QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイカツフレンズ! 第7話「自分だけのチガカワな味方を大切に!あいね初のドラマ出演!」

aikatsufriends07_01.jpg
アイカツフレンズ! #07「ミライへ続く道★」

ミライとの共演で深まる自信と広がる視界。
これもあいねの未来に連なっていく大事な一歩
aikatsufriends07_02.jpg
aikatsufriends07_03.jpg
aikatsufriends07_04.jpg
aikatsufriends07_05.jpg

アイカツシリーズ恒例の劇中ドラマ回。劇中劇回は往々にしてカオス方面に振り切ることも多いのだが、流石にフレンズはまだ序盤と言うこともあって比較的まとも。というか至って真面目な内容。トップアイドル明日香ミライとの交流によって広がるあいねの視野と、大先輩でもある彼女から物事の捉え方や考え方が伝えられていて、王道路線のメッセージ性に富んでいた回でした。

ドラマの撮影パートよりもあいねとミライの二人きりの実質デートシーンに重きが置かれていて、それだけでもうお腹一杯になりそうな回でもありましたが、息抜きも兼ねたデートの中であいね視点におけるトップアイドルというフィルターのかからないミライ本来の素顔が見えたり、ドレスやアクセに対してミライとは違った捉え方をするあいねの考え方だったり。

決して画一的では収まらない。人によって変わる物事の捉え方や認識。ひいてはアイドル個々人のアイデンティティの重要性を描いてくれている。ドレスやアクセに対する捉え方もミライとあいねでは違うけど、違うからこそ良いのであり一概に括れるものではないのである。自分を最高に高めてくれる味方、友達。その味方は見方によってそれぞれに違ってくるものだ。

劇中ドラマ『アイドルは魔女』への出演を機に、演技未経験者のあいねにみおを初めとした皆が助言をしてくれていた。経験に基づく心構えや台詞を覚えるという基本的なこと。それは確かにとても大事なことだが、みお達の経験や感性、ドラマに対する考え方。それらが必ずしもあいねの感性に合致するとは限らない。基本は抑えつつも、それを意識するあまり自分の魅力を殺すことのないように。

それもまた大事なことなのではないかと思う。頭でっかちになってガチガチになってしまったあいねに、普通とは違うチガカワの魅力の素晴らしさ。様々な視点から街を見ることで見えてくる。そんな新しい風景の魅力。固定観念や一つに縛られない物の見方をデートを通じてミライが教えてくれたが、やはりあいねを連れ出してくれたのも彼女なりの気遣いだったのだろうと思うのだ。

今回のゲスト役には自然体のあいねがハマる。ミライの期待に応えるべくドラマ出演を通じ、あいねが自分ならでは物事の見方を見出し、自分なりのドラマとの向き合い方を築き上げていく。自身の経験に基づく自己の確立。ドレスやアクセも友達というあいねならではのチガカワで独特の価値観。彼女の根底にある友達という要素に絡めて、初めての経験で得た物事を自分なりに昇華していく。

基本はしっかり抑えながらも自分らしさは見失わない。ミライとの初共演で得た大切な経験や考え方。それを大事にして歩んでいった道のりの先に、アイカツ界に奇跡を起こす存在。他の誰とも違う唯一無二性を備えた友希あいねがいるんじゃないかなと。アイドル友希あいねならではを大切にすることの重要性。それを巧みに描いていた回だったと思います。


aikatsufriends07_06.jpg
aikatsufriends07_07.jpg
aikatsufriends07_08.jpg

ラブミーティアの時とはガラッとイメージが変わるミライ単独ステージ。優雅さやクールとはまた違う。ポップな要素を取り入れて新しい可愛さを生み出しているドレスが、ミライの違った魅力を引き出してくれている。明暗を巧みに切り替える演出。光の陰影が織りなす幻想的なステージ演出も、ラブミーティアで活動しているときのそれとは全く異なるイメージを生み出していた。

固定観念に捕らわれない。一つには縛られない。奇抜!独特!唯一!特別!『アイデンティティ』の歌詞にもあるように。普通ではない異色であることを自覚しつつ、それを自身の強みとしてしまう。明日香ミライの圧倒的存在感。確立された自己が彼女のどんな思いや物の見方から生じているものなのか。それを強烈に訴えかけてくるような素敵なステージであった。


aikatsufriends07_09.jpg
aikatsufriends07_10.jpg
aikatsufriends07_11.jpg

あいねちゃん大好き湊みおちゃんは今回も健在!最早憧れのラブミーティアに会えるということすら、あいねちゃんに同行するための口実に見えてしまう。常にあいねちゃんのことを気に掛け気遣ってくれる。みおちゃんの優しさと愛の深さがヒシヒシと伝わってくる回でもありました。

それだけにあいねとミライが二人きりでデートに出かけたという事実と、トモスタに上げられた二人の仲睦まじい写真を見たときの、みおちゃんの心中察するにあまりある。内心穏やかでいられなかっただろう。というか「人の気も知らないで~」ってハッキリ言っちゃってましたものね。嫉妬みおちゃん可愛すぎか。

回を追うごとに加熱するあいねちゃん争奪戦。これからもみおちゃんにはめげることなくその愛を貫いていって欲しいものです。前回今回と登場シーンは控え目にも関わらず存在感バッチリであるるから流石である。次回のみおちゃん当番回も非情に楽しみ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツフレンズ・プリ☆チャン・こねこのチー)
アイカツフレンズ! 第7話 あいねちゃん、ドラマ初挑戦! ミライさんの推薦でお仕事決定です。 練習したけど、本番ではカチンコチンのあいねちゃん^^; 優しい現場でよかった(^^) ミライさんのリラックスターイム! 撮影を夕方にしてもらうミライさん有能。 あいねちゃんメンタル回復リラックス。 仕切り直しでおkもらえました。やったね(^^) ミライさん演じるアイドル魔女...
[2018/05/19 09:53] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。