QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カードキャプターさくら クリアカード編 第10話「さくらとねむりのラビリンス」

ccsakura10_01.jpg
カードキャプターさくら クリアカード編 #10「さくらとねむりのラビリンス」

乙女心は時に繊細、時に複雑、時に大胆。

ccsakura10_02.jpg
ccsakura10_03.jpg
ccsakura10_04.jpg
ccsakura10_05.jpg

秋穂の木之本邸訪問。転寝と迷宮のカード捕獲回。ガールズトークに花を咲かせ、互いの思い人へ淡い想いを馳せる。さくらと秋穂の微笑ましくも健気な姿が微笑ましく満たされてしまうのです。今回はそんな二人の思春期ならではの繊細さと言いますか。繊細さの中に垣間見える大胆な一面。複雑な乙女心の一端が垣間見える回でもあったのかなと感じます。

海斗への仄かな想いを募らせながらも、それを本人にハッキリと示すことは憚られる境遇。秋穂邸への訪問回でも少し見えていたけど、主従としての二人の立場がそれを進行させるのを留めている。秋穂も海渡の思惑をある程度読み取っているから強く踏み出すことは叶わない。その複雑な心境、乙女心はまさに迷宮さながらの出口の見えない。答えのない袋小路のようなもので。

だが、眠り姫のように眠ったまま待っているだけでは、状況は何ら好転することがないのも事実。自ら行動し変えようとしなければ、現実が自分の都合の良い方に変わることなんてないのだ。だから女子力を磨くというか海渡の為に、料理スキルや裁縫スキルを上げようとさくらに師事を請う。何かを変えようとする為に、自分の出来ることを精一杯頑張ろうとする秋穂の行動に意味があるのだと思う。

いきなり複数のことを同時に行うことは難しい。でも目の前にある一つ一つのことを丁寧に乗り越えていった先に、きっと望む未来は少しずつでも近づいてくるのではないだろうか。かつてのさくらがそうやって色々なことを乗り越えて、守護者たちや小狼と今のような関係になれたように。さくらだって最初から今みたいに上手く出来ていたわけでなく。失敗と挑戦を繰り返して今みたいになったのだから。

ということで今回も捕獲したカードと日常パート、キャラクターの心情を見事にリンクさせていた回でした。まだまだ複雑で繊細で少しのことで大きく揺れ動く心を持つ多感なお年頃。でも、だから自分たちの力で変えていける。変わっていけるエネルギーと無限の可能性を持っている。似た者同士だけど少し先を歩いているさくらと、歩き出そうとしている秋穂。交友を深めながらも更なる進展が見えた回でした。

それにしても二人の交流は、ただひたすらに和む。この二人に嫌われているこんにゃくさんが可哀想になってくるレベル。


ccsakura10_06.jpg
ccsakura10_07.jpg

今回のカードは転寝と迷宮。懐かしのローラーブレードを装着したさくらちゃんの機敏な動きも目を見張るものがありましたが、今回のカードは複数枚のカードが同時発動していた複合型。にも関わらず冷静に対処して見せたさくらの対応力。中学生にもなって二つのことを同時に出来なくてどうするのというメイリンの台詞にもあったけど、マルチタスク能力が発揮されたところでもあるのかなと感じる。

今回はケロちゃん同伴だったけど、クロウカード編のときは小狼と知世の三人がかりでも迷-メイズ-相手に全く通用しなかったもんね。最終的に観月先生に救出されて難を逃れたという経緯があるだけに、今回ほぼほぼ独力で解決してしまったさくらの成長が、改めて伺える捕縛劇でもあったのかなと思います。引力の汎用性が思っていた以上にずっと高い^^


