QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイカツフレンズ! 第4話「ひたむきな熱さが周りも変える!あいねのマイブランド決定!」

aikatsufriends04_01.jpg
アイカツフレンズ! #04「憧れのマイブランド」

どこまでも真っ直ぐで前向きなあいねが見てて気持ちいい。
その魅力と眩しさが周りで見ている者を惹きつける。
aikatsufriends04_02.jpg
aikatsufriends04_03.jpg
aikatsufriends04_05.jpg

新入生お披露目ステージであいねソロデビュー!ブランドの選択はアイドルとしての今後の方向性や特色を決定づける。みおの助言にもあったけど、スターハーモニー学園のアイドルがデビューする際のブランド選び。あいねが自分の個性やフィーリングに合うものを見つけるにあたって、彼女の魅力や強みがどこにあるのかを改めて打ち出されていて深く印象づけられる。

あれこれ考えるよりも直感に任せる方があいねには合っている。これもみおの言だけど、例え思惑通り事が運ばなくても跳ね返されてもあいねはへこたれない。迷う暇があったら、俯く暇があったらとにかく動く。その胸に抱く熱い情熱や衝動そのままに、どこまでも明るく元気に突き進む。その潔さというか前向きさが、視聴者目線で見て気持ちいいし、作中人物からしたら勇気付けられる側面があると思う。

熱い思いや表現したい思いはある。だけど、あいねとは対照的に燻る思いを抱えつつ思い切って自己表現出来ずにいた千春を、あいねのひたむきさで引っ張るというのも良いなぁ。あいねは意図的にそれをやってるわけじゃないけど、自分の力でグイグイ突き進み、誰が相手でも臆することなく気持ちを真っ向からぶつけてくる。その眩しさが人知れず誰かを救い元気づける希望の光となる。

理屈云々ではなく表現者として自らのアイカツ像で周囲を巻き込み影響を与えていく。ブランドを巡る一連のやり取りの中に、アイドル友希あいねの魅力や力強さがどこから来るものなのかを改めて感じられた。日々のアイカツへの姿勢やステージ上でのパフォーマンス。情熱溢れるあいねの行動が見ている者の心を揺さぶり惹きつける。表現者としてのアイドルの本懐を遂げているとも言えるか。

このどこまでも明るく元気で一直線。その良い意味での天然ぽさが周囲に好影響を与え、その行動が本人も意図しないところで波及していく様は、往年の星宮いちごを見ているかのようで、あいねの中に王道主人公はこうであれという要素を見た思いで一杯なのです。作中人物の目を惹きつけ、時に思いも寄らない行動に走り、良くも悪くも何をやるか分からないが故に目を離せない。興味を持たれる。

そんな、あいねの主人公の資質みたいなものを強く感じられる。また、デザイナー千春さんとの二人三脚性も良いよね。本作ではフレンズというアイドル同士のコンビがテーマの一つだけど、コンビの形も一つだけではない。アイドルと一緒に歩むデザイナーと言えば大空あかりと瀬名翼の前例があるのだが、これからアイドルと一緒に成長していく大人のデザイナー。

これまでにない大人像を有するという点でも千春さんには無限の可能性があると思うので。比較的年が近い瀬名あかコンビとはまた違う年の差コンビ。あいねとの関係性で見ても今後が楽しみになるところでもある。ともあれ物語を牽引するあいねの主人公としての資質、アイドルとしての資質。その魅力が凝縮され物語に上手く反映されていた回だったと思います。


aikatsufriends04_06.jpg
aikatsufriends04_07.jpg
aikatsufriends04_08.jpg

今のところ各キャラ全方位から思いを寄せられている感もある我らがあいねちゃん。その気はなくても自然と中心に来てしまう。それもあいねちゃんの魔性性もとい主人公性あればこそですな。あいねの大胆な告白に振り回されるみおちゃんのシーンとかも凄く面白かったし、見ていてニマニマしてしまう。今後もあいねの突拍子もない言動に振り回されるみおちゃんは沢山見られそうだ。

また、あいねに対するみおのボディタッチもといスキンシップも堪らんかったです。彼女に対する溢れんばかりの気持ちを伝えると言わんばかりに、事あるごとに身体への接触を図り、それを示してくれていたみおちゃん。控え目に言って最高すぎた。これは百合カツ。たまきさんの台詞じゃないけど、良い感じじゃない!


aikatsufriends04_09.jpg

盛り上がってきたじゃない!ということで舞花ちゃん本格参戦の導入部シーンでしたが、個人的にこの台詞が桜庭ローラさんの決め台詞を受け継ぐ者が現われたようにしか聞こえなくて昂ぶってしまった。不穏な気配と纏う強気で勝ち気なライバルキャラかと思いきや、直ぐに表情を崩してマイルドなところを見せてくれるのもまた良し。これでこそアイカツの主要キャラという安心感を早々に与えてくれた。

ここまでのあいねちゃんの来歴に早くも興味津々。そんな舞花ちゃんが本格的に絡んで来ることで、どんな物語が展開されていくのか。まだ対面前なのにこれだけ興味を持たれているというだけでね。あいねちゃん本当に全方位から狙われてる感ある。いや、本当次回が楽しみすぎて待ちきれない。


aikatsufriends04_10.jpg

ポスターの中にそれとなく描かれている歴代のキャラに嬉しくなる。左からひめ、ゆめ、あかり、いちごだろうか。シリーズの序盤だから出来る遊び心が効いたファンサービス要素。偉大なる先達が築き上げてきたアイカツのSHINING LINE、アイカツシリーズの息吹は、確実にフレンズの中に根付き継承されているのだ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツフレンズ・こねこのチー・プリ☆チャン)
アイカツフレンズ! 第4話 新入生お披露目ライブ開催! あいねちゃんソロで初ステージ。 アイカツには欠かせないドレスの選択。 あれこれ候補を模索するあいねちゃん。 その間に新しいお友だち増えたww 人脈どんどん広がるのは強みですね。 千春さんの「Sugar Melody」に一目ぼれ。 あいねちゃんオリジナルブランド決定! フレンズではさくさくデザイナー決まりましたね。 ...
[2018/04/27 15:18] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。