QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法陣グルグル 第12話「仲間と自然界の力を味方に付けて初めて発揮出来る真の力」

guruguru12_01.jpg
魔法陣グルグル #12「戦え!コパール城!」

吹いたホラ話が現実のものになる。
guruguru12_02.jpg
guruguru12_03.jpg
guruguru12_04.jpg

城への潜入からコパール編の終わりまでを描いた今回のお話。城への潜入工作の過程で魔界を見る力に目覚めたククリが、晴れてルンルンから一人前の魔法使いになったことを褒められていましたが、このように今回は一人前と呼ぶに相応しいだけの技能を持った各キャラが、自分の得意分野で力や知識を発揮しつつ、パーティーとしての強みを如何なく発揮しているシーンが目に付く。

例えばニケ達一行を後方支援していた盗賊団ガバは、ある意味でお頭の力と言えるし、趣味が料理という彼の個性から盗み食いをしてアヒル化したことも、結果としてミルカ姫と自身の身を守ることに繋がっている。直接的な戦闘だけでなく、戦闘補助や状況判断といった知識面においても活躍していたルンルンは、一行の要にしてブレーンとして機能していた。

八面六臂の活躍を見せたジュジュについては言うに及ばず。新しい力に目覚め大砲としての役割を果たしたククリも戦闘面では重要な一翼を担っていた。他のメンバーの活躍に比べて途中までは目立たずに、何故か料理修業を始めたニケも、ここ一番のところで火の王に認められ、光魔法の最高峰キラキラの本来の力を引き出すことに成功している。

このように今回は個々の特性が色濃く表われているシーンが散見していた。しかし、その強烈な個だけでは今回の状況を打破することが出来なかったのも事実。お頭だけでは魔法関連の罠や攻撃に対処出来ないし、ルンルンだけでは火力が不足するし、ジュジュも一人では無闇にトランスを使えない。ニケとククリも他メンバーのサポートがあって初めてその力を存分に振るうことが出来た。

他のパーティーメンバーがそれぞれの強みを存分に活かすことで、結果として誰かにとっての弱点を補い合う形が出来ていたからこそ、各々が持つ力を最大限に発揮することが出来たのだと思います。強烈な個や強みを活かすための支え合い。これこそがパーティーを組む最大の利点でもあり、コパール編における集団対集団を鍵となる要素だったと改めて感じるのです。

本作では勇者が使う光魔法の象徴とされるキラキラも、バナナムーンを手にしたニケがホラ話に出ていたギャグ技で印象を自ら上書きするなどもしていて、相変わらず真面目な要素とギャグ要素の塩梅も絶妙だったかなと思います。アダムスキーとトマも秘密兵器こそ間に合わなかったけど、潜入時に兵を無力化するアイテムは譲渡しており、まさに今回はパーティーで掴み取った勝利だと思います。

さてさて、国を揺るがしたコパールの騒動も一段落してパーティーも解散。再びニケとククリの二人だけとなって迎える新展開。これまでは騒動の収束と同時に次の指針が示されていたけど、何も情報を得ないまま旅だった二人はどこに行ったらいいか分からない。そんなニケとククリを待ち受ける新天地での冒険が如何なるものになるのか。二クール目も楽しみ!


guruguru12_05.jpg
guruguru12_06.jpg
guruguru12_07.jpg

コパール編のルンルンは原作を読んでいた当時から魅力全開で印象深かったのだけど、やはりエキゾチックなお姉さんは良いものだなぁと改めて思わせてくれる。こんなルンルンやミルカ姫に憎からず思いを向けられているお頭は本当羨ましいぞい。


guruguru12_08.jpg
guruguru12_09.jpg
guruguru12_10.jpg

二人のクーちゃんが仲良くしている姿は、まさに夢のような空間でありました。ククリの衣服を補修するためにジュジュが縫い付けたハート生地は、原作ではククリ以外のメンバー全員に内心「だせえ」と思わせた力作。でもそれを表立っては言えず、喜ぶククリに同調した他のメンバー全員に縫い付けられる事態に発展してましたが、そこはアニメではカットされていましたね。

幼少期の自身の呼び名でもあったクーちゃん呼び。ここから先のククリに対するジュジュのスタンスは、とても意味深なものが多くなっていくけど、その片鱗が表われ始めたところでもあったのだなぁと今だから思える。なかなか真意を測れないジュジュ。その思いの向く先や如何に。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんにちは。

大臣を倒しバナナムーンを取り返すことができましたね。
ニケの火の剣がなくてもジュジュだけでよかった気もしますが。
ニケが火の剣を使えるようになりました。

今回でパーティーを解散してまたニケとククリの二人旅に。
なんかさみしくなっちゃいましたね。
[ 2017/10/01 13:06 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
今回に関してはトランス状態のジュジュでも確かにオッケーだったかも。
ただ、自然界の王全員に認められなければキラキラが真の力を発揮出来ないだけに。
ニケが火の王に認められるのも必要なワンステップであったことも事実。
まぁあの料理修業が勇者の伝説に纏わるものに直結するなんて普通は思わないですがw

祭りの後の静けさではありませんが、これだけ人数が揃って大騒動でしたもんね。
再び二人きりになったニケとククリが旅立った先に待ち受けるものは…。
ろくでもない騒動になるのは目に見えているだけに、先を楽しみに待ちたいと思います。
二クール目も楽しみです。ではでは!
[ 2017/10/02 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

魔法陣グルグル 第12章 『戦え!コパール城!』
コパール城にプラトー教のお祈りの為という名目で潜入した ニケたち。ジュジュがいれば、このような戦略が取れるのね。 それにしても、ルンルンのセクシー攻撃! 凄いですね。 こんな時にククリがレベルアップ! 魔界を見る能力を身に着けた! そして、ニケは料理の腕を上げた! これなら、お婿に行けます! amzn_assoc_ad_...
[2017/09/29 21:56] 奥深くの密林
魔法陣グルグル 第12章「戦え!コパール城!」
評価 ★★ 本当のことだったのよ          
魔法陣グルグル 第12話「戦え!コパール城!」
お話の組み立てが実にうまかったコパール城編。 これいるの?と思ったエピが超重要だったり。 ミルカ王女救出ミッション発動のニケたち。 ニケ、ククリちゃん、ジュジュちゃん、おかしら、ルンルンさん。 まあこのチームなら万に一つも負けはないなと。 魔界を見る能力が身についたククリちゃん。 一人前の魔法使いへの重要なステップのようで。 ニケは二枚目も三枚目も行けるのが...
[2017/09/29 20:09] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m