ccsakura10_08.jpg
ccsakura10_09.jpg
ccsakura10_10.jpg

秋穂ちゃんが訪問したタイミングでカード発動。一騒動終えた後に見計らったかのようなタイミングでの迎え。どうしても穿った見方をしてしまうのだが、やっぱり海渡くんが怪しいという印象はどうしたって拭えない。最後のあからさまな意味深演出の意図するところは…。そろそろ一クールが経過するこのタイミングで、次の動きを見せるのかどうか。ここからが楽しみなところですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
劇場版のなでしこ祭の設定はちゃんとあるのにエリオルの家は取り壊されてなかったり、その辺に何か大きな秘密があるのは間違いなさそうですね。
前回で久しぶりのさくらと小狼の共闘は大変嬉しかったしどうやら全く干渉できない事もないみたいで安心しました。
でもエリオルの出来る事はまだないという言葉や桃矢の様子も含めて謎はまだまだあって気になりますし今後明かされるのを期待したいです。
[ 2018/03/12 07:30 ] [ 編集 ]
Re: zeroさん
あれやっぱり劇場版の設定生きてますよね。
あれが正史として扱われた場合の整合性も、物語場の秘密に絡んでるとなると納得です。
その辺りが今後どのように活きてくるか見物ですなぁ。楽しみなところでもあります。

小狼やケロちゃんも力の感知は出来なくても、
その場に居合わせれば共闘出来ることが分かったのは安心材料でした。
前回も今回も二人のアシストあればなところがあっただけに、今後の活躍にも期待!

エリオルや桃矢兄ちゃんが把握している何らかの事情がどんなものかも気になります。
引き続きその辺にも注目して見ていけたらと思います。ではでは!
[ 2018/03/12 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメ感想 『カードキャプターさくら クリアカード編』第10話「さくらとねむりのラビリンス」
1週遅れペースが平常化しつつあるのはよろしくない傾向ですが、鑑賞も感想もじっくり楽しんでこそなので…(^^) 先週の日曜放送の『CCさくら クリアカード編』第10話感想です。 今回も好アレンジが光ってました♪
[2018/03/18 03:06] たらさいと
カードキャプターさくら クリアカード編 第10話 「さくらとねむりのラビリンス」
卵焼きに再び挑戦しながら苺鈴と電話、相変わらず高飛車
[2018/03/13 22:08] 夢幻の灰色帝国
アニメまとめてプチ感想(さくらクリアカード編・三ツ星カラーズ・スロウスタート)
カードキャプターさくら クリアカード編 第10話 秋穂ちゃんがさくらちゃんのおうちに。 ほほえましい百合百合テイストでした~(^^) 秋穂ちゃんもこんにゃく苦手が判明。 ふたりのなかよし度増し増しでございますw 少女マンガ全開の会話にほっこり♪ 知世ちゃんが出てこないエピもあるのね。 お家でカードゲットイベント発生! 秋穂ちゃんを眠らせたカード。 結果的にGJか。お家の...
[2018/03/12 06:30] のらりんすけっち
カードキャプターさくら クリアカード編 第10話「さくらとねむりのラビリンス」
カードキャプターさくら クリアカード編の第10話を見ました。 第10話 さくらとねむりのラビリンス 桃矢も藤隆も出かけていない夜、秋穂がさくらの家に遊びに来た。 小学校時代のアルバムをみたり、お夕飯を一緒に食べてふたりで過ごしていると、秋穂が突然眠ってしまった。 カードの気配を察したさくらは秋穂のためにもカードを捕まえようとケロちゃんと二人で追いかけると外の世界が別空...
[2018/03/11 22:21] MAGI☆の日記
カードキャプターさくら クリアカード編 #10
さくらの家に、秋穂が遊びに来るお話でした。 お料理をしながら、さくらは明鈴と電話をしています。声だけとはいえ、クリアカード編でも意外に明鈴の登場が多いですね。今日はお父さんは仕事で遅くなり、桃矢はバイトだそうです。1人だけなのを利用して、さくらは自宅に秋穂を招待していたのです。 そして秋穂がやって来ました。夕方の遅い時間に訪問することに、秋穂はちょっと遠慮がありました。秋穂は海渡...
[2018/03/11 18:12] 日々の記録
カードキャプターさくら クリアカード編 BSプレミア(3/11)#10
第10話 さくらとねむりのラビリンス 卵焼きを調理しながら苺鈴と話す。話しながらの調理は危険、中学生なら同時にこなせるべきと苺鈴。秋穂がお呼ばれに応じて訪れた。海渡が作ったクッキーを手土産に持参。さくらの部屋でクッキーを食べながらアイスティー。秋穂は不器用で料理と裁縫が苦手。裁縫なら知世が上手とバトルコスチュームを披露する。何時着る衣装ですか? 特殊過ぎて返事に困るが演劇...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。