為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第87話「聖夜の調べに乗せて!仲間とファンに届ける感謝の気持ち!」

aikatsustars87_01.jpg
アイカツスターズ! #87「ありがとう♪メリクリ!」

みんなの感謝の気持ちが巡り巡って広がっていく。
今年も本当にありがとうアイカツ!
aikatsustars87_02.jpg
aikatsustars87_03.jpg
aikatsustars87_04.jpg
aikatsustars87_05.jpg

アイカツシリーズにおいては既に伝統を紡ぐ恒例行事となったクリスマス回。ただ、昨年のリリィが言っていたように、伝統を守ることも大事なら、伝統を受け継ぎ発展させていくこともまた大事。ということで今回は風物詩たる伐採を始めとしたぶっ飛び要素もそこそこに、この一年のアイカツを通して成長した各人の姿と、新しい夢や目標に向けて動き出す者たちの姿を描いていた回でした。

総合プロデュースを請け負ったゆめがイベントのテーマに掲げたのは、ありがとうという「感謝の気持ち」でしたが、これ丁度一年前のクリスマス回と密接に結びつくところだと思います。例の力の苦悩から解放されて、ゆめが再び走り出したのが他でもない昨年の同回で。そして、ゆめが走り出せたのは、悩みを受け止め支えてくれた先輩や仲間たちがいたからこそ。

応援してくれるファンに感謝の気持ちを返す趣旨も当然あるが、それ以上にステージに立った五人が互いに感謝の気持ちを伝え合うシーンは、自分にとってとても尊いものとして映ります。ゆめだけでなくあのステージに立った全員が、苦しく辛い経験をして立ち止まりそうになったときに、身近にいたライバルや仲間に励まされ、支えられ、競い合うことで前を向き歩み出すことが出来たのだから。

皆がいたから今ここにこうして立てている。そして、普段は恥ずかしくて言えない胸の内ってこういう機会でもないとなかなか明かせないものでもあると思います。状況は違うけど一年前にゆめが不安や苦しい心情を吐露した上で、それを吹っ切って再スタートを切れたように。胸に抱えた思いを打ち明け共有することで、新しい目標に向かって再スタートを切れることもある。

重大発表としてソロデビューを公表したM4もそうだし、あこの感情の変化もそうだし、前回自分が抱える不安や葛藤を吐き出し、それでもなお信じる道を進むと決めたローラに、ブラックスターが持ちかけた世界デビューの話にしてもそうだと思う。当時のゆめと重ねて、いち早く次へ向けて動き出そうとする者たちを、このクリスマス回で描いて見せてくれたのは見事でした。

伝統を受け継ぎながらも発展させていく。この一年のゆめ達のアイカツの軌跡。その積み重ねが彼女たちならではの伝統を築き上げるのなら、発展はその上にこそ成り立つ。S4戦が全てじゃない。アイカツランキングが全てではない。この一年を総括しながらも各人が見据える先が見える。まさに年内ラストを飾るに相応しい内容だったのではないかな。


aikatsustars87_06.jpg
aikatsustars87_07.jpg

真剣に努力していれば誰かが見ていてくれる。今回のもう一つの大きなポイントだったと思うけど、やっぱりひたむきに頑張っている人が報われる瞬間って見ているだけで嬉しくなっちゃうもので。真剣に何かに取り組み打ち込んでいる人の姿は、周りで見ている人の胸を打ち、その人達の目を惹きつける。そして心を動かされるのではないかと思います。

商店街会長さんがゆめ達に今回の話を提案したのも、昨年のゆめ達の頑張りを見ていればこそ。そして、ゆめに限らず他の皆も努力している姿を見守られ導かれてるんだよね。ゆめにとってのひめ、ローラにとってのツバサやアンナ先生、リリエンヌに今回のブラックスター。真昼にとっての夜空、あこにとってのかなた。イタリアに行っていた小春も、デザインに対する情熱をエルザに見初められ見出された。

