QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第75話「優雅さの中に見える本当の姿!優しくて温かな香澄家の休日!」

aikatsustars75_01.jpg
アイカツスターズ! #75「香澄家の休日」

幼さと包容力を兼ね備えた真昼ちゃんが強すぎる。
心温まる最高の香澄家エピソード!
aikatsustars75_02.jpg
aikatsustars75_03.jpg
aikatsustars75_04.jpg
aikatsustars75_05.jpg

およそ一年ぶりとなるオフタイム回。今回は真昼と香澄家に焦点を当てた内容でしたが、一見すると優雅に見える人や物の中にある素顔や本当の姿が見える回でもあったのかなと思います。両親も子供も全員が著名人の香澄家。傍から見るとやはり特別で普通とは違うところもある。でも、その優雅さの裏には普通の家庭以上に、家族のことを大切に思う香澄家の面々がいる。

仕事を離れたオフでその中身に迫り、彼女たちも普通のそれと全く変わらない。むしろ、普段は各々が急がしくて、全員が揃う機会がなかなかないからこそ、親兄弟と過ごせる僅かな時間と家族との思い出を普通以上に大切にしている。ゆめ達も家の大きさや煌びやかさに目を奪われていたけど、その中に見え隠れする本当の姿。ごく普通の温かみある家族であることを全面に押し出す作劇が素敵。

その中でも今回の主役である真昼個人は特にそれが顕著に表われている。普段は姉御肌で勇ましくて頼りがいのある格好良いアイドル。でも、そんな優雅な佇まいをする真昼の中には、もっと親兄弟と一緒の時間を作りたい寂しがり屋な一面が潜んでいたのですよね。当初真昼が一生懸命気を張っていたのも、その寂しさから逃れて埋めようとした思いがあったのだと今だから思える。

怖がりで寂しがり屋で本当は孤独に耐えられない。今の真昼像とは逆の子供時代の姿。それも香澄家の事情があればこそ形成されたものですが、両親や兄が不在がちでどうしても夜空との時間が増えたこと。それ故に特に姉との繋がりに固執したこと等々。真昼個人と香澄家のルーツが明かされることで、過去エピソードの内容と密接に結びつき厚みが増すのを感じられるのも堪らなかった。

今は色々なことを乗り越えて成長したし、もう一人で孤独や寂しさに打ち震えるだけの真昼ではない。ローラの励ましやあこの助っ人を果たしたように、今では家族以外に気心を許せる大切な友人や仲間も出来た。でも、それでも真昼にとって、両親や兄姉と過ごす時間は掛け替えのない特別な時間なんだよね。突如舞い込んだ仕事が終わった後の真昼の独白。寂しさを感じさせる帰路。

同様に飛び出した兄や姉に仕事だから仕方ないと言葉は掛けたけど、本心ではやはり一緒に過ごしたくて。そんな真昼を待っていた最後のサプライズバースデーパーティーは、だから本当に嬉しいものだったんじゃないかと思う。一ヶ月前とは言え家族の皆が自分の誕生日を忘れておらず、どんなに忙しく離れていても、在りし日の動物園の思い出は皆の中で今もしっかり共有されている。

それを感じさせてくれる朝陽と夜空からのプレゼントと、両親からの言葉は本当に感慨深いものがありました。離れていても、いや離れているからこそ今共に過ごせるこの時間と思い出を大切にしていける素敵な家族。その在り方。アイドルとしてではない。気負いもしがらみも感じさせない。真昼の満面の笑み。それが全てを物語っていたと思う。

どんなに凄い人でも家族を大切に思う気持ちは変わらない。優雅で華やかなイメージが先行する香澄家の中に見え隠れしていた素顔。それが見える優しさと温かさに溢れていた素敵な休日だったのではないかと思う。やはり香澄家メイン回に外れはなく、オフタイム回に外れなし!


