QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイカツスターズ! 第100話「出会いがあるから今があり未来がある!最高の仲間とファンとの出会いに感謝を!」

aikatsustars100_01.jpg
アイカツスターズ! #100「まだ見ぬ未来へ☆」

感謝の気持ちが溢れる素敵な最終回!
今までの全ての出会いにありがとう。
aikatsustars100_02.jpg
aikatsustars100_03.jpg
aikatsustars100_04.jpg
aikatsustars100_05.jpg

壮観にして圧巻。主要キャラであるゆめ達を始め、これまで出会って競い合い支え合ってきたアイドルだけに留まらず、支えてくれたファンや家族。お世話になった講師陣や業界関係者に至るまで、本当に余すところなく全てのキャラを登場させた上で、その登場にちゃんとした役割や意味を持たせているところが流石だなと思う。製作側のキャラや作品に対する感謝と愛が凄い伝わってくる。

これまで皆と共に歩んできたアイカツの軌跡。リリィの台詞にもあったけど、その中で一番大切なのは一緒に輝こうと本気で思える仲間に出会えたこと。彼ら彼女らの総登場は、それが確かであることをゆめ達に確信させる。これまでのアイカツの軌跡を象徴するものでもあるし、まだ見ぬ未来へ向かおうとするゆめ達を後押しする生きたメッセージでもある。

特に、今回みんなをまだ見ぬ未来に送り出すにあたって、ここまで頑張ってきたローラにとってのご褒美回的な内容になっていたのは、個人的にも嬉しいし感無量なところ。涙の数だけと言われるほどに、これまで桜庭ローラの物語には涙が付き物でしたが、その彼女が数々のサプライズプレゼントに感情を刺激されながらも涙を流すことなく、笑顔での旅立ちを迎えられたことは本当に嬉しい。

お別れに涙は必要ないとローラが言うことの意義。それもこれまでの物語の軌跡あればこそ。演出的な意味で過去をなぞり重ねて見せる描写も素晴らしく、小春との別れの失敗を繰り返さないよう意識するゆめや、自身の旅立ちに際し贈られた人形をローラに託す小春等々。悲しさや寂しさが付いて回っていた要素を、希望溢れるものへと置き換える。

ローラの涙も含め、そんな未来向きの希望に溢れている話運び。楽しさやワクワクを感じられる作劇が本当に素敵でした。これまでの軌跡という意味では、歴代楽曲からの選出も本当にピンポイントで効果的な使い方がされていて印象深い。各楽曲に込められた思い。象徴的なシーンの本編への使い方。特にSTARDOM!からスタートライン!に繋げる最後の入り方は鳥肌ものでした。あれは反則。

あの日があって今が最高になる。ひめとS4が居たからゆめの物語は動き出した。ローラ、小春、あこ、真昼。素敵な仲間たちと出会い共に歩んできたから、ここまで来ることが出来た。導き寄り添い支えてくれる先生方や先輩、ファンのみんなが居たから辛いことも乗り越えられた。全ての出会いがあって今がある。その出会いに対する感謝の気持ちを、双方が示し合うというのが最高じゃないか。

与えた元気と力がそれ以上になって返ってくる。その力が明日へ向かうより大きな活力となる。アイドルとファンの循環は、生命や星々の営みの如く。みんなで輝くという星のツバサ編。その真の完成形というか理想の形を、最後にみんなで体現し、その神髄を見せてくれたとも思う。ヴィーナスアーク側も示してくれた出会いに対する感謝。本当に多くの感謝の気持ちで溢れる回だったと思う。

アイカツがあったからみんな出会えた。アイカツがあったから結びつくことが出来た。だからこそ、例え離れることになってもアイカツを続ける限り、それぞれの道はいつかまた交わり再会をもたらす。出会いの尊さと奇跡が描かれていたからこそ、その先にある未来の再会。一年後の皆の姿と、最高の仲間にしてライバルで在り続けるゆめロラの今一度の"出会い"が最高に映える。

憧れは次の憧れを生む。夢は見るものじゃなく叶えるもの。夢を持ち一歩踏み出した先には、そんな素敵な仲間との出会いと輝かしい日々が待っている。ゆめ達がアイカツを通して得た何よりも大切で美しいもの。まだ見ぬ未来への夢と希望を感じられる。沢山の感謝が凝縮された最終回でした。沢山の感動と素敵な時間をありがとう!もう自分にはそれしか言えない。


aikatsustars100_06.jpg
aikatsustars100_07.jpg
aikatsustars100_08.jpg
aikatsustars100_09.jpg

アイカツスターズ最後のステージ曲は何になるかなとあれこれ考えたのですが、ここに来てのアイカツステップ!は納得の選曲でした。前回のスタートライン!物語全体の始まりを告げた楽曲なら、アイカツステップはアイドル虹野ゆめの始まりを告げた楽曲。新入生お披露目ステージで、ゆめが見せてくれたステージがまさしくこれだったもんね。

