QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HUGっと!プリキュア 第6話「笑顔、満開!はじめてのおしごと!」

hugpre06_01.jpg
HUGっと!プリキュア #06「笑顔、満開!はじめてのおしごと!」

一つのお仕事から人間や社会の多面性を学ぶ。
hugpre06_02.jpg
hugpre06_03.jpg
hugpre06_04.jpg
hugpre06_05.jpg

プリキュアも遂に三人揃ってお仕事パートへ。なんでも出来る。なんでもなれるというテーマを、実践を通じて感じていくところですが、細やかな届いた気配りを感じられる。はなパパのホームセンター店長設定によって、はな達が様々な仕事に就くに当たって違和感なく移行出来るし、作中でバイトではなくお手伝いという形と、きちんと言及してくれていたのも良かった。

子供目線で見たときに子育ても大人がやることの一つだと思うんだけど、お仕事もまさにその一つだと思います。憧れにして理想。社会に貢献している素敵なもの。楽しくて素晴らしいもの。だけど、それだけじゃない。理不尽な目に遭うこともあれば、辛いことも沢山ある。お仕事を通じて得られる喜びや達成感という一面だけでなく、負の側面も全て含めて描いている故の安心感と説得力がある。

クレーマーは自分も嫌いだけど、外側から見たときにバイトだから、お手伝いだからという言い訳が通じないのもまた事実。等しくあの店で従事する人で、個々のミスや行動が全体の評判に関わることもあると、肌で感じられたことは良い経験なのだと思います。怒られるのも経験というのは、真にその人のことを思い将来を案じてくれる人がしてくれるから意味があるものだと私は思っている。

怒られる内が華というのもそういうことだ。クレーマーの衝動任せのそれとは断じて意味合いが異なるということを、合わせて申し述べておきたい。ともあれ実際に仕事に従事してみることで初めて見えてくるもの。苦しいこともあるけど、やり甲斐や充実感。人の役に立っている実感。これらは実際にやってみたから得られる。知識ではなく経験が物を言うの好例ではないだろうかと。

大変さの一端に触れたことで、家族の為に頑張るパパの偉大さを改めて感じられるし、未来の幸せを作るというパパの言葉に、自らの経験を重ねて実感の伴うものとして真に理解を得られる。また、未来を消すという対照的なパップルの言葉を、感覚的なものではなく「それは違う」と判断出来るようになる。プリキュアに相対するクライアス社は、もう一つの側面を際立たせる意味で抜群の存在感を放ってる。

ちょっぴり背伸びをしてみたい子供心。はぐたんを連れてった幼女先輩とかもそうだけど、子育てやお仕事には子供の大人に対する憧れが詰まっている。その中で子供を導く大人達、失敗や経験から学び取る子供たちの姿を巧みに描いていた回だったかなと感じました。はなパパや花屋の咲田マリさんの台詞が印象深かく響いたのも、物語と先達としての彼らの立ち位置がしっかりと確立されていればこそよな~。


hugpre06_06.jpg
hugpre06_07.jpg
hugpre06_08.jpg

チャラリートさんに続いてプリキュアの前に立ちはだかるは、クライアス社課長パップルさん。全体的にバブル期のあれこれを彷彿とさせる要素に満ちていて、いわゆる前時代的な懐かしさを感じさせてくれる。育児にお仕事。社会的な問題があれこれ付いて回る昨今。それらをテーマに今風を取り入れたのがプリキュアサイドならば、立ちはだかるクライアス社が前時代の空気を纏うのも然りか。

チャラリートと同じくどこか憎めない。プリキュアに対する突っ込みも冴え渡るパップルさんのこれからの活躍に期待しましょう。何をおいてもまずは領収書!この辺徹底されてるなぁw


hugpre06_09.jpg
hugpre06_10.jpg
hugpre06_11.jpg

次への繋ぎとして最後に挟まれたさあやちゃんの意外な過去の伏線。今回話の趣旨的に仕事は大人の~という言い方をしましたが、例外的にそれが当てはまらない分野も世の中にはある。いわゆる芸能分野のような特殊な世界。今作で言うところのお仕事が、そういう特殊分野まで含めて幅広い意味で捉えていることを、改めて示してくれているのかもですね。

プリキュアは諦めない!は、程度の差はあれシリーズのどの作品にも共通して描かれているテーマの一つであるかなと思うのですが、ハグプリではそれに加えて「やり直し」が、テーマの一つとして据えられているのではないかと感じる。トラウマを克服したほまれもそうだし、倉庫送りになったけど完全にクビにはなってないチャラリートにしても、同じことが言えるのかもしれない。

さあやちゃんエピソードも、そこに踏み込んでくるのかなと期待せずにはいられない。幼少期さあやちゃんマジ天使。一度の失敗で全てが終わるわけではない。やり直しが効く人生。まぁ年を取るに連れて、その可能性と幅は狭まっていくかもしれないが、生きてさえいれば意外と何とかなるのもまた人生。チャラリートくんだってまだ若いし人生捨てたもんじゃないぞ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

HUGっと!プリキュア 第6話感想
 「HUGっと!プリキュア」第6話「笑顔、満開! はじめてのおしごと!」の感想です。
[2018/03/12 20:55] Msk-Mtnのブログ
HUGっと!プリキュア 第6話「笑顔、満開!はじめてのおしごと!」
アバン変わりましたねー♪ はなちゃんスマイルよいね(^^) はぐたんに今週もメロメロのJCふたりwww ほまれちゃんはすっかりほぐれましたね(^^) ”プリキュアは4人”を全面に出しまくるハリーさん。 意外と4人目登場早いかも? ホムセンにやってきたハグプリチーム。 さあやちゃんDIY大好き? お当番回が楽しみだ♪ はなちゃんパパン、ホム...
[2018/03/11 13:47] のらりんすけっち
HUGっと!プリキュア 第6話「笑顔、満開!はじめてのおしごと!」
HUGっと!プリキュアの第6話を見ました。 第6話 笑顔、満開!はじめてのおしごと! プリキュアが3人集まった記念に、みんなでデートしようとはなはさあやとほまれを誘って森太郎の働くホームセンターに出かける。 すると、お花屋さんが人手不足のようでミライパッドでお花屋さんに変身してお仕事を手伝おうとするのだが、失敗して怒られたりしている中、はぐたんが迷子になってしまう。 ...
[2018/03/11 12:58] MAGI☆の日記
HUGっと!プリキュア テレ朝(3/11)#06
第6話 笑顔、満開!はじめてのおしごと! 3人揃った記念でデートしよう。はぐたんが一緒ならとメロメロなさあや、ほまれ。はなが二人を誘った場所はホームセンター。実はパパが店長を勤める職場だった。さあやは電動工具に目が釘付け、実は工具マニアだったのか? お花屋さんのバイトが休みで人手不足。ミライパッドで服装をチェンジ。中学生のお手伝いなら大丈夫、咲田さんのお手伝い。失敗して怒...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。