努力していれば誰かがちゃんと見ていてくれる。今回のローラの台詞だけど、これは彼女に限らずこの一年の間、真剣にアイカツに向き合ってきたゆめたち全員に当てはまる言葉ではないかと思う。だからとても説得力があると思う。S4戦を経てヴィーナスアークと邂逅し、本編で各人を描く中で示された要素を集約した台詞でもあると思うから。この意味でも今回はこの一年を総括する回だったように感じる。


aikatsustars87_08.jpg
aikatsustars87_09.jpg
aikatsustars87_10.jpg

かなあこのあまりにも強すぎる波動に乾杯。ともあれ努力していれば誰かが見ていてくれるを最も体現しているのは、この二人なのかもしれない。当初からあこを見守り、時に厳しく諭しながらも導いてくれて。そして、誰よりもあこの努力している姿と成長していく過程を見守ってくれている。そんなかなたに対するあこの心変わりの兆しも興味深い。

去年のクリスマス回で、M4が恋愛観を語り合っているときに、かなたは「仕事だけやっていても深みは生まれない。それ以外の趣味や行動から個性が生まれる。恋愛も然り」と発言していたけど、この揺れ動いているあこの感情。今味わっている戸惑いや経験も、これから先の女優としてのあこを、一回りも二回りも大きく、そして深みのある人物へと押し上げてくれる物になるのではと思える。

ゆめ達と異なりアイカツランキングには参戦せず、女優一本で独自の道を歩んで来てるのが、星の翼編のあこでもある。であるならすばるとかなたに対するあこの感情的な戸惑い。これらの描写も、ローラと同様にあこがまだ見ぬその先へ進むために必要なことなんじゃないかなと。流石にちょっと強引なこじつけが過ぎるかな。

ともあれ去年はすばるのことしか見てなかったあこにゃんこが、自分で気になる人以外に目が向いてしまっていることに気付くというのが、堪らなく良かったのである。それこそがあこの視野と世界が広がっていることを示す何よりの証でもある。


aikatsustars87_11.jpg
aikatsustars87_12.jpg

今年の伐採役を担うのは、アイカツ史上でも稀に見る武闘派の真昼&レイコンビ!何だかんだ言いつつも、やっぱりこれを見ないと最早年を越せないくらいには染まってるよね。恒例の儀式なので。これで今年も年を越せる!


aikatsustars87_13.jpg

ということで今年のアイカツスターズの放送もこれにて無事終了!今年も色々と濃い一年になりましたねぇ。何だかんだで年度末にやっていたS4戦に匹敵するレベルの回は、そうはないだろうと思っていたけど怒濤の勢いで放り込んでくるものね。小春ちゃんの復帰にアイカツコラボ回。他にもまだまだあるけど本当に予想を良い意味で裏切る充実した一年だったと思います。

年明けからは星の翼編もクライマックスに向けて更に加速していくかと思いますが、その先がどうなるのかということも含めて注視していけたら良いなと思います。世代交代やもしくは…なんてことも思わないわけではないがどうなるか。先んじて世界に踏み出した先代S4に続き、M4やローラがアジアや世界にという話も出始めたのも気になるところではある。

ともあれ来年も変わることなく。いや、今よりも更に全力で楽しんでいけたら良いな!一年前は叶わなかった小春ちゃんが皆と同じステージに立てた喜び。その尊きクリスマスライブの光景を噛みしめつつ2017年のアイカツ感想を締めたいと思います。早すぎるくらいかもしれませんが、皆様よいお年を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ここたま・小泉さん)
アイカツスターズ! 第87話 スターズもリアルタイムで見たかったクリスマス回。 楽しいイベントにしようと張り切るゆめちゃんたち。 ツリー調達担当は真昼ちゃんとレイさん! なんと空手と日本刀で大木をゲットだぜ! アイカツ史にまた新たな伝説が生まれますた^^; 木を立てるのに快く協力するM4の4人が男らしい。 総合プロデュースはゆめちゃん、サポートに小春ちゃんを指名! さすが...
[2018/01/07 18:25] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m