為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第86話「自分の信ずる道を歩み続ける限りローラのアイカツは続いていく!」

aikatsustars86_01.jpg
アイカツスターズ! #86「涙の数だけ」

流した涙は決して無駄ではなく。
何度だって立ち上がり自分の道を歩き続けていく。
aikatsustars86_02.jpg
aikatsustars86_03.jpg
aikatsustars86_04.jpg
aikatsustars86_05.jpg

かの名曲TOMORROWを象徴する「涙の数だけ強くなれるよ」というフレーズを連想せずにはいられない。待望の桜庭ローラメイン回。自分の信ずる道をとことんまで突き進む。ゴーイングマイウェイなアイカツを信条とするローラならではの苦悩や挫折。それらを経て明日へ向かう回答を得るまでの魅せ方が素晴らしく類似性を持つローラとエルザを対比する見せ方も素晴らしかった。

今はゆめに遅れを取っている面が目立つが、元々ローラは自信家かつ勝ち気で負けず嫌い。何より目的を達する為に、自身に対する甘えとか妥協を一切許さない性格でもありました。ゆめも初回からあの力の片鱗を見せていたとは言え、周囲から確かな技術と才覚を持っていると評されていたのはローラの方であり、そういう意味で今のエルザに近いタイプのキャラでもあると思います。

ある面におけるローラの上位互換的な存在。目的に向かって脇目も振らずに邁進するスタイルのローラをして、勝負に臨むのを躊躇わせる程の絶対的な実力を有すると認めさせる存在。エルザの存在感に呑まれて、迷い立ち止まりかけたローラと、太陽のドレス入手の為になりふり構わず突き進んだエルザは、やはり対照的な存在として描かれている。

でも、立ち止まりかけかから気づけたこともあるんじゃないかな。マラソン代表の綾乃との出会い。境遇の重なる彼女の考え方や生き方に触れたことで、ローラは今回の勝負が全てではないこと。何より自分自身に負けないことの大切さに気づく。格上に臆して自分を曲げる。ゴーイングマイウェイを貫かない。それをすればエルザとの勝敗以前に自分自身に対する敗北。

これまでの自身のアイカツの否定に他ならなくなる。例えエルザに敗北しても全てが終わるわけではないが、もし自身を曲げて自ら桜庭ローラを殺すようなことをすれば、それこそ過去も未来も全てがなくなり終わってしまう。例え相手が強敵であろうと臆することなく突き進む。

立ちはだかる困難にぶつかりながらも乗り越えて、目的に邁進するゴーイングマイウェイなアイカツこそが、ローラがローラである所以なのだから。確かに今回はエルザ渾身のステージに圧倒された。でも自らが精一杯出来たと。やり切ったと思えるステージに立てたのは挑戦したからこそ。その結果、敗北し流した悔し涙も全ては挑戦したから得られた得難いものなのだ。

負けて悔しくないはずがない。ローラの性格を思えば尚のこと。でも、自分より上のエルザを前にしても逃げず、屈することなく挑み、自分の道を貫いたローラだから、流した涙は決して無駄にはならない。ローラがローラである限り、彼女が自分の道を歩み続ける限り。この負けも悔しさも全てが明日へ繋がっていく。ローラが自分に負けない限り、彼女のアイカツは終わることはないんだ。

どこまでも真摯に前を向いて頑張り続ける人間を、圧倒的な力でねじ伏せる悪役もまた光ると思うのだが、今回諸々のタイミングだったり描写だったり。どこか悪役めいて描かれていたエルザの理不尽なまでの絶対王者感に翻弄されたことで、それでも折れずに再度立ち上がるローラの眩しさが、力強さが、美しさが際立っていたのではないかと感じました。

