作ではそんなことにはならないと思うけど、いつかこの気苦労から解放されて報われる日が来ると良いよね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんばんは。

ニケとククリとトマのパーティーにルンルン・総裁・ジュジュが合流。
さらに盗賊団の面々も加わって賑やかになってきましたな。
これでキタキタおやじがいたらカオスですね。

そうそう大臣ってRPGでよくモンスターに入れ替わられますよね。
グルグルでは最初からわかってるわけですが。

レピアちゃんっていましたね~。割と好きなキャラですよ。
[ 2017/09/22 21:49 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
現状だけでもパーティーメンバーは過去最大の人数で皆それぞれ濃すぎる面子ですもんね。
只でさえニケとククリが少し食われ気味なのに、
これでキタキタおやじまで居たらいよいよ収集が付かなくなりそうなだけに。
現状はこれでギリギリバランスが取れているところなのかなと思ったりします。

当時のゲームをプレイしていた人だとやっぱり大臣は怪しいはみんな思いますよねw
仰るようにグルグルではバレバレで多方面から割り出されてしまっていますが。
王様だと謀略云々という要素は薄くなりますし、大臣って色々な意味で都合が良いポジだなぁと。

敵も味方もこれだけ濃い面子が集っているだけに、ある意味でレピアの存在は貴重で。
不憫な目に遭うことも多いですが、それでも今を懸命に生きている彼女は自分も好きです。
でも不幸属性がある分だけ、ある意味トマよりは目立っている気も…。
ともあれ次回のお話も楽しみに待ちたいと思いまする。ではでは!
[ 2017/09/23 17:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

魔法陣グルグル 第11話「弟子入り!コパの森!」
盗賊団と和気あいあいのニケとククリちゃん^^; 割烹着姿ククリちゃん可愛い♪ 盗賊団の人たち結構いい人でした! モンスターに襲われたククリちゃんを助けてくれたお頭。 おもてなし好き?ニケとククリちゃんに手料理を振る舞うも激マズ^^; お頭にククリちゃんが料理を教えることに。 その見返りにニケはお頭から戦闘テクニックを教わる、ウインウインですね(^^) ...
[2017/09/22 22:42] のらりんすけっち
魔法陣グルグル 第11章「弟子入り!コパの森!」
評価 ★★ 素直な明るいお尻じゃ!          
魔法陣グルグル 第11章 『弟子入り!コパの森!』
コパールで盗賊に捕まったククリとニケ。 ニケ、ピンチ! と思ったら、何時の間にやらククリが ご飯を作っていた! 盗賊の作る飯は、不味いのね。 これは、妖怪きぃも級なのか! しかし、おばあちゃんお手伝いをしていただけあって ククリは魔法だけでなく、料理も出来ます! OH! これならお嫁に行けます! 行けず後家にならなくて済...
[2017/09/22 20:53] 奥深くの密林
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m