為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第39話「大神田一族大集結!ドタバタの年越し大掃除騒動!」

idoltime39_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #39「年末!ババ大そうじでっすわ!」

画面から伝わってくる濃さと圧力が桁違いに凄い。
しゅうかちゃんの動向も気になる今年最後のプリパラ!
idoltime39_02.jpg
idoltime39_03.jpg
idoltime39_04.jpg
idoltime39_05.jpg

一人でも濃すぎる大神田一族が一堂に会する回というだけでも、その凄さは推して知るべしと言ったところなのですが、実際にその光景を目にするとまた凄いものがある。劇場版プリパリでは騒動の大元になっていたグロリアとプロリアの夢の再共演に加えて、今回はそこにババリアまで加わるのだから、もう止めることなど誰にも出来ようはずもない。

普段はその突飛な発言や行動から濃く映るはずのプリパラアイドル達ですら、勢揃いした大神田一族を前にしては、若干霞んでしまうのだから恐ろしい。画面一杯に所狭しと並ぶ彼女たちから伝わる圧力。有無を言わせず我が道を行く強さを発揮して突き進む様は、往年のプリパラを彷彿とさせるノリも感じられて良い。脇を固めるキャラもメインに負けず劣らず濃いとプリパラの面白さはより光る。

年末の大掃除と言うことで一年の大清算をキッチリ行い、その上で来たるべき新年からの新展開に向けての布石を打つと言うことで、単にネタ方面の面白さだけじゃなく、物語上とても重要になるだろう描写もしっかりと挟んでいたことは印象深い。時の精霊を救う手掛かりたる二つ目の古代メガネの行方に、ガァララに導かれるがままに歩み出そうとしているしゅうか等々。

アイドルタイム一年目の終盤に向けて、しっかりと下地を作っていただけに、来年以降の物語に対する期待も高まる。勿論パパラ宿にやって来てから築かれた関係性についてもしっかり描かれていて。あろまに対して自分の意見をハッキリ言い返せるようになったみちるだったり、でも口八丁のあろまに違う形で言いくるめられてしまったり。清算と新展開はここにも見られたと思う。

また、久しぶりに登場したグロリア校長と、パラ宿出身であるらぁら、あろま、みかんとの長い付き合いがあったからこそ生まれた繋がりを感じられたのも良かった。良くも悪くも互いの個とを知り尽くした間柄。あのあろまとみかんすら黙らせ、らぁらに対してはパラ宿時代と同様に罰を与えてくる。パパラ宿に来てから先輩としての顔が目立つことも多かった三人の、本来の姿が垣間見えたのも嬉しい。

ともあれ基本はドタバタ騒動ながらも次回以降への繋ぎもしっかりと行っていた年内ラストの回。らぁら&ゆいが最後情けない姿を見せて締まったようで締まらない締めというのも、何か実にプリパラらしくて良いなと感じたところ。やるべきときにはしっかりやるが、緩いときはとことん緩い。似た者同士の相性バッチリ主人公コンビ。年が明けてもそれはきっと変わらない。

でも、そのままの二人が魅力的なので、これから先もやる気元気寝起きかしこまっ!の精神で頑張って欲しいのです。それにしても映画でプロリアを演じてくれたデヴィ夫人がまさか再出演してくださるとは。劇場版ならともかくテレビシリーズの中の一話にですもんね。こんなに有り難いこともそうはない。来年以降もまたお目に掛かる機会に恵まれたら良いな~。


idoltime39_06.jpg
idoltime39_07.jpg
idoltime39_08.jpg

人生で初の敗北を味わいながらも、それを素直に受け入れられないしゅうかの行く先はどうなるのか。彼女を常に気遣ってくれているミミ子の話は、今のしゅうかに一番大切で必要なことを言ってくれていると思うが、しかしそれに対し冷静に耳を傾ける余裕を失っている状態でもある。そこへ今の自分のやり方、考え方を好意的に捉えてくれるガァララが現われたらどうなるのかということで。