圧倒的に美麗な作画に緻密なストーリーの積み重ね。そこから生ずるローラの悔し涙の美しさと眩しさは、エルザの太陽のドレスにだって引けを取らない尊いものであると私は確信しているのだ。立ちはだかったのはあまりに辛く苦しく悲しい現実。それでも膝を折ることなく前を向いて歩き出すことが出来る桜庭ローラが、やっぱり自分は大好きなんだ。


aikatsustars86_06.jpg
aikatsustars86_07.jpg
aikatsustars86_08.jpg

ここに来て、このタイミングで新曲「The only sun light」を投入とかエルザ様マジえげつない。超新星爆発というか太陽フレアと見紛うような圧倒的な熱量と輝きを放つエルザは、遂に太陽のドレスを手にするに足る領域へと至った。歴代最高レベルと言ってもいい過剰エフェクトに燃えさかる炎を背負った悠然とした佇まい。今回のステージに懸けた彼女の気迫がそのまま表われている。

いや、もう絶対凄いことやるって思ったけどね。ローラが渾身のステージの後で充足感に浸るのも束の間、若干喰い気味に来てこれだもの。オーバーキルが過ぎるよ!並々ならぬ執念と熱意。ともすれば狂気。合わせて熱狂。星々の中心で燦然と輝く太陽の光は、果たして彼女の母親に届くだろうか。


aikatsustars86_09.jpg

頂点に立つ者は孤高な存在となってしまうのだろうか。今回念願叶ってご満悦のエルザだけど、彼女が太陽のドレスに魅入られれば魅入られる程に、周りから人は離れていってしまっている。確かにエルザは勝利し太陽のドレスを手に入れたが、その代わりに失ったものがあるというか、負けこそしたけどローラが手にしてエルザが手に出来なかったものがあるというか。

ゆめやローラを始め、エルザと母親の関係にも言えるけど、星のツバサ編では周囲やファンからの愛を感じられるか否かというのが、一つ大きなポイントになっていると思う。今回のローラがゆめやファンである前川綾乃の存在に、彼女たちがくれる愛に救われ前を向けたように。心が折れかけたときに支えられ今一度立ち上がる力を貰えたように。

エルザ様は勝負に勝ちこそしたけど、それを感じ取れなかった。理解者だったはずのレイすら遠ざけて、きららやアリアに目もくれずに己が道を邁進した。確かに彼女は勝利し長年の夢だった太陽のドレスを手に入れた。でも、もしそれでも母親の目を自分に向けられなかったら?全てを費やした先に新しい夢や目標を見出せなかったら?彼女のアイカツは明日へと繋がらなくなってしまう。

負け知らずのパーフェクトエルザ。そんな彼女がもし心折れてしまう事態に直面し、立ち上がる力も支えとなる存在もなくなってしまったら…という妄想をすると今回のローラとの対比が更に際立つかなぁと感じる次第。この勝負が全てじゃない。負けても明日へ繋がるものを見出したローラと、勝ってもその先が朧気で危うさを感じさせるエルザ。故に今後の動向に注目したい。


aikatsustars86_10.jpg
aikatsustars86_11.jpg

一度は心が折れかけて涙を流しながらも、再度立ち上がろうとするライバルを受け止め支えてくれるのは、やっぱりゆめとローラ。最高のライバル同士なんだなぁと。丁度一年前にそうであったように。久方ぶりにゆめロラ成分を存分に補充できてもう言うことはないよ。ありがとうアイカツスターズ。やっぱりゆめロラは永遠なんだ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・宇宙よりも遠い場所)
もうすぐ追いつくぞアニメまとめて感想^^; 今回は、アイカツスターズ! 第86話、 ポケットモンスター サン&ムーン 第55話、 宇宙よりも遠い場所 第1話の3本です。 アイカツスターズ! 第86話 今回のお話は個人的には意外だったかな。 エルザ様太陽のドレスゲットしちゃうのね。 ゲットできない理由がわからず悶々のエルザ様。 ”負けることを知らない”からだと思ったんだけど...
[2018/01/05 10:57] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m