加えて一年時のアイカツアイランド。劇場版の時には叶わなかった小春を含めての五人一緒のアイカツステップという意味でも感慨深い。まだ見ぬ未来へ一直線。ひとりひとり違うけど個性の光を結んだら星座になる。この楽曲の中に、アイスタのテーマが全て凝縮されていたのだなぁと今だから思える。


aikatsustars100_10.jpg
aikatsustars100_11.jpg
aikatsustars100_12.jpg

これが桜庭ローラのゴーイングマイウェイ!上の方でも書いたけど、今回これまで頑張ってきたローラにとってのご褒美回で、彼女のこれまでの頑張りが報われる形として描かれていたのが本当に嬉しい。要所要所で負けて悔し涙を流してきたローラだけど、それでも彼女の頑張りを見ていてこうして応援してくれるファン達がいる。刺激を受ける仲間たちがいる。無駄なことなんて何一つない。

Bon Bon Voyage!でのローラのカットが意味していたところや、最後にゆめロラへと収束していく様を見せつけられて満たされてしまう。イギリスへ旅立った後も、最初は小さなライブハウスから始まり、一年でドームをファンでいっぱいに出来る程のアイドルへと成長したんだもんね。負けん気が強く誰よりも努力家で格好良い。桜庭ローラの生き様を感じられる数々のカットでありました。

ゴーイングマイウェイと自分らしさと向き合い続けてきた桜庭ローラ。最後に彼女が纏っていた太陽のドレスは、そんなローラが自分だけの輝きを見出した事を示す何よりの証なのかもしれない。皆持ってた気がするけどそれは言うな!ともあれローラ推しにとっては、これ以上ないくらいの最終回と言っても過言ではない。最後に色々な意味で報われて本当に良かった!


aikatsustars100_13.jpg
aikatsustars100_14.jpg
aikatsustars100_15.jpg
aikatsustars100_16.jpg

ローラの大成功に加えてダブルミューズの片翼であるあこの星のツバサと、懸案事項というか心残りになりそうなところをキッチリ回収しきっての締めは見事。例えワンカットでもこういうのがあるのとないのとでは、視聴後に受ける感覚が全く変わってくるだけに。ただ、ハルカ☆ルカを加えた第27代S4の活躍は、正直もっと見てみたい思いはある。新たに生徒会長となった小春ちゃんの活躍もね。

ヴィーナスアーク組の変化も顕著なだけに、やっぱりみんなのその後を何らかの形で見たいと思う気持ちは芽生えちゃう。魔法のアイカツカードのときみたいに、お祭りムードでも良いので、劇場版とかで皆のその後の姿が描かれる日が来ることを期待したい。一年後のアリアちゃん、ヴィーナスアークの影響を受けてか更に妖艶に、ちょっぴり悪そうに見えることは内緒。これはこれで良いね…。


ということで二年間に渡って放送されたアイカツスターズも、これにて無事完結!始まった当初は前作との比較で見ることも多かったけど、次第にアイスタのキャラが馴染み愛着が湧いてきて、本作単体で見ても凄く好きになっている自分がいた。時に重たく苦しい展開を盛り込みつつ、それをしっかりと活かし昇華して更なる感動を生み出す物語を展開してくれて見応えもありました。

前作アイカツが築き上げてきたものを受け継ぎ、そこから独自の世界観を構築することは並大抵のことではなかったと思うけど、良い意味で前作の特徴を継承しつつ、アイカツスターズならではの魅力を打ち出してくれたんじゃないかなと。もう本当に自分の生活の一部として溶け込んでいる愛着あるシリーズ。こうして無事に完走することが出来て何よりでした。

もっと書きたいことも色々ありますが、全てに触れようとしたら収集がつかなくなりそうなのでこのくらいで。前作から託されたバトンを次代に託し、アイカツのSHINING LINE*を繋げてくれた本作に、アイカツスターズに携わった全ての製作者と出演者の皆様に最大級の感謝を!ありがとうアイカツスターズ!最後はやっぱり感謝の気持ちが溢れ出る!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ベビーシッターズ)
アイカツスターズ! 第100話(最終回) きれいに100話で締めのスターズ編。 それぞれの旅立ち前のオフタイム。 サプライズ祝福イベントが心地よい。 それに応える仲良し5人娘のエネルギッシュなステージ。 最終回で小春ちゃんのCGステージ見られてはっぴはっぴ♪ 笑顔でローラを送り出せてよかったです。 EDでスタートライン持ってくるのは反則~! 絶妙のタイミングで曲かかりまし...
[2018/03/30 05:02] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。