QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キラッとプリ☆チャン 第1話「自分の楽しいを自己発信!プリ☆チャンアイドルやってみた!」

prichan01_01.jpg
キラッとプリ☆チャン #01「キラッとプリ☆チャンやってみた!」

やってみなくちゃわからない!
広がる繋がるフォロワーの輪!
prichan01_02.jpg
prichan01_03.jpg
prichan01_04.jpg
prichan01_05.jpg

遂に始まりました。プリティーシリーズ最新作。これまでの歌って踊れるアイドル像に加えて、今作では新たに動画サイトと自分発信をテーマに据えているとのことで、昨今の世相をより反映して今どきの子供が見たときに、より共感できるようなテーマに意欲的に挑戦しているのだなということが、強く伝わってくる初回の作りでした。

Youtubueやニコニコ動画のような動画サイトが広く知られるようになって十年あまり。それでも当初は今とは違いインターネットをやる一部の層が知るアングラ感が付いて回っていたもので。それもPCでネットに繋ぐのがまだまだ主流だった時代だが、それも今や昔の話。スマホやタブレットの爆発的な普及に伴い急速に拡大・浸透した今、誰もが知るところとなり日常的に使われるものとなった。

子供の将来の夢にYutuberが挙げられ、好きな有名人にも著名なYutuberが名を連ねる昨今。動画サイトを誰でもお手軽に利用出来る環境の実現と、それが広く行き渡り認知されるに至った現在だからこそのプリチャンなのだろうと。それだけに実際の動画配信事情に精通している人の方が、本作をより楽しめる側面はあるのかも知れない。ネタ的な意味も含めて。

また、日本のインターネット文化は、古くは匿名性重視でそれが大前提という一面があったのだが、自分発信で自己表現しながら積極的に自分を売り出すというところにも時代の変遷を感じる。今の若い子…に限らないかもしれないが、動画の配信側に留まらずインスタやフェイスブック等も含め。ネットは匿名でなく実名でという利用者側の意識の変遷。ネット文化の変容みたいなものも感じた。

閑話休題。そういう時代に即した新しい要素を取り入れつつ、プリティーシリーズとしてのお馴染みの要素や空気。匂いのようなものも感じられたのも事実であり、それはとても嬉しいこと。あんなとえもの掛け合いとか、テンション高めなめが姉ぇさんの言動とか、凄い人ではあるんだろうけど掴み所のない白鳥アンジュの存在とかね。

今回だけ見たらプリリズ時代の名残というか空気感みたいなものを強く感じられた。売り言葉に買い言葉で勢い任せでデビューしようとしたえもに巻き込まれる形で、プリチャンデビューすることになったみらいも、その経緯にプリティーシリーズの主人公としての面影を感じることが出来た。

歴代主人公で自分が本当にそうしたいと思って最初のステージに上がったのって続編主人公のみあとゆいだけで。みらいと同様に始まりの主人公であるあいら、なる、らぁらも、みんな最初は成り行きというか状況に引きずられてみたいなところはあったので。ともあれ何かを始めるキッカケは偶発的なものでも、勇気を出して踏み出したことで見た新しい世界。その楽しさが見える世界だけでなく自分をも大きく変えることもある。

プリチャンを通して感じた楽しさ。ドキドキワクワクすること。それを沢山の人に見てもらいたい。知ってもらいたいという欲求は、みらいやえもが動き出す動機として十分すぎるものがあったと思います。今どき中学生の自分発信。そこにどんな人間模様やドラマが展開されていくことになるのか。今までとは一風変わったキラッとプリチャン。そんな本作ならではの魅力を発見し堪能していけたら良いな。


prichan01_06.jpg
prichan01_07.jpg
prichan01_08.jpg
prichan01_09.jpg

みらい&えものプリチャンアイドルデビュー!いや、このCGクオリティは流石のタツノコCG班ですね。揺るぎない信頼と安心感がある。というか最近の女児アニ界隈のCGレベルの全体的な向上は、語彙力貧弱で申し訳ないがヤベえ!とかすげえ!としか言い様がない。ともすればWITHのアサヒくん並に同じことしか言えないかも知れないけど、そうとしか言い様がない。

今作でもやはりアイドルとしての歌とダンスが基本線にあると思うんだけど、自分だけの番組を作って動画配信というテーマもあるだけに。CGパートとしては難しいかも知れないけど、ライブ以外の要素でどこまで魅せてくれるのかというのも、楽しみなですし期待したいなと思うところの一つ。


prichan01_10.jpg
prichan01_11.jpg

めが姉ぇさんはあらゆる世界を超越する。ということで最早めが姉ぇさんが出てこなければ、それはプリティーシリーズに非ずと言っても過言ではないだけに、すっかりお馴染みの存在となった彼女が登場してくれたことに安心する。プリティーシリーズのかな恵ちゃんは、これからも概念的な存在としてプリティーシリーズの新人たちを導いてくれることだろう。今作のめが姉ぇさんは、どことなく阿世知社長感あるな…。


prichan01_12.jpg
prichan01_13.jpg

プリリズ、プリパラと直接的な繋がりこそないものの、前作の要素を彷彿とさせる細かい仕掛けが至るところになされているのが嬉しいですね。プリリズシリーズからプリパラに移行したときのように、シルエットでらぁらにドロレオ、ファルルガァルルっぽい姿を確認出来るし、投稿動画の一覧を見るとアボカド学園のアレやアイドルタイム時代のネタが散見しているし。

白鳥アンジュの無限ハグもその一環ですなぁ。これこそがもう強キャラの証と言ってもいいんじゃないだろうか。他にもまだまだあると思うので、それを見つけるのもまた一興かもしれない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(さくらクリアカード編・ここたま・プリ☆チャン)
カードキャプターさくら クリアカード編 第13話 2クール目突入、OPED一新です。 苺鈴ちゃん来日!さくら邸にお泊まりです。 しっかりする所はビシッとしてます苺鈴ちゃん。 ケロちゃんには巨大なネコかぶったと言われた^^; 相変わらず楽しいじゃれ合いww 夕ごはんは手作り餃子!美味しく出来ました(^^) お手伝いケロちゃんエプロンかわいい♪ おフロシーンはやっぱりカットな...
[2018/04/08 19:18] のらりんすけっち
キラッとプリ☆チャン 第1話感想
 今話の名セリフ:「落ち着いた? 私、えもちゃんを信じてる! キラッとやってみよう!」(桃山みらい)  「キラッとプリ☆チャン」第1話「キラッとプリ☆チャンやってみた!」の感想です。
[2018/04/08 17:20] Msk-Mtnのブログ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。