QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

魔法陣グルグル 第13話「モンスターも人間もご一緒に!闇と光が混在する魔境アラハビカ!」

guruguru13_01.jpg
魔法陣グルグル #13「伝説!イエタ村!」

あらゆる力の混在こそがニコピョン族の強さなのだ。
guruguru13_02.jpg
guruguru13_03.jpg
guruguru13_04.jpg

イエタ村での一騒動からアラハビカ編の導入部までを描いた今回のお話。光の者と闇の者が行動を共にする歪なパーティー。しかし、それ故に生まれる新しい力がある。今回イエタ村に滞在中に起こった様々な出来事も、後のアラハビカ編で重要となるテーマの前振りとして機能していたのだと改めて思いましが、そんな今回を紐解く鍵は混在という要素ではないかと感じます。

ドラゴン伝説が伝わる村で、しかしそれが見えているのは、怪しさ全開のハワイ食堂を営む婆さん唯一人。前回魔法使いとして一人前になったククリが、魔界を見る力を習得し、ルンルンがこの世と魔界は重なり合っている表と裏である旨を説明してくれていたが、このグルグルの世界そのものからして異なる要素が混じり合うことで形をなすのです。

一見すると何もないどこにでもある平和でのどかな村。でもその村の中に伝承の語り手としてドラゴンと村人を繋ぐ婆さんと、ミグミグ族が残したグルグルの紋様を奉った聖なる地が混在することで、あの村は一つ特別な意味を持つ村として成立している。

また、婆さんが語る神の舟の話を模したかのように、レイドが村を襲撃するときに乗って来た巨大シェルにフラフラと惹きつけられるククリの姿は、純粋すぎるが故にどちらにも振れる彼女の危険性を改めて示してくれている。レイドに闇魔法を知らなすぎると指摘されたニケにしても、無知さがもたらす危険性を提示してくれている。レイドのくだりは原作と少し展開が変わっているけど。

魔境の入り口で二人を試した水晶ババアも、光と闇が一緒にいることの歪さと危険性に再度触れてくれている。このように今回は光と闇の混在があらゆるところで示唆されており、実際これらの要素は全てアラハビカ編でニケとククリの身に起こる出来事に直結するものになっている。

光と闇だけでなく人間と魔物という意味でも今回は混在していた。人間の女の子と仲良くするニケは、これまでの話の中でも度々出てきていたけど、魔物の娘ナナコナに言いよられてデレデレするというのは、今までとは似て非なるものだと思います。光と闇。人間と魔物。ありとあらゆる者が混在し一つのものになって混じり合う街。それがアラハビカが魔境と言われる所以でもある。

でも、その混在は何も危険なだけではなく希望を生む新たな力になり得るものでもある。ふざけた外見ながら真面目なことも言っていたナナコナの父で長でもあるヌシタが示したように。どうでもいいものを集めて一つのパワーと出来るなら、それがそいつの強さ。世界には今作られつつある部分があるが、新しい力とはそういうもの。ニケとククリの力の根源はまさにそこにある。

あらゆる人と物が混在し一つの形を作り上げているアラハビカ。そこでニケとククリが直面し、新たに生まれてくる力とは如何なるものになるのか。個人的にもグルグルの話の中で一番好きなアラハビカ編のお話。再び出会った厄介なおやじも織り交ぜて送る物語の果てに待ち受けるものは。次週も本当楽しみです。ウニョラー化、どこまでやってくれるかなw


guruguru13_05.jpg
guruguru13_06.jpg

魔王ギリの支配下にないモンスター達を治める長の娘ナナコナ登場。当時から好きだったけど改めて今見てもやっぱり好きなキャラクターの一人。人間と魔物の境界を意識させてくれるキャラでもあり、アラハビカ編で肝となるククリの心を刺激し揺さぶる存在の脅威を先んじて示してくれていたキャラだったんだなぁ。コパール編から顕著になっている積み重ねの一つでもあるなぁ。


guruguru13_07.jpg
guruguru13_08.jpg

お待たせしました凄い奴!ということで再び巡り会ってしまった我らのキタキタおやじ。このあらゆる物が混在するカオスの街に、ある意味最も相応しいと言えるキャラの一人なのかもしれない。人間扱いされないことも多く、ツチヘビとかにも魔物判定喰らうおやじですし。一人で人間と魔物の両方を担う存在。混在という概念を最も体現してるキャラは、もしかしたらおやじなのかもしれない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
雪光さん、こんばんは。

キタキタおやじまたまたでてきましたね~。
モンスターにはなぜか踊りがウケてるし。

モンスターの町なんてあるんですね。
ギリの支配下に入っていないってことで敵対することはないと。
みんないいやつそうですね。

レイドくんはやっぱり悪役にはなれないみたい。
[ 2017/10/06 21:57 ] [ 編集 ]
Re: 諸葛鳳雛さん
人間には邪険にされるけどモンスターを初めとする異形の者には好かれることもある。
その辺りもおやじの奇妙な特性が表われているところと言えるのかもですね。

モンスターは基本的に世界や人間を脅かす悪い存在。
というのがこれまでの物語でしたが、故にアラハビカの成り立ちは異質でもあって。
普段は見えない、見えにくい世界のもう一つの側面。それを見たときに…
というのがアラハビカ編の肝かなと思うだけに、次回もそこに注目したいです。

悪ぶるんだけどレイドは相変わらず良い人で悪役にはなりきれないですよね。
今回カットされてましたが、あの巨大飛行船の着陸場所が結局見つからず、
村への上陸を断念して引き上げるというのが原作の流れでもありました。
アッチ村でもそうでしたが、村の衆が本当に迷惑に感じることは決して行わない。
魔族だけど良い奴。レイドもまたアラハビカ編のテーマに重なる存在なのかなと。

[ 2017/10/07 19:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

魔法陣グルグル 第13章 『伝説!イエタ村!』
何処に向かったらよいのか判らないニケとククリの前に ギップルが現れた! そして、ドラゴンンに征服されているイエタ村があることを 教えられて、目標決定! 村人には見えないドラゴンをニケとククリは見えるし 村中の猫たちが突然、踊り出してイエタ村は、大騒ぎ。 どさくさに紛れてレイドまで登場! モテモテ勇者ニケ。 モンスターの娘...
[2017/10/06 22:49] 奥深くの密林
魔法陣グルグル 第13章「伝説!イエタ村!」
評価 ★★ モンスターも人間もご一緒に(意味深)          
魔法陣グルグル 第13話「伝説!イエタ村!」
再び二人旅のニケとククリちゃん。 ギップルのガイドでイエタ村に行くことに。 村はドラゴンに征服されているという噂が。 着いてみると…ほのぼの~♪ ハズレ情報源ギップルちゃん逃走^^; 村の食堂兼宿屋に身を寄せたニケとククリちゃん。 おばあさんつっけんどんだけど悪い人じゃなさそう。 ギンギー料理なつい~ ビビるニケくん^^; おばばにしか見えないという村...
[2017/10/06 19:56] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m