aikatsustars75_06.jpg
aikatsustars75_07.jpg
aikatsustars75_08.jpg

香澄兄妹三人だけのシーンもレアで印象深い。M4や小春が絡まない朝陽は、しっかりお兄ちゃんしていて家の中での姿を確立してくれたし、彼も両親との再会を心待ちにしている様子が描かれていた。夜空は夜空で真昼だけでなく朝陽も溺愛して弄っていた幼少期の姿が描かれていたし。

ハリネズミを怖がっていた頃のロリ真昼は、今のイメージとはかけ離れていたとても可愛らしいものだった。また、このときの描写から真昼が今の髪型になったのも、この頃の夜空の髪型を意識してのものなのかなと思えたりして妄想が捗るのです。大きくなって離ればなれになることが増えても変わらぬ兄妹仲。普段とはちょっぴり違う兄妹描写の濃さを堪能させてもらいました。


aikatsustars75_09.jpg
aikatsustars75_10.jpg
aikatsustars75_11.jpg

一人になって寂しくなっていた真昼の所へ戻ってきたローラがマジイケメン。まひロラの組み合わせは主に劇場版で迷えるローラを真昼が後押ししたところから始まっているが、その後もユニット結成回であったり、要所要所でお互いを支え合う姿が描かれていて、今回のこれもその一端であるのかなと感じられる。

二人共に普段は周りから頼りにされることが多い姉御肌。でも、そんな二人だからこそ中々他人に弱いところは見せられず相談することも叶わない。だからお互いの存在が良い意味で支えになっているんだなぁと思うのです。共に特殊な家庭環境で生まれ育ち気質も似ている二人だから互いの相談相手も務まる。

長い時間をかけて築き上げられた人間性。それがもたらすシンパシー。ゆめこはとはまた違う意味で良いパートナー性を持つ間柄なのではないかと改めて感じたのです。それにしてもこのシーンのローラはイケメン過ぎるなぁ。インターフォンとか押さずにどうやって入ってきたとか吹っ飛ぶくらいのイケめんっぷりに、自分はすっかりやられてしまったよ。

aikatsustars75_12.jpg
aikatsustars75_13.jpg

今回はおよそ一年ぶりとなるオフタイム回と言うことで、昨年と見比べてみても楽しいのではないかと思う。真昼ちゃんの几帳面さも存分に発揮されてたし、真昼に対するあこの発言も昨年の自分の経験を顧みた上での助言になっていて感慨深いものがある。この一年の間に本当に色々なものが変わったなぁ。本当にみんな仲良くなったし立派になった。

また、同回のゲストキャラでもあったレイナちゃん。喧嘩してしまった母親のためにバースデーケーキを作ろうとしていた彼女に送った真昼の助言も、今回を見た後だと更に味わい深いものがある。あの時点で夜空と和解していたからこそ、大好きな人に気持ちを伝えることの重要性を教えることが出来たんだよね。

それに加えて一緒にいたいけど一緒にはいられない。姉だけではなく自分と両親の関係性があったからこそ、大切な気持ちを伝えられるチャンスがあるなら伝えるべきだと、より強く思ったのではないかと。普段一緒にいられる機会がない真昼だから余計に。過去回の内容の厚みが更に増す。そういう意味でも今回は節目を飾るのに相応しい回だったと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・野良猫ハート・てーきゅう9期)
アイカツスターズ! 第75話 香澄家あったかほほえま家族(^^) ママン美人なのん~ヽ(゚◇゚ )ノ 子どもたちはみんなママ似なのね。 ロリ時代の三きょうだい写真かわええ(≧▽≦) 女装させられてる朝陽きゅん^^; 美人姉と可愛い妹。しかも性格良し。 朝陽くんなんて羨ましい奴じゃ! 仲いいし、理想のきょうだい像ですね。 ひさびさに全員集合の香澄家。 やっと家族が揃った...
[2017/09/29 06:34] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m