QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HUGっと!プリキュア 第8話「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」

hugpre08_01.jpg
HUGっと!プリキュア #08「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」

ユリパワワとプリズムの煌めきを感じる。
hugpre08_02.jpg
hugpre08_03.jpg
hugpre08_04.jpg
hugpre08_05.jpg

スケート界のプリンス若宮アンリによって広がる波紋。前回のさあやと蘭世の関係性もそうだったけど、その世界に身を置く者にしか分からないこと。共感し得ないことも確かにある。只でさえ競技人生が短いフィギュアスケートの選手なら尚のこと。多少強引なところはあれど、その世界の実情を知り、ほまれを心から案じ、彼女の為を思えばこその彼の言い分も分かる。

でも、逆にそれが却って毒になることもある。アンリははな達がほまれを縛っていると言っていたが、ほまれが一番辛かった時に、彼女を苦しめていたのは他でもない彼女の実情を知る者たち。幼い頃からの彼女を知る者たちの気遣いが。フィギュアスケート選手としての彼女を知る者たちから向けられる期待や声援が。ほまれを過去に縛り付け身動きが取れない状態に追い込んでしまっていた。

それを救ってくれたのが、外部のはなとさあやだったんだよね。何も知らないことが相手を苦しめることもあるが、逆に知らないことが救いとなることもある。スケーターという目線だけじゃない。輝木ほまれという一個人として向き合い、その上で後押ししてくれたことで開けた新しい可能性がある。内側からじゃなく、外側だったから見えた新しい世界がある。

単純な技術だけではない。表現力や演技力も強く求められる世界。だから一つに縛られず多様な価値観に触れること。狭い内側の世界だけでなく、広い世界に目を向けて様々な経験をすることの意義にも結びつくし、ほまれを形作るスケートというバックボーン。そこに、知りすぎても知らなすぎても駄目という応援の難しさ。個々の対象ごとに異なる応援というテーマの持つ奥深さ。

応援の難しさをはなが初めて痛感したほまれエピソードが進展するに連れ、その中にはなの自分らしさに纏わるものにして、作品のテーマでもある応援を落とし込む話の構成が見事でした。冴え渡るハリーのアドバイスも素敵だね。これまでのほまれにはない。彼女が見せた新たな可能性。その輝きの中にそれを見出したからこそ、アンリも今の彼女を認め、自分もそれに触れてみようと思い至ったんじゃないかなと。

時間には限りがある。やるべきことや目標が明確なら、脇目も振らずに突き進むのも一つの道。でも、多感で様々な物事から色々と吸収出来る年頃だから、一度立ち止まり見渡すことで新しく見えるものもある。本人が本当に必要なものと思い、真剣に向き合う時間に無駄なものなんて一つもない!ほまれちゃんが自分の心に素直に従って選んだ道。応援したい!


hugpre08_06.jpg
hugpre08_07.jpg
hugpre08_08.jpg

内側からだけでは変わらない。外から刺激を受けて初めて見えるものがあるということで、外部からやってきたアンリの存在によって、はなに改めて応援の意義を突きつける形にもなっていた。それも上手いなと感じるところです。身内や仲間内からではなかなか言い出せない。でも常について回る問題で、いつかは絶対向き合わねばならないこと。

そういう意味で多くの人から声援を受け取る側の人間。応援される側に立つアンリが放つ「応援なんて誰にでも出来る」、「無責任な頑張れが重荷になる」という台詞は、実感と重みを伴ってはなにのし掛かるよね。応援した人の心に踏み込み寄り添うことの難しさ。誰にでも出来るとされる中での自分らしさの確立。応援を軸にここまで掘り下げていくってのは中々に凄いと改めて思うところ。

はなちゃんメイン回への布石もしっかり盛り込んだ話運び。応援する側の彼女が壁にぶち当たったときに、それを支えてくれるのは…。どう転んでも見応えありそうだけに楽しみ。


hugpre08_09.jpg
hugpre08_10.jpg
hugpre08_11.jpg

アスパワワとキマシタワ、もといユリパワワが溢れる。はなとさあやに出会ったことで、ほまれちゃんが見た新しい世界(百合)。やはり、百合の力に敵うものなんかなかったんだ。荒んだ大友の心も浄化する。三人の仲睦まじい姿が尊し。


hugpre08_12.jpg
hugpre08_13.jpg

全くの余談だけど今回フィギュアスケートの話で脚本坪田文さん、絵コンテ菱田正和さんということもあり、プリリズを彷彿とさせる要素が随所に見受けられて、一ファンとしてニマニマしてた。アンリくんのキャラ造形や言動って初期の頃の速水ヒロやJUNさんのそれを思わせるし、スケートの滑走やジャンプシーンの描写は、まんまプリズムジャンプのそれだった。

両者を知った上で今回の話とアンリくんを見ると、また違った印象を受けると思うので、プリリズシリーズも是非!という場違い感極まるプリズムヤクザからの宣伝でした。プリズムジャンプは心の飛躍。なりたい自分にプリズムジャンプ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

HUGっと!プリキュア 第8話感想
 「HUGっと!プリキュア」第8話「ほまれ脱退!? スケート王子が急接近!」の感想です。
[2018/03/26 21:12] Msk-Mtnのブログ
HUGっと!プリキュア 第8話「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」
HUGっと!プリキュアの第8話を見ました。 第8話 ほまれ脱退!?スケート王子が急接近! 突然現れたフィギュアスケーターの若宮アンリはほまれがスケート選手として復活するためには、モスクワで練習するべきだとモスクワに連れて行こうとする。 フィギュアスケーターになるほまれの夢を応援したいものの、離れ離れになるのははなもさあやも寂しくなるのだった。 「ほんま3人ともよう似て...
[2018/03/25 22:15] MAGI☆の日記
HUGっと!プリキュア 第8話「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」
ロシアからほまれちゃんをお持ち帰りしに来たアンリくん。 ハグプリガールズの絆の深さにあきらめ… …と思ったら、スポーツ特進クラスに編入してきますた^^; まさかの準レギュラー? ほまれちゃん=キュアエトワールにも気づいた模様。 さすが同じ釜の飯を食ってきただけのことはありますね。 はな&さあやの応援がほまれちゃんの力の源! ケガのあと飛べずにいたジャンプ...
[2018/03/25 14:41] のらりんすけっち
HUGっと!プリキュア テレ朝(3/25)#08
第8話 ほまれ脱退!?スケート王子が急接近! ほまれを抱きしめた男子は若宮あんり。ジュニアの大会で何度も優勝したフィギュアスケーターだった。ほまれと共にモスクワで学ぼうと誘いに来たのだった。彼自身はフランス人の父親と日本人の母親のハーフ。ほまれがモスクワに行っちゃうの?おそロシア。 未だジャンプできないほまれ、応援したいはなだが 応援なんて誰でも出来ると言われてしまう。ビ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。