為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルタイムプリパラ 第41話「互いが心の拠り所!悲しきしゅうかとガァララのすれ違い!」

idoltime41_01.jpg
アイドルタイムプリパラ #41「しゅうかとガァララ」

心の支えとして距離感を縮めていた二人に訪れた悲劇。
しゅうかもガァララも純粋すぎるが故に余計に切なさが募る。
idoltime41_02.jpg
idoltime41_03.jpg
idoltime41_04.jpg
idoltime41_05.jpg

孤高の天才しゅうかが、始めて心許せる相手として認めたガァララに対して見せる諸々の反応が、もう可愛くて可愛くて堪らない。当初纏っていた他者を寄せ付けない空気は、ガァララとの交流によって確実に緩み、それは親衛隊のメンバーとのやり取りにも表われていて。あのしゅうかが自分にとって心の支えと言い切り、ひた隠しにしていた秘めた感情を吐露する特別な存在。

始めて出来た友達に対するしゅうかの反応は、だからとても尊くて愛おしいものとして映る。どんなときでも自分の傍にいてくれて、自分のライブを褒めてくれるガァララ。セレブだからとかブランドのオーナーだからではなく、華園しゅうか個人として真っ直ぐに自分を見てくれる存在。段階を踏んで少しずつ気を許していく過程が描かれていたからこそ、しゅうかが意を決してガァララに思いを告げるシーンは効く。

損得勘定で生きてきたしゅうかが、始めて損得抜きにして友達として認めた相手。でも、だからガァララとパックが裏で密かに行っていたことへのショックも大きいんだよね。ガァララからすれば騙していたわけではない。彼女にとってそれは悪意ではない。あくまでも自分が起き続ける為に必要なことで、何よりしゅうかと一緒に時間を過ごす為に必要だったから、闇マイクを用いたライブをやっていた。

しゅうかが普通のマイクでライブをすれば、夢の力が高まりファララの側に力が依ってしまうからこその行動。ガァララからすればあくまで一緒にいたいが為に取った措置。それは悪意ではなく純然たる好意で純粋すぎるが故の選択。でも、それは他人の夢を奪うことで成り立っている側面もあり、その実態を知ってしまったからこそ、しゅうかはガァララ達の選択を良しとは出来ない。

ガァララはしゅうかと一緒にいたくて頑張っただけで。でも、しゅうかの目には夢を奪うために自分を利用したと。ガァララが損得で動いていたように映ってしまう。損得抜きで認めた友達からの手痛い仕打ち。しゅうか目線ではそう見えてしまうのよね。どちらが悪いというわけではなく。純粋すぎるが故にすれ違いが生じてしまう二人。嗚呼、もう本当に切なくて悲しくて苦しいのだ。

前半でしゅうかとガァララの尊さが高まり過ぎていたところで、一転して後半パートの悲しき決裂という落差が否応なしに衝撃を高めてくれる。しかし、それ故に見応え抜群な濃い内容になっていたとも思います。お互いが特別で仲直りしたい気持ちも同じ。ならきっともう一度向き合える。素直になれずに苦しんだ過去を持つミミ子や、かつての神アイドルみあが動き出したとき、物語はどう転がっていくのか。

システムにより定められた悲しき運命の楔。そこから解き放たれなければ根本的な解決には至らない。そういう意味で唯一の希望である古代メガネの在処を探すゆい達の動向は、やはり鍵になる。孤高の天才しゅうかと長く孤独を抱えていたガァララ。二人が仲直りして笑い合う為にも、ファララとガァララを同時に救う為にもね。友達と仲間の力がやっぱり重要になる。そう思えた今回のお話。


idoltime41_06.jpg
idoltime41_07.jpg
idoltime41_08.jpg
idoltime41_09.jpg

ガァララのデビューライブ!ファララのステージと対になる夜を基調としたステージ構成。でも夜の静寂さを感じさせるのではなく、どちらかというと賑やかで騒がしい曲調の新曲『すた~らいとカーニバル』は、ガァララが真に欲してやまない昼の喧騒を思わせてくれて良い。しゅうかとお揃いのロイヤルファーサルビアコーデが、ミステリアスさとゴージャスさを加味してくれて素敵。

基本はファララの『サンシャイン・ベル』と対になるステージだったと思うけど、ファララのステージと比べて若干キーを落としたメロディラインの重なり、振り付けの重なる箇所があって、やはりファララとガァララは対の存在だけど二人で一つであることを改めて感じさせてくれる。CGのクオリティも申し分なく魅入ってしまう。いつかガァララとしゅうかが同じステージに立てる日が来ると良いな…。


idoltime41_10.jpg
idoltime41_11.jpg
idoltime41_12.jpg

照れて笑って喜んで、そして最後に涙する。ガァララに対してデレデレになってしまったしゅうか様がとても可愛らしい。それだけに最後の泣き顔がもたらす破壊力も半端なものではない。でもこの泣き顔もまた堪らないのよね。損得とか利害とか一切抜きにして、心を許したガァララ相手だから見せるしゅうか様の様々な反応に表情。その全てが愛おしくて尊いものでありました。最高か。


idoltime41_13.jpg
idoltime41_14.jpg
idoltime41_15.jpg

かつての神アイドルが遂に始動する。グランプリに負けて以降、影ながら妹の動向を見守ってくれていたセインツの一角みあが、満を持して表舞台に返り咲く!こんなのワクワクするに決まってるじゃないか!らぁら達世代にとっても全ての者の憧れ。あのひびき様をして尊敬の念を抱き、敬意を払う程のアイドル。そのみあが満を持して復活するというのだから穏やかでいられるはずがないのだ。

今回みあがしゅうかとガァルルに贈った台詞も、ディアマイフューチャー最終盤で、みあが阿世知欽太郎に対して言った台詞をなぞらえていたし、彼女が纏うコーデも情熱のシンフォニアを模した物になっている。これらの要素はプリリズシリーズファンにとっては嬉しい計らいですし、自分の中で上葉みあと華園みあが一つになったような感覚も得られた。スターシステムによる別人と理解はしつつもね。

年明けから次々に畳みかけてくるプリパラですが、今回を受けてのみあ復活はやはり滾るものがあります。アイドルタイムだけでなく前作を合わせて見ても、神アイドルセインツの一端が垣間見えることは大きな出来事。それがどのようなものになるのか。本当に楽しみでならない。これを機にディアマイフューチャーを見直してみるのも良いと思うよ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルタイムプリパラ 第41話感想
 「アイドルタイムプリパラ」第41話「しゅうかとガァララ」の感想です。
[2018/01/19 19:42] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ2期・スロウスタート・りゅうおうのおしごと)
アイドルタイムプリパラ 第41話 初ライブが実現してご機嫌のガァララ。 大ファンのしゅうかも喜んでくれて万事順調。 …とはいかず、闇のマイクの秘密がバレ。 パックがさらっと余計なこと言って険悪ムードに。 闇のマイクは夢を吸い取るアイテム。 続けてたらプリパラにお客来なくなっちゃいますよね。 当然しゅうかのファンも一人も来なくなる。 ガァララが間違ってると全く思ってないから...
[2018/01/17 20:02] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m