QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HUGっと!プリキュア 第4話「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」

hugpre04_01.jpg
HUGっと!プリキュア #04「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」

個々人と向き合い、その心にしっかりと寄り添う。
hugpre04_02.jpg
hugpre04_03.jpg
hugpre04_04.jpg
hugpre04_05.jpg

前回、実体験に依らない情報依存や伝聞に振り回されることの危うさ。経験に勝るものはないという話運びがなされていたが、今回もそれをしっかりと踏まえた物語展開の丁寧さに安心する。周囲からは不良と恐れられ、大人びた佇まいから遠巻きにされていた輝木ほまれだけど、はなはその伝聞に惑わされることなく、自分で見て接して受けた彼女の印象から素直に向き合おうとしている。

子育てにしても応援にしても、個人個人でそれぞれに異なる。繊細で複雑な人の心を汲み取り、それに寄り添って行わなければ、真の意味で効果を発揮することも叶わない。直接言葉で意思疎通を図れない赤ちゃんにしても、複雑な事情を抱え主に精神面で不安を抱えるほまれにしても、それは同じことが言える。ほまれの加入に際して作品の根幹にもなっているテーマ。

一方的な押しつけではいけない。育児や応援で重要な人の心を汲み取り寄り添うことの重要性。愚直に応援するだけでは通用しないこともあることを、この序盤の早い段階ではなに突きつけているのが印象深いところでもあります。赤ちゃんで言えば性格、ある程度成長した人間で言えば歩んで来た道のりや事情。それはそれぞれに異なる。だからこそ、しっかりとその人と向き合うことが大事なんだと。

ほまれが抱えている心の闇は思っていた以上に深い。歩み寄り寄り添おうとしたはなに対し、ハッキリと拒絶の意思を示しもした。それでもめげることなく「また明日!」と言い切るはなも凄い。プリキュアもはなも簡単には諦めない。一度駄目だったくらいでめげるようでは、そもそも育児も応援も務まらない。決して容易なことではない。

でも、諦めずに向き合い続けた先に、相互の意思疎通の確立や相手の心の痛みに対する理解と言った物が生まれるのだとも思う。周囲の噂やネット記事。風評からだけでは決して推し量れないほまれの心。それを理解し寄り添うために、直接触れ合い向き合い続けることが大事なのだ。ほまれの心の闇を描く過程で、前回の話を踏まえながら育児と応援の根幹に踏み込む話運びは見事という他ない。

正確に言えば、ほまれはまだプリキュアデビューしてないけど、伝統的にクオリティが高くなる傾向にある黄キュア加入回に相応しく、作画面でも演出面でも制作サイドの気合いがこれでもかってくらいに伝わってくる濃さで、満足度も半端じゃないくらいに高い回でした。これは次回に期待するなという方が無理というもの。

ここからほまれにどのように寄り添い、その心を奮い立たせて心の痛みを払拭するに至るのか。心の傷を癒やし奮い立たせる。はなとさあやの性質が合わさって初めて兆しが生まれそうな局面。はなとさあやの存在が、ほまれにとって暗い心の沼から飛び立つ原動力をくれるキッカケとなり、心の底から笑い合える日が一日でも早く来ることを願って。次回も本当に楽しみ!


hugpre04_06.jpg
hugpre04_07.jpg

ほまれちゃんマジかっこええ。今回はもうヌルヌル動く動く。バスケットシーンの気合いの入り具合も凄ければ、キュアエールとオシマイダーのタイマンバトルの戦闘描写も凄い凄い。どちらも引き込まれ思わず魅入ってしまうカット割りとダイナミックな動き。映画とかではなくテレビシリーズの本編で、ここまでのものを見せてもらえることに感謝しかないのです。

バトルパートの方は本編で言うならGoプリ以来、映画を含めてもキュアモフルン以来の昂ぶりを感じた気がする。相手の攻撃をジャンプでかわしてからの真上からの拳で地面に叩きつけが個人的に凄い好きなのよ。キュアフローラのデビュー戦がこんな感じだったよなぁと懐かしい気分に浸ってしまった。




今回は全体的にクオリティも物凄く高かったし、内容も至って真面目で質の高いものだったと思うんだけど、そんな回でもほまれちゃんをエールが応援するシーンでですね。その揺れ具合に目が行っちゃう自分って救いようない。エールもあるけど既に公開されてるビジュアルを見てもアンジュとエトワールってエール以上にあるっぽい。今年のプリキュアは胸囲もすばら!という本筋とは全く関係ない要素だけど触れずにはいられなかったという脱線しすぎもいいとこなお話なのでした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

HUGっと!プリキュア 第4話感想
 「HUGっと!プリキュア」第4話「輝け! プリキュアスカウト大作戦!」の感想です。
[2018/02/26 11:04] Msk-Mtnのブログ
HUGっと!プリキュア 第4話「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」
HUGっと!プリキュアの第4話を見ました。 第4話 輝け!プリキュアスカウト大作戦! ほまれをプリキュアにスカウトしようとするはなだったが、フィギュアスケートの選手だったけど、スケートをやめてから学校に来なくなったり、ちょっと怖い人だと周りが話していた。 前髪を褒めてくれたり、はぐたんを可愛がってくれたから、良い人だと思うはなはほまれが一瞬周りの時間が止まったかのように...
[2018/02/25 23:33] MAGI☆の日記
HUGっと!プリキュア 第4話「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」
3人目お披露目にはもうちょい時間かけましょう。 まあOPEDにはすでに登場済みですが^^; シチュは違えど、キュアアクアと同じパターンでプリキュアチャンスを逃したほまれちゃん。 次回でキュアエトワールにばっちり変身ですね。 最初の文字がかぶるのはフレプリのパインとパッション以来か。 はな&さあやコンビと同じクラスでしたほまれちゃん。 席はなちゃんの後ろじゃん^^; ほま...
[2018/02/25 14:59] のらりんすけっち
HUGっと!プリキュア テレ朝(2/25)#04
第4話 輝け!プリキュアスカウト大作戦!ハリーはアクセサリーショップ開店を考えていた。はなはカリスマ店員になりたいらしいが他にすることがある。プリキュアのメンバー探し。それなら輝木ほまれが良いと考えていた。さあやに会いたいと話すと、同じクラスの後ろの席に座っていた。彼女はスポーツ特進クラスだったが今年から普通科に編入したのだった。天才フィギュアスケーターとして有名だった。 そんな彼...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。