QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

キラキラ☆プリキュアアラモード 第37話「自分の気持ちに準じる!シエルが選ぶ今の居場所!」

kirapre37_01.jpg
キラキラ☆プリキュアアラモード #37「サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?」

自分がやりたいと思えることをやるから夢と希望は無限に膨らむ。
kirapre37_02.jpg
kirapre37_03.jpg
kirapre37_04.jpg
kirapre37_05.jpg

劇場版公開記念となる映画連動エピソード。世界的に有名な天才パティシエ・キラ星シエルをよく知るソレーヌ女史の来日によって、改めてシエルがいちご坂に留まる理由や、ここでしか得られない物と向き合う話でしたが、シエルが登場した当初にこういう話がいつか来るのかなと思っていただけに、今回それが叶って地味に嬉しかったりする。

世界的な知名度を誇る若き天才。その触れ込みで登場したのがシエルで、いちか達も世間的な評判としての彼女は知っていた。でも、パリ時代やいちご坂に来る前の天才パティシエシエルの実態は、弟絡みの話を除くと殆ど知らないに等しいんだよね。ソレーヌの店に自分の意思で赴き、そこで周りの人々にどれだけ必要とされ称賛を浴びていたのか。その実感がイマイチ持てない。

伝聞でしか知らなかった世界のシエル評。映画でその肝心要の部分を描くと思うので、この見せ方は巧いなとも思うところですが、ソレーヌが来て当時の生の意見を直に聞くことで、天才パティシエとしてのシエルが実感の伴うものになる。だから、いちか達も改めて思うんだよね。なんでキラパティを手伝ってくれるのか。才あるシエルが自分たちと一緒にここに居て本当に良いのかと。

でも、それを決めるのは周囲の人間ではなく他ならぬ自分自身。自分にとっての夢や希望。それを叶える為に必要だと感じる物や居場所。自分の才覚をどのように用いるのか。それはシエルが決めること。ビブリーが言ったように他人は関係ない。自分でやりたいと思ったことに準じればそれでいい。他人に左右されるのではなく、シエルが自分の意思でここに居ることを決め、明確を示してくれたのが良いな。

かつて師匠のジャンの元を離れてソレーヌの店に行くと自分で決めたように。今のシエルはパリでは得られない物がこのいちご坂にあると確信して留まることを決めたのです。戻ってきた当初から技術は超一流だった彼女が、パティシエとしてのいちかが作るスイーツに、技術だけでは完成させられないスイーツの奥深さと味わい深さを感じ取ったように。その思いは今も変わっていないのだ。

いちか達と離れたくないとかそういうことではない。あくまでパティシエとしての自分と、自分が作り出すスイーツを更に高めるものがここにはある。かつて弟ピカリオに上手く伝えきれなかったシエルの素直な気持ち。それを今スイーツを通してソレーヌに伝えられたところに、彼女の本気とパティシエールとしての成長を感じることが出来るのではないかと思うわけです。

作り手の技術だけではなく受取手を思い心を込めて作るから深みを増すスイーツの甘みと味わい。自分が本当にやりたいと思えることに打ち込むから膨らむ夢と希望。今の自分が居るべき場所はここなんだと自信を持って高らかに宣言してくれたことが嬉しい。そこにピカリオくん事情が加われば尚良かったのかもしれないが、ソレーヌ女史の前でそれは言えないし致し方ない。

心の底からそうしたいと思えることに邁進するからキラッと輝ける。ソレーヌさんだって自分の気持ちに準じたからこそ極東の島国に自ら足を運ぶまでしてシエルを呼び戻そうとしたんだもんね。そんな日々の先にある夢や希望。自分の意思に準じることの重要性を感じる今回のお話なのでした。日々新しい刺激と発見をくれるキラパティの面々と共に行く夢へと至る道のり。

その手始めとして世界パティシエコンテストにチームキラパティとして参加することになりましたが、それがどうなるかは映画本編を見てのお楽しみということですね。来週から公開の劇場版。感想を書けるかどうかは分からないけど、とにもかくにも今から楽しみなのです。観に行くことは間違いないので!


kirapre37_06.jpg
kirapre37_07.jpg
kirapre37_08.jpg

古き良き正統なツンデレを感じさせるビブリーちゃん可愛い。流石そこそこのお年を召しているだけのことは…(ry。そんな冗談はさておくとしてもビブリーの言葉は、彼女の生き様を反映した含蓄のあるものでもありました。

今以上にノワールの力と彼の陣営が台頭していた当時は、やりたいことをやるなんて出来なかった世相で。ましてやビブリーには自分の素直な気持ちを打ち明けられるような親しい人間もいなかった。それだけに今の彼女がシエルに贈った言葉は重みがあるし、何よりそういう忌憚のない意見をぶつけられるシエルに出会えたことは、ビブリーにとって僥倖だったのだと改めて感じたよ。


kirapre37_09.jpg

プリキュアの伝統にして名物でもある持ち上げは今作でも健在。プリキュアたる者、持ち上げなければならない。持ち上げなければプリキュアに非ず。本命を活かすために横で支える。スイーツ用語で言うところのパルフェのような役割を果たしてくれた皆の頑張りもあって、チームとして一つを成し遂げる一体感も生まれていたように感じます。その中でも特に懸命に頑張るひまりす可愛い!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

キラキラ☆プリキュアアラモード37 サリュー! シエル、フランスへ去るぅー!?
<お知らせ> 本日はイベント(甲州フルーツマラソン出場)の予定でしたが、台風接近のため、遠征を中止しました。このため、通常掲載となります。
[2017/10/24 06:39] しるばにあの日誌
キラキラ☆プリキュアアラモード 第37話感想
 「キラキラ☆プリキュアアラモード」第37話「サリュー! シエル、フランスへ去るぅー!?」の感想です。
[2017/10/23 15:43] Msk-Mtnのブログ
キラキラ☆プリキュアアラモード 第37話「サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?」
接客してるビブリーちゃんに感動した(*´Д`) いちご坂の町はハロウィン一色。 キラパティも乗っかってシエルちゃんのお店と合同イベント。 シエルちゃんのスイーツパフォーマンス大好評。 お店大繁盛でウハウハのところへ…物申す女性登場!  シエルちゃんがフランスで務めていた店のオーナー、ソレーヌさんでした! ソレーヌさんの査定にビブリーちゃんおこ^^; ダメ出し食ら...
[2017/10/22 14:52] のらりんすけっち
キラキラ☆プリキュアアラモード 第37話「サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?」
キラキラ☆プリキュアアラモードの第37話を見ました。 第37話 サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!? ハロウィンの季節を迎え、キラパティでシエルがスイーツを作っていると、シエルがパリにいた時のお店のオーナーでシエルを天才パティシエへと育てたソレーヌがやってくる。 ソレーヌはいちご坂町はシエルに相応しくないとシエルをパリへ連れて帰ろうとする。 いちご坂がパリと同じく...
[2017/10/22 14:46] MAGI☆の日記
キラキラ☆プリキュアアラモード テレ朝(10/22)#37
第37話 サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!? 明日のハロウィンに供えてキラバティで一緒にスイーツを作るシエル。 彼女を迎えにパリからやって来たのは、マダム・ソレーヌ。 彼女はシエルが働いていたパリのお店のオーナー。 ジャン・ピエール師匠の下で修行していたシエルを見出した女性。 キラパティは洗練されていないのでシエルには相応しく無い。 パティシェの頂点を目指すならパリに戻って修行するべき...
[2017/10/22 14:34] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m