しゅうかを気に入っているというガァララの発言に関しては嘘偽りなどなく、それは紛れもない彼女の本心でもあると思う。彼女にマイクを託したのも、孤高ながらも強く在ろうとするしゅうかの姿に自分を重ねて共感し、ファララが推しているユメかわなマイドリなんかではなく、しゅうかにこそ強く在って欲しいという純粋な願いから後押ししたい気持ちあってのことだと思う。

決してしゅうかを利用して誰かの夢を奪おうなどとは、ガァララも考えてなくて。彼女が渡したマイクの挙動は、きっとガァララにとっても予想外のこと。今はまだ誰も気付いていない。でも、深く静かなところで着実に進行し始めた危険な動き。

大掃除をして自分の心と周囲の環境を綺麗に清算し、心機一転リセットして新年を迎えるとはいかなかったしゅうか。ゆいと対極に位置するキャラとして確立された感もある彼女が、モヤモヤした感情を抱えながら、この先どのような物語を見せていってくれるのか注目して見ていきたい。


idoltime39_09.jpg
idoltime39_10.jpg

大神田一族の超バトルの余波で吹き飛ばされた物の中にあったタロットカード。女神ジュリィとジャニスが描かれたタロットが、自分の中でとても印象深く映った。次回予告を見るに次はパラ宿に帰還し、壊れていたパラ宿プリパラが復活とのことで、女神姉妹が物語に関わってこないかなーという期待もある。古代プリパラに関する話は、神アイドル編でジャニスが触れていたところでもありますし。

ジャニスと関わりの深いノンシュガーやトライアングルを始めとした、懐かしのパラ宿メンバーとも再会出来そうで楽しみなのである。プリパラの内外で大きく変わるという共通項を持つ者同士として、早い段階からいつか実現したら良いなと思っていたちりちゃんとみちるちゃんの対面が遂に実現しそうなのも楽しみですなぁ。

プリパラの年内の放送もこれにて無事終了!今年は三年という長きに渡って放送された前作プリパラが終了し、新アニメと銘打った『アイドルタイムプリパラ』がスタートし、メインとなる舞台の移動とダブル主人公体制への移行という大幅な変更が加えられて新展開が繰り広げられた年となり、プリパラという作品にとって大きな転換点となった年でもあったと思います。

始めはどうなるかなぁという不安も少なからずあったんだけど、やはり物語が実質地続きであることと、前作主人公のらぁらがそのまま続投したこと、また懸念されていたパラ宿組の出番も割と多めに設定されていたこともあり、然程違和感を覚えることもなく個人的にはすんなり移行出来たかなと思います。パパラ宿組も既にすっかりと馴染みましたし。

アイドルタイムがどこまで続くかは未知数ですが、ついこの間、10周年を迎えるプリリズシリーズからの新プロジェクト「プリティーオールフレンズ」が始動するという告知もありましたので。アイドルタイムもそこまでは続くのではという希望的観測があるんだけどどうかな。一月下旬に来るらしい続報が気になるところ。

ともあれまずは無事に年内を乗り切れて良かったのであります。一年目の物語の終盤をしっかりと見届けていきながら、次なる新展開に期待していけたらいいな。今暫くお付き合い頂ければこれ幸い。年内の個別感想記事は恐らくこれが最後。今年の終わりを無事に迎えられそうなことを喜びつつ、2017年のプリパラ感想を締めたいと思います。それでは良いお年を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・URAHARA・アニメガタリズ)
たまりにたまっているアニメまとめて感想^^; 今回は、アイドルタイムプリパラ 第39話、 URAHARA 第11話~12話(最終回)、 アニメガタリズ 第10話~12話(最終回)の6本です。 アイドルタイムプリパラ 第39話 大神田一族集結、アボカド学園の大掃除! 大会形式にして優秀者には商品が。 なかなかのモチベ出させる技ですな。 グロリア校長の姉、プロリアさんのCVが...
[2018/01/03 18:21] のらりんすけっち
アイドルタイムプリパラ 第39話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第39話「年末! ババ大そうじでっすわ!」の感想です。
[2017/12/29 14:08] Msk-Mtnのブログ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m