QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイカツフレンズ! 第6話「アイドルとラクロスを極める!日向エマは頼れる素敵なお姉さん!」

aikatsufriends06_01.jpg
アイカツフレンズ! #06「日向エマージェンシー!?」

エマの年上らしい気遣いと親しみやすさに魅了される。
頼もしき二刀流お姉さんアイドル日向エマ!
aikatsufriends06_02.jpg
aikatsufriends06_03.jpg
aikatsufriends06_04.jpg
aikatsufriends06_05.jpg

明るく元気でノリも良い!勢いと行動力のある日向エマ本格参戦回。アイドルとラクロスの二つの道。どちらも極めようと頑張る努力家でもあり、興味を持った人や出来事には積極的に飛びつく行動力もあるけれど、だからといって浅慮というわけでは決してない。どちらかというと思慮深さも兼ね備えたタイプで、後輩たちのことを気に掛け良く見ている頼れる年上お姉様でもある。

みおが思わず「それってアイカツ?」というお馴染みのフレーズで突っ込みを入れるような、シリーズの伝統を思わせるアグレッシブ要素を交えてエマの行動力や積極性、親しみやすさを演出して描きつつ、それとは対照的な年上としての顔。周りをよく見ていて後輩たちに対する気遣いも出来る。頼れるお姉さんの一面を覗かせることで、両方の性質がより際立ち印象深く刻まれる話になっている。

このエマの年上性といいますか。一学年上のお姉さんという側面を強調してくれたのが個人的に凄く良いなと思ったところで。これまでは基本的に学年区切り。主人公と同学年のキャラが物語の大部分において行動を共にするという形が多い(前作アイスタで第27代S4としてゆめ達と同じ枠に入った二階堂ゆずにしても、その後も本編中ではゆめ達と別行動を取ることの方が多かった)だけにですね。

これからあいね達と共に、それぞれの夢や目標に向かって行動を共にしていく。多くの話で行動を共にしていく一学年上の主要キャラの一角として、エマのお姉さんとして頼れる一面と親しみやすさを打ち出してくれたのは、だからとても良いなと感じるところで、既存のシリーズではあまり見受けられなかったアイカツフレンズ独自の要素になり得るのではないかとも思える。

そんな年上のお姉さんっぽさと舞花が指摘していた無邪気な年下の妹っぽさ。相反する二つの性質を兼ね備える日向エマの魅力が凝縮されていた回だったと思う。彼女に感じた二つの性質。それもアイドルとラクロス。異なる二つの道をどちらも極めようと意気込む彼女のキャラクター性あればこそのものなのかもしれませんね。前人未踏の道を切り拓く。パイオニア的な存在にエマがなってくれたら嬉しいな。


aikatsufriends06_06.jpg
aikatsufriends06_07.jpg
aikatsufriends06_08.jpg

あいねちゃんへの思いが溢れてしまっている。あいねちゃんのこと好きすぎるみおちゃん最高か!ペアと聞いたらあいねちゃんのことを凝視する。インドア派と評されているのに、あいねちゃんに会うために仕事を巻いて終わらせてくる。それも全てはあいねちゃんへの思いがあればこそ。やっぱりみおちゃんにとってあいねちゃんが特別な存在であることを改めて痛感するのです。

真面目なこと言うと買い出しに出たときの幼女先輩への対応だったり、以前から面識のある舞花やエマのみおに対する認識だったり。多くの人に慕われていてアイドルとしても一目置かれていることは間違いないんだけど、一個人としてみおが気を許せる相手。本当の自分を曝け出せる相手って、あいねに出会うまで周りにいなかったのだと思う。マネージャーのたまきさん含めて。

だからこそみおにとっての目標にして夢。ラブミーティアを超える為に必要不可欠なパートナー。フレンズに求める特別性も、改めて浮き彫りになっていたように感じるのです。互いに頭を預け合って眠れる程に気を許している相手。主にあいねに対するみおの思い入れの深さというか。特別な感情を感じる回でもあったな~。あいみおはやっぱり運命で結ばれた間柄なんだ。


aikatsufriends06_09.jpg

日頃からアイドル達を陰になり日向になり支えてくれる裏方勢。キャンプに同伴してくれた大人組の掛け合いが何気に大好き。基本的には各分野のスペシャリストで優秀な方々だけど、得意分野から外れると苦手なものが露見したり、仕事モードの時とは違うプライベート時ならではの顔を見せてくれたりで。三人の人間味が深まれば深まるほど、物語の幅や奥行きも広がろうというもの。

また、主要アイドル四人の中では一番年上でお姉さんのエマだけど、それでも一学年しか違わないのも事実。その彼女が誰かを頼りたいと思ったとき。自分たちだけで乗り切れないような事態に遭遇したとき。頼りになる大人がいるというだけで、精神的な余裕とかも全然違ってくるものね。帰り道に眠っているエマ達を見守る三人の姿は、もう完全に年上の大人のそれだった。

アイドル界における皆の保護者的な感じすらあったもの。頼れる年上の存在がいる有り難み。エマちゃんだけでなく身近にいる年上の存在を確立していくという意味でね。たまきさん、千春さん、ケンさん三人の掘り下げを行ったことは、今後の物語展開を鑑みても大きな意味があったように思えた。あいね達アイドルの活躍だけでなく、大人の皆さんの活躍にも期待して見ていきたい!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツフレンズ・こねこのチー・プリ☆チャン)
アイカツフレンズ! 第6話 メイン4人のトリで登場はスポーツ少女エマちゃん! 年上キャラだったのね。色的にゆず先輩ポジか。 ラクロス部ということで、この子と手合わせさせてみたい。 あいね&舞花コンビでエマちゃんにインタビュー。 あいねちゃんかみまみた可愛い♪ エマちゃんフレンドリー(^^) さすがアイドル、素敵んぐコミュ力。 お仕事頑張ったごほうびはキャンプ! ゆるキャ...
[2018/05/11 13:33] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。